ニコチンリキッドの輸入方法とは?ポイントや注意点を解説!

規制・法律
share on
ニコチンリキッドの輸入方法とは?ポイントや注意点を解説!

VAPE愛用者にはニコチンリキッドを使用する人が多くいますが、日本国内ではどの店舗やショッピングサイトでも購入することはできません。それではどこで購入すれば良いのか戸惑ってしまいますよね。実は、ニコチンリキッドを入手するには、個人輸入という方法があるのです。そこで、個人輸入の種類や方法、ニコチンリキッドを取り扱う際の注意点などについて解説します。

1.ニコチンリキッドを入手するには?

電子タバコで使用できるニコチンリキッドは、国内での製造や販売、譲渡が禁止されているためどの店舗でも購入することができません。そのため、海外で製造販売されているニコチンリキッドを購入することになるわけですが、海外との取引が初めての人は特に不安ですよね。ここでは、安心して安全なニコチンリキッドを入手するための方法について説明します。

1-1.ニコチンリキッドは国内では買えない

ニコチンは、日本国内で「毒物及び劇物取締法」で毒物として指定されています。この事実は知らない人が意外と多いのですが、ニコチンとはタバコの葉に含まれるアルカロイドの一種なのです。そのため、薬事法によってニコチンリキッドの製造や販売、譲渡は日本国内で認められていません。ではなぜ一般的なタバコの販売が許されているのか、気になるところですよね。実は、普通の紙巻きタバコの場合ニコチンそのものを販売しているわけではなく、タバコの葉を販売しているので問題はないのです。他にも、国内ではパッチタイプやガムタイプのニコチン製剤も販売されていますが、これらはニコチン依存症を治療するための医薬品として承認されています。 これが、国内でニコチンリキッドを入手できない理由です。国内にある電子タバコ専門店やインターネットショップなどで販売されているリキッドは、さまざまなフレーバーが揃っているものの、どれもニコチンが含まれていないもののみとなっています。そして、今後日本でニコチンリキッドやニコチン入り電子タバコの販売が認可されるかどうかの見通しは不明のようです。

1-2.海外から輸入すれば購入できる

国内で入手できないニコチンリキッドも、規制のかかっていない国では当たり前のように製造・販売されています。ニコチン入りのリキッドを吸いたいのであれば、海外から個人輸入するしかないのです。とはいえ、個人輸入と聞くと難しいことのように思えて不安になりますよね。そこで、ニコチンリキッドを安心して入手するためにも、個人輸入とはどのような仕組みになっているのかを説明します。

1-2-1.個人輸入って?

個人輸入とは、一般的には「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社や小売店などから個人が直接購入すること」といわれています。個人輸入についてはっきりとした定義があるわけではないものの、ポイントは使用目的が個人であることです。どういうことかというと、個人輸入する海外製品を他人に譲渡したり販売したりするのを目的に輸入してはいけないということ。ですから、もし友人に頼まれたとしても、代理で個人輸入するのは禁止です。個人輸入はあくまでも「誰かのためではなく、自分個人のための輸入」として理解しておきましょう。 通常、海外の製品を輸入する場合には商品価格の10~15%ほどの関税が発生します。ところが、個人輸入であれば、商品価格の0.6%ほどの関税額で済ませることができるのです。このような減免措置が適用されるため、本当に自分のためだけの個人輸入なのかはとても重要なポイントといえます。また、個人輸入できる商品については、規制がありなかには輸入できないものがあります。ニコチンリキッド以外で個人輸入をするときには、事前に確認しておくと安心です。

1-2-2.個人輸入の種類

個人輸入をするには、海外の小売店や通信販売業者などに直接注文をして商品を日本まで送ってもらう方法と、代行業者に依頼して輸入してもらう方法があります。代行業者への依頼は、英語が苦手な人でも苦労なく輸入が可能になったり、もし商品にトラブルがあったとしても翻訳サービスを受けられたりするのがメリットです。しかし、代行業者は個人輸入で商品を輸入するわけではないので多くの関税が発生します。関税分や代行業者の利益分が上乗せさせた額が請求されるので、業者選びは慎重に行いましょう。 海外から商品を輸送するには、国際郵便や国際宅配便、船便などの方法があります。国際郵便と国際宅配便の違いは公的な配送業であるか民間の配送業であるかで、日本で例えるなら日本郵政かそれ以外の配送業者かといったところです。国際郵便を支える万国郵便連合(UPU)は、公益性を重んじているため災害時などでも配送を止めず、世界の発展に重きを置いています。また、通関(荷物検査)制度にも差があるので、配送料金や配送日数とともに関税にも注目して比較すると良いでしょう。一方船便は、化粧品や劇薬などの薬事法に関わる製品の取り扱いが禁止されています。ニコチンリキッドを個人輸入するには利用できない輸送方法となっています。

2.ニコチンリキッドの輸入方法

ニコチンリキッドを輸入するには、大きく分けて3つの方法があります。直接海外へ買いに行ったり、現地に住む友人に頼んだりする方法や通販サイトを利用する方法です。どれも海外にあるお店とのやり取りとはいえ、個人の生活環境によって最善の方法が違います。そこで、安心かつ簡単にできる輸入方法についてそれぞれの特徴を説明します。

2-1.海外に行って自分で購入する

海外には、日本の薬事法とは関係なくニコチンリキッドを売買できる国があります。その国へ直接行けば、ニコチンリキッドを購入して持ち帰ることが可能です。そして、直接海外へ買い物に行くわけですから、ある程度の外国語での話術が必要になります。英語の日常会話くらいはマスターしておいたほうが良いかもしれません。勧められるがまま買いすぎたり、目的とは違う商品を買ってしまったりしてからでは後悔だけが残ってしまいますからね。また、購入後日本に持ち込むときには、自ら税関への申告をしなくてはいけないので覚えておきましょう。 とはいえ、ニコチンリキッドを購入するためだけに海外へ行くというのは、あまり現実的ではなく難しいものです。出張や遠征、頻繁に旅行しているなど、海外へ行く機会の多い人限定の購入方法といえます

2-2.海外在住の個人から購入する

実際に自分で海外まで行くことができないとしたら、海外に住んでいる個人に依頼して日本へ送ってもらうというのもひとつの手です。日本語の通じる相手であれば、英語が苦手でも問題なく購入できます。ただし、個人に依頼して個人から購入するとなると、商品の種類や保管方法、梱包方法や発送手続きなどを相手に任せることになるので、勘違いが起きやすいのが難点です。すべての面において、細かく指示をしたり確認したりし合える相手を選ばなくてはなりません。 友人など、お互いに分かり合えている仲の人であればともかく、まったく知らない海外在住の個人から購入するのは商品の安全性において危険が伴います。なぜなら、伝えた通りのお店で本当に指定した商品を購入してくれたのかは、届いてみないと分からないからです。もし個人に依頼する場合には、確実に信頼できる相手であるかが重要です。

2-3.通販サイトから購入する

ニコチンリキッドの輸入方法のなかで、最も確実なのが専門のサイトを経由した購入方法です。正規の通販サイトであれば、安心して個人輸入することができます。なかでも、「LIBERTY FLIGHTS(リバティフライツ)」はVAPEを専門に取り扱っているサイトで、各種のリキッドと一緒にデバイスや付属品まで揃っています。個人輸入をするうえで不安になりがちな、輸送方法や決済方法に関しても明確に記載されているので信頼できるサイトといえるでしょう。イギリスの老舗ブランドでありながら、デバイス等やリキッド等の説明も日本語で細かく記載されていて商品をイメージしやすいのも特徴です。 通販サイトでは商品を手に取って選ぶことができない分、製品の質を見極めるにはサイト選びが大切なポイントになります。LIBERTY FLIGHTSでは、リキッドの販売やデバイスの不具合などについては「よくある質問」ページが開設されています。初めての個人輸入でも、不安に思ったことは事前に確認してから購入することが可能です。利用するには会員登録が必要になりますが、退会方法もきちんと記載されているので安心です。

3.ニコチンリキッドの輸入で押さえておきたいこと

ニコチンリキッドを個人輸入するとき、押さえておくべきポイントが3つあります。法律に関わることから、心しておくべきことまでさまざまですが、このポイントを事前に知っているかどうかはとても大きいでしょう。個人輸入で失敗しないためにも、これから説明する3つのポイントはきちんと理解しておく必要があります。

3-1.輸入量の制限を守る

最初に説明したように、ニコチンは日本では毒物及び劇物取締法によって規制されています。ゆえに、個人輸入であっても輸入量に制限がかけられているのです。一度に個人輸入できるニコチンリキッドの量は、1カ月の使用量と定められていて、1カ月の使用量とは120mlとされています。1回の注文でその規定量を超えてしまうと、税関で止められてしまい手元に届かなくなってしまうので必ず120mlまでの購入で抑えるようにしましょう。また、1度の購入限度が1カ月の使用量であるにも関わらず1カ月以内に何度も注文してしまうと、120mlを超えた購入と判断され、税関で止められてしまう可能性があります。 もし、制限されている量を超えて個人輸入をする場合「薬監証明」を取得しなくてはなりません。薬監証明とは、医薬品などを輸入するための報告書のことで、制限量を超えての個人輸入が営業のためのものではないと証明するためのものです。薬監証明を取得するには、地方厚生局へ郵送もしくは窓口まで直接持参によって、必要書類を提出する必要があり手間と時間がかかります。

3-2.輸入品が手元に届くまでには時間がかかる

個人輸入でニコチンリキッドを入手する場合、遠く離れた海外からの輸送になるので、到着までに国内の通販よりも日数がかかることを把握しておきましょう。国際郵便にあたる、イギリスで郵便事業を行っている「Royalmail」を利用すると、到着までに1~2週間程度かかります。国際宅配便にあたる、ドイツの国際輸送物流会社「DHL」の利用では、5日程度必要です。単純に、距離が遠いから日数がかかってしまう部分もありますが、個人輸入される商品は日本国内に運び込まれる前に輸入のための納税申告が実施されます。 一般的な貨物は航空機の到着から輸入手続きの完了までは半日程度ですが、まれに税関審査や検査が行われるケースがあるのです。そうなると、予定より時間がかかることもあるので到着が遅れていても、すぐに焦る必要はありません。国内に商品が到着してから、税関で輸入許可が出るまでに時間がかかることがほとんどです。そして、輸入の許可が出た後は、商品は国内に引き取られて国内の輸送システムに乗せられて宛先への配送が行われます。

3-3.トラブルは自力で解決する必要がある

難しそうで意外と簡単な個人輸入ですが、トラブルが起きた際のことも念頭に置いておかなくてはなりません。日本語で記載されているサイトであっても、海外と直接取引しているわけですから何かしらのトラブルが起きてしまったとしても自分自身で対応する必要があります。正規の通販サイトを経由した個人輸入でも、自己都合による返品交換は受け付けてもらえないことがほとんどです。ただし、注文した商品と違うものが届いたり不良品だったりした通販サイト側のミスの場合に限っては、交換の手続きが可能になります。 通販サイト側にミスがあった場合に交換できるといっても、それを証明できなければ自己都合と判断されてしまいます。注文した画面を保存しておいたり、開封直後の初期不良が証明できるような動画を撮っておいたり、トラブル時の対応をスムーズにするための心がけが大切です。トラブルが起きてしまうと、購入するときよりも労力が必要なせいか泣き寝入りしてしまう人が意外と多いようですが、事前準備が整っていれば怖いものはありませんよ。

4.ニコチンリキッドを入手した後の注意点

ニコチンリキッドを個人輸入した後は、早く吸ってみたいと期待が大きく膨らみますが、紙巻きタバコや加熱式タバコとは違う注意点があることを知っておく必要があります。国内での製造や譲渡、販売が禁止されている製品ですから、取り扱いにも気を付けたいものです。ニコチンリキッドは電子タバコでのみ使用されるものですが、初めて使用する人のためにいくつかの注意点について説明します

4-1.マナーはタバコに合わせる

2018年、参議院本会議にて受動喫煙対策のための改正健康増進法(受動喫煙対策法)が、賛成多数で可決・成立しました。従来の紙巻きタバコはもちろん、IQOSやPloom TECHといった加熱式タバコも規制の対象に含まれています。2020年4月以降は、改正された健康増進法が施行され多くの施設で屋内での喫煙は原則禁止になります。加熱式タバコ専用の喫煙場所が設けられるような仕組みにはなっていますが、電子タバコはどうなのでしょう。VAPEにはタバコ特有の臭いは発生しませんが、ニコチンリキッドを吸うのであれば、加熱式タバコと同じように周囲への影響を考えたほうが良さそうです。 ニコチンを吸う以上は、周囲に悪い影響が及ぶ可能性がゼロではないので、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。公共機関でVAPEを勝手に吸うことはできませんし、飲食店でも店に確認してから吸うような心がけが大切です。そして、旅行などで海外にVAPEを持ち込みたいと考えている場合にも注意が必要です。実は海外でもニコチンリキッドの持ち込みが規制されている国があるので、入国前あらかじめ確認しておくことをおすすめします。事前確認なしに持ち込んで没収されてしまっては、楽しいはずの旅行が台無しになってしまいます。従来の紙巻きタバコ同様のマナーで楽しむようにしましょう。

4-2.低めの濃度から使い始める

紙巻きタバコでニコチンを摂取し慣れている人でも、VAPEで使用されるニコチンリキッドとは吸い込んだときの感じ方に差があるものです。どちらかというと、VAPEのほうが刺激を強く感じやすいため濃度の低いリキッドから始めたほうが良いでしょう。特に、爆煙タイプのVAPEでは、一度に蒸気化されるニコチンの量が多くなるので、喉への刺激がさらに強くなる傾向があります。紙巻きタバコで換算すると、ピアニッシモのニコチン量0.15mg相当にあたる、3mg/ml程度の濃度が初心者向きです。 また、ニコチンリキッドを原液で購入する場合には、フレーバーリキッドと混ぜ合わせる作業が必要になります。しかし、オリジナルリキッドを作るにはニコチン濃度を調整するための深い知識も必要となるため、初心者が感覚だけで自作しないほうが安全でしょう。まずは、ニコチン入りのフレーバーリキッドで、ニコチン濃度の低いものを試してみると良いです。これなら、購入してすぐでもVAPEにセットするだけで、安定したニコチン濃度とフレーバーを味わうことができます。

4-3.ニコチンリキッドをしっかり保管する

ニコチンリキッドは、ノンニコチンのリキッドよりも厳重に保管する必要があります。なぜなら、ニコチンは日本国内で「毒物及び劇物取締法」により毒物として指定されているからです。実はニコチンは肌からでも吸収されて体内に入ってしまいます。子供が知らずに蓋を開けて触れてしまったり、落としてリキッドを皮膚の上にこぼしてしまったりした場合、急性ニコチン中毒を引き起こしてしまう恐れもあります。使用後の保管は、液漏れなどにも注意しつつきっちり蓋をしめて、子供が勝手に取り出せない場所を選びましょう。子供の誤飲や誤食で一番多いのが紙巻きタバコといわれてきましたが、ニコチンリキッドは誤飲誤食以外にも肌にすら触れないよう厳重な保管が求められているのです。 しっかり保管しておいても、開封したリキッドと未開封のリキッドではまれに色の変化がみられることがあります。リキッドは、空気にふれると変色することがあるのですが、品質への影響はないのでそのまま使用しても心配ありません。ただし、おおよその使用期限は1年前後となっています。変色していてもしていなくても、購入後1年以上経過しているかどうかを処分する目安にすると良いでしょう。

4-4.十分な期間を空けて輸入する

ニコチンリキッドは、輸入できる1カ月あたりの量に制限があります。ニコチンの濃度やリキッドのボトル数などは関係なく、1度の輸入につき1カ月分である120mlまでに抑えなくてはいけないのです。この制限量を超えて輸入してしまうと、税関で止められてしまい手元には届かなくなってしまいます。1度に注文するリキッドの合計量を常に意識しておきましょう。また、少量ずつの注文を頻繁に繰り返してしまうと、1カ月あたりの制限量を超えてしまう可能性があるので要注意です。 海外からの輸送にかかる送料は決して安いものではありませんよね。ですから、1度の注文で制限量を守り120mlぴったりの輸入をするのがおすすめです。もし、同一の注文の中にニコチン入りカートリッジがあった場合、リキッドの制限量と合算されてしまうので120mlよりも少なく輸入しなくてはいけなくなります。事前に確認しておくと良いかもしれません。ニコチンは劇物としての扱いです。輸入手続きが簡単でも、制限量を守り輸入期間を十分に空けて注文しましょう。

5.ルールを守ってニコチンリキッドを輸入しよう

個人輸入と聞くと難しく感じてしまう人がいますが、そんなときは「LIBERTY FLIGHTS」を利用して簡単に個人輸入を実現してみてはいかがでしょう。高品質なリキッドを作っているイギリスの老舗ブランドで、日本人好みのくどすぎないフレーバーや、ニコチン入りリキッドのラインナップが豊富なことで知られています。ニコチンの輸入には、制限や取り扱いに注意が必要ですが、ルールを守った個人輸入をしてニコチンリキッドを楽しみましょう。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)ベイプが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer