メニュー

新規会員登録で1000円クーポンプレゼント

【2021】タバコ値上げ銘柄と値上げ価格は?節約したい人におススメの電子タバコ

規制・法律
share on
【2021】タバコ値上げ銘柄と値上げ価格は?節約したい人におススメの電子タバコ

2018年から始まった段階的なタバコ値上げですが、2021年10月にも実施されることが決定しております。 今年で4年連続となるタバコ値上げにより、喫煙者の中には経済的な面で負担に感じている人も多く、これを機に禁煙や節煙を検討する人が増加すると言われております。 2021年の値上げ情報について現段階では、具体的な情報が発表されていないため、最新情報が入り次第随時ご報告をしていきます。 ここではいったん過去3年間の値上げの推移を紹介していきます。

タバコ値上げ銘柄一覧

2018年から2020年にかけて3年連続でタバコの値上げが実施されましたが、現時点の価格と過去にどのくらいタバコの値上げが行われてきたかを見ていきます。
各タバコ会社の主力タバコ銘柄がどれほど値上げしているのか推移を確認していきます。

JT(日本たばこ産業)銘柄一覧と値上げ価格

JTの主力銘柄として、メビウスやホープ、セブンスターが挙げられます。
これらの商品の価格変動を参考に過去の値上げ実績を見ていきます。

  2018年(10月)改定 2019年(10月)改定 2020年(10月)改定 2021年(10月)改定
メビウス 480円(+40円) 490円(+10円) 540円(+50円) 580円(+40円)
ホープ(10本入) 250円(+20円) 260円(+10円) 280円(+20円) 300円(+20円)
セブンスター 500円(+40円) 510円(+10円) 560円(+50円) 600円(+40円)

一連の値上げにより多くの銘柄は500円台に乗ることになりました。しかし、次の値上げではさらに600円台になることが予想されています。

PM(フィリップ・モリス)銘柄一覧と値上げ価格

アメリカに本社を置くPM(フィリップ・モリス)は、中国国営企業の中国煙草を除いては世界最大のタバコメーカーです。日本では、フィリップ・モリス・ジャパンとして1985年に 営業を開始し、マールボロやラークなど定番とされるタバコ銘柄を取り扱っています。
また、加熱式タバコの先駆者である「IQOS(アイコス)」もPMの商品です。
IQOS(アイコス)では専用のヒートスティックを使用しますが、最近ではヒートスティックよりも50円安い「HEETS(ヒーツ)」を精力的に販売しています。

  2018年(10月)改定 2019年(10月)改定 2020年(10月)改定 2021年(10月)改定
マールボロ 510円(+40円) 520円(+10円) 570円(+50円) 600円(+30円)
ラーク 450円(+30円) 460円(+10円) 500円(+40円) 540円(+40円)
パーラメント 490円(+40円) 500円(+10円) 540円(+40円) 580円(+40円)
バージニア・エス 480円(+30円) 490円(+10円) 530円(+40円) 570円(+40円)
ヒートスティック(IQOS/アイコス) 500円(+40円) 520円(+20円) 550円(+30円) 580円(+30円)
ヒーツ(IQOS/アイコス) 470円(9月発売) 470円 500円(+30円) 530円(+30円)

この3年間で平均50円ほど値上げしており、1日1箱タバコを吸う場合ならば年間のタバコ費用が18,000円も上がっているという計算になります。

BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)銘柄一覧と値上げ価格

BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)はイギリスのロンドンに本社を置くタバコメーカーです。
日本ではケントを主力としてダンヒルやキャメルなどを展開しており、ロスマンズ、ラッキーストライク、ポールモール、ニューポートなど世界的に愛されるタバコも手掛けています。
IQOS(アイコス)に続いて人気の高い加熱式タバコの「glo(グロー)」もBATJの製品です。

  2018年(10月)改定 2019年(10月)改定 2020年(10月)改定 2021年(10月)改定  
ダンヒル 500円(+40円) 520円(+20円) 560円(+40円) 600円(+40円)  
ラッキーストライク 500円(+40円) 520円(+20円) 560円(+40円) 600円(+40円)  
ケント 450円(+30円) 460円(+10円) 500円(+40円) 520円(+20円)  
キャメル 400円(7月発売) 400円 450円(+50円) 450円(0円)  
タバコスティック(全般) 490円(+40円) 500円(+10円) 520円(+20円) 560円(+40円)  

2019年7月に発売されたキャメル・ボックスは400円と安価な価格が話題になっていましたが、2021年10月の値上げでは500円台になってしまう可能性も考えられます。

喫煙者必見!話題の電子タバコ(VAPE)とは?!

最近は、紙巻タバコや加熱式タバコから次世代タバコと謳われる電子タバコに切り替える方が増えてきています。
電子タバコ(VAPE)は、タバコ葉を使用せず、デバイス内もしくは専用のカートリッジ内の液体(リキッド)を電気加熱し、発生する蒸気を味わうタバコです。液体のフレーバーを気化させて煙を吸うことにより、喉にガツンとくるような刺激を楽しむ次世代のタバコです。VAPEにはニコチンを摂取するニコチンリキッドがあり、喫煙者から注目されています。 ここでは、当サイトをご利用のVAPE利用者の声を紹介していきますので、参考にしてください。

Hさん【満足】

電子タバコ全種類試してこれが一番良かった。IQOSやgloの臭いが嫌いな方にはオススメです。紙巻きタバコを止められました。

Kさん【他人に迷惑かけない!】

世界的に禁煙運動が強まって肩身が狭くなりました、そんな折にリバティフライツ社を知り助かりました。大変気にいってます、今では大切な必需品です。

Cさん【タバコに近い】

禁煙のためにvapeをはじめたけどやっぱりタバコの味を吸いたく なる いろいろ試したけどこれが個人的には一番近いかなぁ 紙巻をカートンで買ったくらいでその倍以上吸えちゃうから経済的にも助かる。

過去に実施したアンケートでは、85%以上のユーザーから、電子タバコ(VAPE)は味もランニングコストも高評価を受けています。
しかし、いくら安くなるかが、皆さんの知りたいところでしょう。
実際にどのくらいのコストパフォーマンスなのか、比較していきます。

コスパがいい電子タバコ(VAPE)に切り替えるチャンス

年々値上がりを続ける紙巻きタバコ代は、今年の値上がりで1箱あたり600円台に突入する可能性あり、喫煙者からすれば経済的にも大きな負担となることでしょう。 紙巻きタバコを買う余裕がないと考えるものの禁煙は難しく、なんとか家計を削る覚悟をしている方もいるのではないでしょうか。
しかし、電子タバコ(VAPE)に乗り換えれば、家計を圧迫することもなく、更にニコチンリキッドを使用すれば、無理に禁煙をしなくとも、むしろ今までよりも経済的な負担を大幅に減らせる可能性があります。

おススメの電子タバコ(VAPE)はPOD型のDOT PRO!

タバコから電子タバコ(VAPE)に切り替えることで大幅に費用を抑えることができ、今後のタバコ税の値上げに困らないで済むようになります。次の章で、詳しく説明していきます。
しかし、電子タバコ(VAPE)は種類が豊富なので、どの電子タバコ(VAPE)を選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。 ここで、紙巻き・加熱式タバコから電子タバコ(VAPE)に切り替えるという方におすすめしたいスターターキットをご紹介します。 今回は、当サイト限定販売イギリス老舗メーカーであるLiberty Flightの商品POD型VAPE「DOT PRO スターターキット」をご紹介します!

DOT PROは、シンプルで使いやすさが魅力の電子タバコ(VAPE)です。 PODと呼ばれるリキッドが充填されたカートリッジを差し込むだけで吸引することができるため、初心者でも簡単に使いこなすことができます。 従来の電子タバコ(VAPE)のようなリキッド補充やコイル交換などのメンテナンスの必要はありません。

しかも、非常にコンパクトなサイズ感なので手軽に持ち運びやすいことも特徴です。 コンパクトなボディながらも改良によって風味が良くなったため、より美味しく電子タバコ(VAPE)を楽しむことができます。

紙巻きタバコと電子タバコ(DOT PRO)のランニングコスト比較!

では、紙巻きタバコを1日1箱吸う人を基準にして、電子タバコ(VAPE)の1ヵ月で発生するコストと比較していきます。

●タバコ(1箱550円の場合)の1カ月のランニングコスト
550円×30箱=16,500円

●紙巻タバコと電子タバコ(DOT PRO)を半分ずつにした場合の1カ月のランニングコスト
550円×15箱+3,300円(DOT PRO)=11,550円

●電子タバコ(DOT PRO)の1カ月のランニングコスト
交換用POD4箱13,200円

電子タバコを加熱式タバコと初期投資にかかるコストパフォーマンス比較!

では、ポイントであるコストパフォーマンスを初期投資の視点からみていきましょう。今回は、人気メーカーの加熱式タバコとDOT PROの初期投資を比較していきます。
最新の加熱式タバコのデバイスの場合、スターターキットは7,000円代になるでしょう。
DOT PROのスターターキットは3,300円なので、3,700円安く乗り換えられます

電子タバコ(VAPE)で厳選された味わい深さを体感しよう。

紙巻きタバコや加熱式タバコと比較しても電子タバコ(VAPE)はコストパフォーマンスが非常に優れています。
今回ご紹介したDOT PROならばスターターキットが安価なので、紙巻きタバコや加熱式タバコから乗り換えやすいのではないでしょうか。

吸いたい方にはDOT PRO

電子タバコ(VAPE)のデバイスにはさまざまな種類があり、デバイスごとに特徴が異なります。 そのため、電子タバコ(VAPE)初心者の場合はデバイス選びで苦労するという方も少なくありません。 そんな時は、簡単に使えて手軽に電子タバコ(VAPE)を始められる「DOT PRO」がおススメです。

電子タバコ(VAPE)というとリキッドの補充やコイル交換などメンテナンスが必要なため、初心者には使い方が難しそうだというイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし、DOT PROは電子タバコ(VAPE)の面倒なメンテナンスを省くことができます。 リキッドが補填されたコイル一体型のPODと呼ばれるカートリッジを交換するだけで使用を続けることができます。
PODは差し込むだけなので、数秒あれば行える作業です。 しかも、難しいボタン操作の必要もなく、デバイスをくわえて吸引するだけと使用方法も簡単です。

また、DOT PROはコンパクトなボディながら確かな吸い応えと、深い味わいがあることも特徴の1つです。

電子タバコ(VAPE)に乗り換えたものの味が薄くて物足りないというケースもありますが、DOT PROならば深い味わいでしっかりとフレーバーの香りや味を感じることができます。

DOT PROスターターキット(タバコ)

DOT PRO専用ポッドのタバコフレーバーです。
リバティフライツの定番フレーバーであるタバコリキッドを楽しむことができます。 マイルドなタバコを再現しており、若干の甘さがあるタバコフレーバーです。
煙草の香りもほのかに感じることができ、タバコから乗り換えた人でも満足感が得られる味わいでしょう。
ソルトニコチンが使用されているため、従来のニコチンリキッドよりもまろやかながらもキック感がしっかり得られるようになっています。
喉への負担も少ないので、安心してニコチンを摂取することができます。

DOT PRO(メンソール)

DOT PRO専用ポッドのメンソールフレーバーです。
Liberty Flightでもトップクラスの人気を誇るメンソールがDOT PRO ポッドのリキッドとして使われています。
リピーターが多く、長年愛されているフレーバーだからこそ電子タバコ(VAPE)初心者から愛用者まで幅広い人に満足感を与えられるフレーバーであることが分かります。
癖のないメンソールの風味なので万人受けしやすい味です。
ソルトニコチンが使用されているため、メンソールの爽快感だけではなく、タバコを吸った時のようなキック感も得られます。
いかがでしたでしょうか。DOT PROやニコチンリキッドはイギリスの電子タバコ専門店Libertyflightsで購入することができます。

Libertyflightsについて

Libertyflightsは世界40か国に店舗を展開するイギリスの電子タバコのトップブランドです。 イギリスの自社工場で厳しい品質・環境・管理の中で生産されているため、電子タバコ(VAPE)愛用者からもリバティフライツの商品は味が良いと評判が高くなっています。

種類が豊富なことも特徴の1つで、電子タバコの本体だけではなく、さまざまなフレーバーのリキッドを取り揃えています。

一般的にニコチン入りのリキッドは日本国内のショップで購入することは出来ませんが、Libertyflightsは海外からの個人輸入商品の扱いになるためニコチンリキッドも購入することが可能です。

サイトは全て日本語表記なので、分かりやすいだけではなく、実際に利用したユーザーのコメントなども確認しながら購入できるため、味わい深い電子タバコ(VAPE)リキッドを安心して購入することができます。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

ドット(POD型VAPE)スターターキット

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x 新規会員登録で1000円クーポンプレゼント