電子タバコとは?加熱式との違いとオススメスターターキット

おすすめ
share on

紙巻き煙草から電子タバコへ乗り換えを検討している方やこれから電子タバコを始めたいとお考えの方へ、SNSやYouTubeでよく見かけるようになった電子タバコの気になるアレコレをご紹介する記事です。
この記事を読んだ後に少し詳しくなって、電子タバコを始めるきっかけになれれば幸いです。

電子タバコってそもそも何?

「電子タバコ」という単語は聞いたことがあると思います。皆さんは、電子タバコと聞いてどんなタバコを想像しますか?IQOS? glo? 喫煙所で、これらの機種を使用している人は多いでしょうし、使用ぜずとも見たことはあるはずです。
でも、これらは厳密にいうと電子タバコではなく「加熱式タバコ」という喫煙具になります。

加熱式タバコとは?

加熱式タバコの一番の特徴は、
「本物のタバコの葉を加熱することで煙・匂いは少ないが、味は紙巻き煙草と同等。」
という点です。
紙巻きたばこのように火を使ってタバコ葉を燃やすのではなく、バッテリーから取り出した電力でタバコ葉を加熱します。本物のタバコ葉を使用するので、味や香りが紙巻き煙草と同等なのに加え、吸った時の吸い心地も似ています。もちろんニコチンの接種もできて、従来の紙巻きタバコから煙たさと臭いを抑えられた新しい喫煙具です。

電子タバコ(VAPE)とは?

では電子タバコとはいったいどういうタバコなのでしょう。電子タバコの特徴は
「本物のタバコの葉を使用しない、煙の量が多い、フレーバーが豊富」
という点です。電子タバコは、タバコ葉を一切使用しません。そして代わりの何かを燃やすということもありません。

電子タバコで発生する煙はリキッドと呼ばれる液体が、バッテリーの電力(熱)で気化した蒸気(ミスト)です。
またリキッドには無数の種類があり、バラエティに富んだフレーバーがたくさんあります。電子タバコにはカートリッジ内にリキッドが入っていてカートリッジを付け替えて使用するカートリッジ式や、ユーザーが自分で補充するタイプ、あらかじめ電子タバコ本体にリキッドが入っている使い捨てのタイプなどがあります。
加熱式タバコは本物のタバコ葉を使用して、紙巻き煙草と変わらない味・香りを再現していますが、独特の匂いは紙巻き煙草と同じであまり万人に好まれる匂いではありません。一方の電子タバコのリキッドはほんのり甘い香りがして、その香りも衣類に染み付くことはありません。

電子タバコの機種にもよりますが吐き出すミスト量が非常に多く、「喫煙している」という精神的な満足感を得られるのも、電子タバコの大きな特徴です。
ニコチンの接種に関しては、ニコチン入リキッドを使用することで接種できます。紙巻き煙草や加熱式タバコと違い、ニコチンのみを接種できるので、タールなどの有害物質を体内に取り入れません。この点でいうと電子タバコは、紙巻き煙草・加熱式タバコと比べて非常にクリーンな次世代タバコといえます。
この次世代タバコは通称「VAPE(ベイプ)」と呼ばれ、世界中で人気になっています。

世界的に人気急上昇の電子タバコ

現在日本では加熱式タバコが人気のようですが、世界的には電子タバコ(VAPE)の人気が急激に伸びています。
紙巻き煙草の代替品としての電子タバコ需要もありますが、それに加えファッション感覚で電子タバコを始める層も多くなり、国際市場調査会社ユーロモニターインターナショナルによると、電子タバコ市場は2030年に約5兆円を超える見通しです。
中国深センでは、多数の電子タバコメーカーがハイペースで電子タバコの新製品を開発し、中国の製造工場では電子タバコ黎明期から培ってきた確かな技術で、他国のメーカーから電子タバコ製品の製造・量産を請け負い、世界からの需要に応えています。

このように電子タバコが世界的に需要が急速に高まっている理由として、電子タバコが紙巻き煙草と比較して健康被害がないタバコという認識が広まったからだといえます。
イギリスの保健省の執行機関の一つ、公衆衛生省は実際の煙草に比べて電子タバコが約95%健康被害が低く、禁煙の補助ツールとして奨励されるべきという報告書を発表しました。
このような公的機関からの発表や、SNSでの盛り上がりを受けて電子タバコの人気は右肩上がりです。

電子タバコに害はあるの?

前章で述べたように、イギリスの保健省が電子タバコは健康被害が低く、禁煙補助ツールとしても有効だと発表しました。
電子タバコの健康被害が低いのは体内に取り入れる成分にあります。紙巻き煙草では、タールを始めとする有害物質が多数あります。一方の電子タバコのミストの主要成分はプロピレングリコールとリセリンという、食品にも使われるもので人体にとって有害ではありません。なによりリキッドはタールを含みません。
「電子タバコは人体への影響がゼロです」と言い切ることはできませんが、それはアルコールなどの他の嗜好品でも同じです。
電子タバコは、同じタバコというカテゴリの紙巻き煙草・加熱式タバコと比較すると圧倒的に、人体への害が少ないといえます。
さらにニコチンの摂取が目的なら、紙巻き煙草を吸い続けるよりもニコチン入りリキッドで電子タバコへ乗り換えたほうが、健康にはいいといえるでしょう。

おすすめスターターキット

電子タバコについて、少し理解が深まりましたか? 電子タバコを始めてみたくなった方へ、間違いないおすすめのスターターキットをランキング形式でご紹介します。
どれも手軽に楽しめる商品ばかりですので、是非手に取って電子タバコをお楽しみください。

1位 DOT

大流行中のポッド型の電子タバコです。 ポッド型のDOTは、手軽さも人気の一つで、使い捨てのリキッド入りポッドを本体に付け替えるだけで面倒なメンテナンスは一切不要です。
DOTをくわえて吸うだけで自動的に電源が入り、リキッドをミストへ変えてくれるので、難しい操作も必要ありません。
使い捨てのリキッド入りポッドに補填されているリキッドには新成分の「ソルトニコチン」というニコチンを使用し、従来のニコチンよりもグッと吸いごたえがあり、満足感が得られます。
その満足感により電子タバコの物足りなさを補い、より紙巻き煙草に近い喫煙感覚を味わうことができます。
外出時にはポケットやバックに忍ばせておきたい、上級者のサブ機・ニコチン専用機としてもおすすめな電子タバコです。

2位 POCKEX AIO

POCKEX AIO

スタイリッシュなデザインの商品を多数輩出しているaspireのPOCKEX AIOはシンプルなデザインのペン型電子タバコです。 ユーザーがリキッドを補充するタイプの商品で、お好みのリキッドを試すことができます。
このPOCKEX AIOはリキッド漏れにも強く、リキッドの味もしっかり出してくれることから、初心者はもちろん上級者のサブ機としても人気の商品です。

3位 Wismec Rxmini-ReuxMini kit

Wismec Rxmini-ReuxMini kit

電子タバコを一般的なスペックで使用したい人には、その形状から男性におすすめなのが「Wismec Rxmini-ReuxMini kit」です。ステルス性を持った黒のボディーとコンパクトさが特徴で、安定感のあるスターターキット。
本体にはレザーが貼られて、高級感も◎。液晶もボタンも本当にカッコイイ一品です。

4位 eVic Basic with CUBIS Pro Mini Kit

eVic Basic with CUBIS Pro Mini Kit

「iStickPico 75W」などのヒット商品を数々もつEleafから、全長を抑えたコンパクトな電子タバコです。 本当にコンパクトで小さいです。シンプルな中に高級感があるデザインがとてもかっこいい。 BOXタイプで持ち運びもに便利なBOXタイプ。小さい割にミストも十分に出るので、文句なしのBOXタイプです。

5位 Eleaf iStick Pico MEGA Kit

Eleaf iStick Pico MEGA Kit

「iStickPico 75W」の人気デザインをそのままに、26650という大型バッテリーを採用した商品です。 ボックス型の機能性と拡張性を備え、大型バッテリーを採用することにより、長持ちしてパワフルな電子タバコとなりました。
基本性能は「iStickPico 75W」と同じですが、バッテリーの持ちの良さは圧倒的です。
また拡張性が高いので、好みのアトマイザーを装着して長く付き合っていける商品です。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON