【恐怖】アイコス(IQOS)からタール検出?!

比較
share on

最近では従来の紙巻タバコではなく、アイコスや電子タバコなどを使用する人が増えています。
それは、やはり紙巻タバコは体へ及ぼす健康被害が大きいという点が大きいでしょう。
だからといってアイコスに変えることは本当に健康被害を減らすことができるのでしょうか?
タバコの有害物質であるタールはアイコスに含まれていないのでしょうか?

タールってそもそもなんだっけ?

そもそも、タバコの有害物質はニコチンだと思っている人も多いかもしれませんが、ニコチンには発がん性物質は含まれていません。 タバコに含まれる発がん性物質の原因はタールなのです。

タールとは、タバコを吸った時にフィルターや歯を黄色く染める「ヤニ」と呼ばれる物質のことです。 粘り気があり、植物由来の樹脂となります。 タールの中には4,000種類以上の化合物が含まれており、数百種類の発がん性物質が含まれています。 タバコの葉に含まれる物質が熱されることでタールが発生して、喫煙者は煙を吸った時に摂取することとなるのです。 そのため、タバコを吸い続けるとピンク色の綺麗な肺は黒く変色していき、癌を誘発することとなります。

ニコチンは、発がん性物質ではないものの、依存性物質になります。 そのためニコチンによってタバコが辞められない状態となり、喫煙によってタールを摂取して健康に影響を及ぼしているのです。

また、タバコの有害物質と言われているものはニコチンとタール以外に一酸化炭素もあります。 タバコの煙に含まれている一酸化炭素は、酸素を運ぶヘモグロビンと結合してしまいます。 そのため体内は酸素が欠乏した状態になり、動脈硬化を誘発することとなります。

アイコス(IQOS)からタール検出?

発売から人気を集めているアイコスは、紙巻きタバコよりも健康被害が少ないと言われています。 しかし、イギリスのオックスフォード大学出版局の医学雑誌Nicotine & Tobacco Researchのオンライン版に、中国の検査機関の研究者が出した論文によるとアイコスからタールが検出されたという研究結果が出たというのです。 この論文は日本でも話題となり、タールを摂取することがないと言われていたアイコスだったので衝撃が走りました。

そもそもタールが発生する原因は、タバコの葉を燃やすことです。 アイコスの場合は、タバコの葉を蒸して、その水蒸気を煙の代わりに吸うという仕組みなのでタールは発生しないということでした。

しかし、中国の検査機関の研究では、アイコスとフィルター付きの紙巻タバコからそれぞれ出る全ての物質を調べていき、タールが発見されたのです。

アイコスと紙巻タバコを比較した際に、一酸化炭素は90%減少した上にニコチンも減少したことが判明しました。 一方で、タールに関しては検査規格によって結果が異なったのです。 ISO規格ではアイコスは7.47㎎が、カナダ保険証のHCIでは16.6㎎のタールが検出されました。 どちらも紙巻タバコよりもタール量が少ないものの、アイコスからタールが出ないと言われていたことが逆転される結果となったのです。

アイコスを製造販売しているフィリップモリスは、アイコスからタールは発生されないと謳っているものの、ヒートスティックのパッケージにはタールもニコチンについても表示はされていません。 つまり、健康へのリスクに関してはアイコスも紙巻タバコも大差がない可能性があるのです。

でもニコチンは摂りたいし…そんな人にオススメ"VAPE"

アイコスでの喫煙は、結局は紙巻タバコのようにタールを摂取する可能性が高いことが分かりました。 しかし、いきなりタバコを辞めるというのも難しいものです。 タールは摂取したくはないけれど、ニコチンや香りを楽しみたいという人には電子タバコである「VAPE」がおすすめです。

VAPEは、電子タバコなのでタバコの葉を使用しません。 リキッド状の液体をVAPEに注入し、加熱することでリキッドが水蒸気になります。 この水蒸気を吸引する仕組みとなっているので、タールは含まれていないので発がん性物質を体内に摂取する心配がありません。 また、嫌な臭いや黄色い歯の原因もタールにあるので、ニオイやヤニを回避することにも繋がるのです。

VAPEにはタールは含まれませんが、ニコチンが含まれています。 このニコチンは、タバコが禁煙できない原因である依存物質になりますが、タールのような発がん性のある物質ではありません。 そのためVAPEであれば、タールを避けてニコチンのみを摂取して喫煙を楽しむことができるのです。 ニコチンを含まないVAPEもあるので、健康を考えながら少しずつ禁煙をすることも可能になります。

電子タバコVAPE・ニコチンリキッドならliberty-flights.shop

VAPEは多くの会社が販売していますが、日本国内製造のものは現在ありません。 海外企業によって生産されていますが、その中でも電子タバコの老舗であるliberty-flights では豊富なVAPEリキッドが展開されています。 ニコチンリキッドの種類も豊富になっているので、好みの香りを選びながらニコチンを接種することができます。 また、liberty-flights.shopは日本の公式販売店になるので、日本語表記で書かれているため購入もスムーズにできて安心です。 味にこだわって作られたリキッドを楽しんでください。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer