メニュー

新規会員登録で1000円クーポンプレゼント

新規会員限定1000円OFFクーポンプレゼント
Q211120uk

クーポンコードをコピーする

インスタ、ツイッターで話題の「シーシャ」って何?電子タバコのVAPEとの違いを比較

比較
share on
インスタ、ツイッターで話題の「シーシャ」って何?電子タバコのVAPEとの違いを比較

最近、インスタやツイッターで大きなボトルから煙を吸引している画像を見かけることが多くて気になっているという方も多いでしょう。 綺麗なガラスや陶磁器のボトルから煙を吸引している喫煙器具は、「シーシャ」という水タバコです。 海外では以前から人気がありましたが、最近日本でも徐々に浸透してきています。 近年、紙巻きタバコや加熱式タバコから電子タバコの「VAPE」に乗り換える人が増加していますが、VAPEとシーシャはどのように違うものなのでしょうか?

そもそもシーシャはどういうものなのか?

シーシャがどのようなものなのか、ご存知でしょうか? 「シーシャ」という言葉を耳にしたことや、SNSや海外の映画などで目にしたことがあるという方もいるかもしれません。 シーシャは喫煙器具の一種ですが、どのように喫煙を楽しむものなのかご紹介していきます。

シーシャの始まりについて

シーシャのことを知るためにも、まずはシーシャの始まりについてみていきましょう。 シーシャの発祥については明確にされていませんが、インドやエジプトが発祥の地だという説があります。 1500年頃にタバコが世界に普及するようになり、そこからさまざまな喫煙器具が発明されるようになりました。 その過程でシーシャも生まれたと考えられています。 エジプトや中東では「シーシャ」と呼ばれていますが、アメリカでは「フーカー」、トルコでは「ナルギーレ」と呼ばれており、国や地方で呼び方が異なります。 もともとシーシャはタバコ葉をシロップ漬けしたものを使用していましたが、近年になってフルーツやハーブなどのフレーバーが添加されるようになり、より多くの人に愛されるようになったのです。

シーシャはどういう使い方をするのか?

シーシャは大きなガラスや陶磁器などで作られたボトルが本体になっており、そこに繋がったチューブから煙を吸引して楽しむという嗜好品です。 ボトルの本体の上部にはクレイトップと呼ばれる受け皿があり、その皿に味付けしたタバコ葉を乗せます。 そして、アルミホイルで蓋をして、その上に炭を置いて燃やすことでタバコ葉を燻します。 燻されたタバコ葉の煙はボトル本体に入れた水にろ過され、滑らかな煙になって吸引することができるようになるのです。 煙を水で一度通すという点がシーシャの大きな特徴であり、シーシャの煙の吸引の心地良さに繋がってくると言えます。

シーシャはどうやって楽しむのか?

インスタなどのSNSや海外の映画などでシーシャを見かけたことがあるという方はご存知かもしれませんが、シーシャは加熱式タバコや電子タバコとは異なり、本体のサイズが大きくなっています。 しかも、水や炭を使用するということもあり、お店でシーシャを楽しむという人が多くなっています。 海外ではシーシャを取り扱う専門のカフェやバーなどがあり、日本でもお店が増えてきています。 シーシャは一度吸引をすれば1~2時間は吸引を続けるものなので、ゆったりとリラックスしながら楽しむことがシーシャ特有の楽しみ方であると言えます。

話題のシーシャと電子タバコの違いとは?

シーシャは本体のサイズが大きいだけで、電子タバコと似たようなものなのではないかと考える方もいるでしょう。 シーシャと電子タバコに共通点はありますが、それぞれ異なる点も多いものです。 シーシャと電子タバコの違いや、共通点についてご紹介します。  

シーシャとは

シーシャは「水タバコ」とも呼ばれ、水を利用した喫煙器具の1種です。 紙巻きタバコや加熱式タバコと同様に、タバコ葉を使用して煙を発生させますが、その煙を一度水でろ過するという点が大きく異なります。 水というフィルターを通すことで煙は冷たく心地の良いものになるだけではなく、タバコ特有の煙のイガイガ感も抑制されます。 またタバコ風味だけではなくフルーツフレーバーなどさまざまなフレーバーがあるため、気分や好みによって多様なフレーバーから選ぶことができるという点もシーシャの特徴だと言えます。

電子タバコとの違いについて

シーシャも電子タバコのVAPEも、喫煙器具であるという共通点はありますが、基本的な仕組みが異なります。 VAPEの場合はタバコ葉を使用せず、リキッドと呼ばれる専用の液体を熱することで発生する水蒸気を煙に見立てて吸引します。 そのため、タバコ葉を燃焼することで発生するタールや一酸化炭素などの有害物質を体内へ吸引するという健康被害への不安を拭うことができます。 また、VAPEはシーシャとは異なり、本体が持ち運びに便利なサイズ感です。 VAPEの本体はさまざまな種類がありますが、基本的に手入れや使い方も簡単なので、どこでも手軽に楽しめるという特徴があります。 使い勝手としては、VAPEは紙巻きタバコや加熱式タバコに近い「日常の嗜好品」という位置付けになるでしょう。

シーシャの体に悪いものなのか?

紙巻きタバコや加熱式タバコからVAPEへと移行する方の理由はさまざまですが、健康被害を気にして移行する方は多いです。 そのため、シーシャを試してみたいと思っていても、健康被害が気になるという方も多いでしょう。 シーシャはタバコ葉を使用しているものだけではなく、ニコチンフリーのものを選ぶことができます。 ニコチンフリーの場合はタバコ葉ではなく、茶葉やサトウキビなどを代用品にしているため、シロップのフレーバーの水蒸気のみを純粋に楽しむことができます。 しかし、喫煙者としてニコチンを摂取したいという場合には、タバコ葉を使用したシーシャの煙を吸引することになります。 水を通すためタールやニコチンの濃度は軽減されると言われていますが、シーシャは一度の使用で長時間吸引を続けるため、実際の煙の吸引量は非常に多くなります。 一度のシーシャの利用で100本分の紙巻きタバコに相当するという研究結果もあるため、健康被害が気になる場合には毎日使用するのではなく適度な頻度で使用するべきかもしれません。

シーシャと電子タバコの共通点とは

ベイプとシーシャにはいくつかの共通点があります。 まず、1つ目の共通点は水蒸気を楽しむ喫煙器具だという点です。 水蒸気を吸引するため、タバコ葉を燃焼させて発生する煙とは異なり、イガイガ感や喉への負担が少ないというメリットがあります。 次に2つ目の共通点として、シーシャも電子タバコも多様なフレーバーを楽しめるという点が挙げられます。 紙巻きタバコや加熱式タバコはフレーバーといってもタバコ葉の味そのものを感じるタイプとメンソールの2種類くらいしかありません。 しかし、シーシャと電子タバコにはフルーツやスイーツ、ドリンクなどさまざまなフレーバーが存在します。 もちろんタバコフレーバーやメンソールなども楽しむことができ、ニコチンの有無まで選択することができます。 他の喫煙器具では味わうことのできないフレーバーが多様にあるため、飽きることなく気分に合ったフレーバーでリラックスした時間を過ごすことができます。

シーシャや電子タバコのニコチンについて

紙巻きタバコや加熱式タバコで喫煙をしている人は、タバコの味わいだけではなくニコチンを摂取することを重要視していると考えられます。 ニコチンには依存作用があるため、喫煙者はニコチンを摂取したいと考えてしまうのです。 シーシャや電子タバコでニコチンを摂取することは可能なのでしょうか?  

シーシャにニコチンは含まれているのか?

そもそもニコチンは、タバコ葉に含まれている自然成分です。 紙巻きタバコや加熱式タバコでは、タバコ葉を加熱や燃焼するためニコチンが発生します。 シーシャの場合もタバコ葉を炭で燻すため、ニコチンが発生します。 シーシャで約1時間喫煙した時のニコチンの摂取量は紙巻タバコ1本の1.7倍だという説もアメリカの研究機関の研究から発表されています。 シーシャ自体のニコチン量が多いというよりも、長時間の吸引が続くため、紙巻きタバコよりもシーシャで吸引する方がニコチンの摂取量が増えると考えられます。 シーシャにはタバコ葉を使用しないニコチンフリーの物で代用することもできるので、ニコチン入りとニコチンフリーのものの2種類を交互に楽しんでみてもいいかもしれません。  

電子タバコのニコチン入りはどこで購入できるのか?

電子タバコはリキッドと呼ばれる専用の液体を加熱して、水蒸気を発生させます。 リキッドにタバコ葉は使われていないため、タニコチンは含まれていないということになります。 普通の電子タバコのリキッドはニコチンフリーになりますが、リキッドにはニコチン入りのものも存在します。 そのため、ニコチン入りのリキッドを選ぶことで電子タバコでもニコチンの摂取は可能になります。 ただし、国内の電子タバコショップでは薬事法の規制によってニコチン入りのリキッドを購入することができません。 ニコチン入りリキッドを購入する方法は、海外からの個人輸入です。 個人輸入といっても日本語サイトで安全に購入できるサイトも存在し、リバティフライツも安全な個人輸入サイトの1つになります。  

シーシャと電子タバコのそれぞれの楽しみ方の違い

シーシャと電子タバコは紙巻きタバコの代用品として人気が高まっている嗜好品ですが、それぞれ違った楽しみ方をすることができます。 それぞれどのように楽しめばいいのでしょうか?  

シーシャと電子タバコはどちらがおすすめ?

シーシャはタバコ葉を使用しているため、紙巻きタバコや加熱式タバコのようにタバコ葉のタールやニコチンなどをしっかりと感じることができます。 シーシャならば、もともと喫煙者だという方でも満足度の高い喫煙を楽しむことができるでしょう。 ただし、シーシャは一度の喫煙に1~2時間要することや、本体のサイズが大きいので持ち運びには向いていないというデメリットがあります。 そのため、日常的に電子タバコの代用品として使用するのであれば、電子タバコがおすすめだと言えます。 電子タバコならばタールや一酸化炭素などタバコ葉から排出される有害物質を吸引することもないので、健康面を考えてもおすすめです。 もちろん、タバコ葉を使用していなければ副流煙で周囲の人がタールなどの有害物質を吸引することもないので、周囲への被害を気にすることなく使用しやすくなるというメリットもあります。

シーシャはどうやって楽しむのか?

シーシャは一度の吸引時間が1~2時間と長時間に渡ります。 そのため、ゆったりとリラックスしながら吸引を楽しむことができ、特別な時間を過ごすことができます。 日頃の疲れやストレスを発散させたい時や、親しい人達とリラックスしながら話したいという時におすすめでしょう。 シーシャを取り扱うカフェやバーなどで使用できるため、面倒な手入れや準備などは必要ありません。 お店にある好みのフレーバーから選び、非日常的な体験をすることができます。

電子タバコの楽しみ方

電子タバコは持ち運びできるサイズ感と手入れの簡単さから、日常的に楽しむ嗜好品です。 紙巻タバコや加熱式タバコの代用品として使用することができ、ニコチンの有無を選ぶこともできます。 タールなどのタバコ葉に含まれる有害物質を吸引する心配もなく、健康面を気にする方にもおすすめです。 リキッドのフレーバーの種類が非常に豊富なので、自分好みのフレーバーを探す楽しみもあります。 同じフレーバーでもメーカーごとに味わいも異なります。 さまざまなフレーバーを試しながら好みや気分によってフレーバーを変えて楽しんでみてください。

それぞれに合った楽しみ方をしよう

シーシャは毎日頻繁に楽しむものというよりも、特別な時間を過ごしたいという時に使用されることが多いです。 ゆったりとリラックスして非日常空間を味わいたいという場合にはシーシャがおすすめですし、日常的に自宅や外出先で手軽に喫煙を楽しむのであれば電子タバコがおすすめだと言えます。 それぞれ利用シーンが異なるため、日常使いと特別な日と使い分けて楽しんでみましょう。

まとめ

シーシャは見た目だけではなく、まったりとリラックスできる嗜好品です。 しかし、日常使いや健康面、コスパ面などを考えると電子タバコがおすすめだと言えます。 自分だけの特別なニコチン入りリキッドをお探しの方には、リバティフライツがおすすめです。 リバティフライツはイギリスの電子タバコのトップブランドであり、歴史ある老舗です。 高品質なリキッドの味わいを楽しめるだけではなく、安心して個人輸入できるサイトになっています。 リバティフライツで自分のお気に入りリキッドを探して電子タバコライフを楽しみましょう。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

ドット(POD型VAPE)スターターキット

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x 新規会員登録で1000円クーポンプレゼント