電子タバコはどんなフレーバーが味わえるの?ニコチン入りもあるって本当?

比較
share on
電子タバコはどんなフレーバーが味わえるの?ニコチン入りもあるって本当?

社会的に禁煙への意識が高まるにつれて、喫煙者たちの間でも「電子タバコ」が注目されるようになりました。 電子タバコというとリキッドのフレーバー選びが楽しみ方のひとつだと言われていますが、「どういった種類があるのか」「タバコと何が違うのか」など、電子タバコに対しての具体的なイメージが湧かない方もいるはず。 ということで今回は電子タバコと他のタバコの違いや、売れ筋のリキッドについて詳しく解説していきます。

1.電子タバコとは?

紙巻きタバコと比べるとニオイや健康への害が少ないことで人気を集めている「電子タバコ」ですが、その定義は明確になっておらず、人によって異なる場合もあるため混乱しがちです。したがってここでは一般的に用いられている分類を説明していきます。

1-1.加熱式タバコとVAPEの違い

「電子タバコ」は、「加熱式タバコ」と「VAPE(ベイプ)」の2種類に分けることができます。加熱式タバコといえばiQOS(アイコス)、glo(グロー)、Ploom Tech(プルーム・テック)などが代表的で、紙巻きタバコのようにタバコ葉を燃やさず、加熱して喫煙するタイプのものを指します。特徴としてはニコチンは入っているものの、タールはほとんど含まれておらず害が少ないことや、紙巻きタバコに比べてニオイや煙が少ないことなどが挙げられます。そのため禁煙目的で使用するというよりは、主にニコチンの摂取を目的に使用されています。

一方でVAPEはタバコ葉を使用せず、フレーバーリキッドを加熱して発生する水蒸気を吸うアイテムですので、厳密に言うとタバコではありません。フレーバーリキッドにはニコチンが含まれているものと、ニコチンが含まれておらず味や香りを楽しむものがありますので、喫煙者でなくても使用することができます。また、フレーバーリキッドにはタールが入っていませんので、健康への悪影響を及ぼしにくい点も特徴のひとつです。さらにフレーバーリキッドは多くのメーカーからたくさんの種類が出ているため、好みの味や香りを探求する楽しさを味わえるのも魅力的だといえます。

1-2.電子タバコ(VAPE)のメリット

一般的にタバコ葉を加熱して吸うものは「加熱式タバコ」、気化したフレーバーリキッドを味わうものは「電子タバコ」と定義され、電子タバコ=VAPEとして扱われることが多いです。電子タバコのメリットといえば「種類豊富なフレーバーリキッド」がまず挙げられ、フルーティーなものやタバコに近いような味のものまで、選び放題だといっても過言ではありません。

リキッドによってはニコチンの有無も選ぶことができるため、「いずれは禁煙したい」「紙巻きタバコの本数を減らしたい」といった場合にはニコチンが含まれたリキッドに切り替えられる点も、喫煙者にとってはメリットだといえるでしょう。ランニングコストも紙巻きタバコより安く抑えられるため、比較的トライしやすい点も魅力です。

2.電子タバコのフレーバーリキッド販売事情

電子タバコは国によって規制内容が異なり、特にニコチン入りのフレーバーリキッドの規制についてはその差が大きいです。ここでは、日本におけるフレーバーリキッドの販売事情について説明していきます。

2-1.フレーバーリキッド販売の日本と欧米の違い

日本においては、ニコチンが含まれていないフレーバーリキッドのみ店舗で取り扱うことが可能で、ニコチンが含まれているフレーバーリキッドの店舗販売は法的に認められていません。理由としては、ニコチンには薬事法が適用されるため、医薬品成分として規制の対象となるからです。ですから店舗で購入することはできませんが、個人輸入なら入手可能です。

一方で、欧米では基本的にニコチンの有無に関わらず、店舗での販売が可能です。しかしアメリカでは、未成年者の喫煙を減少させるためにコンビニなどでのニコチン入りフレーバーリキッド販売を規制する流れが強まっています。そしてヨーロッパの場合、国によってそれぞれ異なる規制対応が行われていますが、イギリスでは特に規制などがありません。このように国によっては厳しく規制をしていたり、何も規制がされていなかったりと対応はさまざまです。

2-2.ニコチン入りフレーバーリキッドを手に入れる方法

ニコチンが含まれたフレーバーリキッドについては、個人利用目的で海外から輸入するのであれば問題なく入手することができます。その際は主に、ニコチン入りのフレーバーリキッドを扱う海外サイトから個人輸入をしたり、海外でニコチン入りのフレーバーリキッドを購入して国内に持ち込んだりといった方法をとるのが一般的です。

ただし、海外製品を使用する際にはルールを守って安全に楽しむ意識を持つことが重要です。個人輸入の場合、輸入できるリキッドの量(1ヶ月120mlまで)を守ることや、安全性に問題がない海外サイトから購入するなどして楽しむようにしましょう。また、海外で購入して国内に持ち込む際には、税関への申告も忘れずに行いましょう。

3.電子タバコのフレーバーリキッドならリバティフライツ

喫煙者にとっては、できればニコチンが含まれたフレーバーリキッドを楽しみたいというのが本音でしょうが、海外でしかリキッドが入手できないとなると、商品の安全性などに多少の不安を感じるのではないかと思います。そういった場合におすすめできるサイトがVAPEの日本公式通販サイトである「リバティフライツ」です。ここではリバティフライツの概要や、おすすめできる理由について紹介していきます。

3-1.リバティフライツとは?

リバティフライツとは、イギリスの電子タバコブランドである「LIBERTY FLIGHTS(リバティフライツ)」のことを指し、ニコチン入りのフレーバーリキッドを個人輸入できる日本公式通販サイトです。リバティフライツは世界40カ国以上に店舗を持っており、販売している商品はイギリスにある自社工場で厳しく品質管理されているため、電子タバコを安心・安全に利用することができます。また、扱っているVAPE用フレーバーリキッドの種類が豊富であることに加えて、初心者でもトライしやすいスターターキットも充実しています。

3-2.リキッド付き!リバティフライツで人気のスターターキット

VAPEを使用する際には専用のデバイスが必要になりますが、リバティフライツではデバイスとフレーバーリキッドがセットになったスターターキットも販売されています。ここでは、これからVAPEにトライする場合におすすめの人気商品をいくつかご紹介していきます。

3-2-1.libertyflightsドットスターターキット

「libertyflightsドットスターターキット」は、リキッドが入ったカートリッジを装着するだけで利用できるポット型電子タバコのセットです。コイルの交換やリキッドの補充が不要で、バッテリーが内蔵された本体に使い捨てのカートリッジを装着するだけで利用できるため、初心者でも手軽に利用できます。くわえて吸うだけで自動的に電源が入り、1つのカートリッジは紙巻きタバコ約3箱分に相当するため、長く楽しめるのも魅力のひとつです。まずは手軽にVAPEにトライしたい場合はこちらの商品がおすすめです。

3-2-2.スターターキット(メンソール風味リキッド付)

「スターターキット(メンソール風味リキッド付)」は、電子タバコ初心者におすすめのペン型電子タバコとリキッドのセットです。メンソール系のタバコを吸っているユーザーからの人気が高く、付属のフレーバーリキッドはメンソール風味でニコチン含有量0.6%と、吸いごたえも充分に感じることができます。リキッド1本(10ml)で紙巻きタバコ約7箱分に相当するコストパフォーマンスの高さも人気の理由です。

4.リキッド1本で紙巻きタバコ何本分?ニコチン量はどう選ぶ?

リキッドを選ぶ際に気になるのが「リキッド1本で紙巻きタバコ何本に相当するか」と「ニコチンがどのくらい含まれているか」という2点ですが、リバティフライツではリキッド1本(10ml)はタバコ約7箱分(140本)に相当すると定義し、ニコチン含有量については以下のように説明しています。

<ニコチン含有量>
・0.6%(6mg)→ 0.15mgに相当(例:ピアニッシモ・バージニア)
・1.2%(12mg)→ 0.3mgに相当(例:キャスタースーパーライト・エクストラライト) )
・1.8%(18mg)→ 0.6mgに相当(例:マルボロライト・パーラメントライト))
・2.4%(24mg)→ 0.8mgに相当(例:KOOLマイルド・ラッキーストライク)

5.電子タバコで人気のフレーバーリキッド

リバティフライツでは、ニコチン入りフレーバーリキッドを「メンソール系」「タバコ系」「フルーツ系」「スウィーツ系」の4種類に分類しています。ここでは、それぞれのタイプのなかで人気のフレーバーリキッドについて解説していきますので、リラックス目的やタバコの代用など、用途に合わせて選ぶ際の参考にしてみてください。

5-1.メンソール系フレーバーリキッド

ニコチン入りフレーバーリキッドのなかでも、メンソール系は王道のフレーバーとして高い人気を誇るアイテムです。ひと言でメンソールといってもさまざま風味がありますので、ここではリバティフライツでよく購入されているフレーバーリキッドについてご紹介します。

5-1-1.メンソール

利用者を選ばないフレーバーリキッド「メンソール」は、リバティフライツのメンソールフレーバーリキッドのなかで1番人気の商品です。オーソドックスなフレーバーですので利用者を選ばず、クセがないためほかのフレーバーリキッドに混ぜて使用できるなど、カスタマイズしやすい点も魅力だといえます。また、ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことが可能です。

5-1-2.メンソールアイス

「メンソールアイス」は「アイス」と名付けられているだけあって、通常よりもメンソール感が強めのフレーバーリキッドになります。こちらは強めのメンソール感が好みなユーザーに定評があり、リピーターも多いです。上品で清涼感のあるメンソール風味をしっかりと味わいたい場合にはこの「メンソールアイス」がおすすめ。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことが可能です。

5-1-3.メンソールミント

「メンソールミント」は、メンソール風味のなかにミントの香りを感じることができるフレーバーリキッドです。メンソールとタバコ味のバランスがよく、ほかのメンソールフレーバーのなかでもすっきり感が残るのが特徴ですので、リフレッシュ目的での使用にもおすすめです。こちらも同様にニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができます。

5-1-4.チェリーメンソール

「チェリーメンソール」は、メンソール風味の中にダークチェリーの味が含まれているフレーバーリキッドで、甘い味のメンソールが好みだったり、フルーツ系のフレーバーが好きだったりする場合にはおすすめです。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができ、リバティフライツのユーザーからも「吸いやすい」と人気の高いアイテムです。

5-2.タバコ系フレーバーリキッド

メンソール風味のフレーバーリキッドと並んで王道とされるのが「タバコ風味」のフレーバーリキッドです。タバコ風味のリキッドも紙巻きタバコと同様にバリエーションが豊富ですので、リバティフライツ内で人気の高いアイテムをいくつかご紹介していきます。

5-2-1.タバコ(バージニアリキッド)

「タバコ(バージニアリキッド)」は、紙巻きタバコに近い風味を楽しむことができる定番のフレーバーリキッドです。こちらは電子タバコ歴を問わず幅広い層に支持されているため、リバティフライツの全リキッドのなかでも上位の人気を誇ります。電子タバコ初心者でも、タバコの味が好きだという愛煙家でも物足りなさを感じずに煙を楽しむことができるのでおすすめです。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)、2.4%(24mg)の4種類から選ぶことができます。

5-2-2.XO(スプリーム)

「XO(スプリーム)」は、タバコの味にチョコレートとリコリス(ハーブ)の風味をプラスしたフレーバーリキッドです。はじめにタバコの味を感じ、後味としてチョコレートとリコリスの甘みを感じることができる伝統的なフレーバーで、VAPEヘビーユーザーや甘めのフレーバーが好みの場合におすすめのアイテムです。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)、2.4%(24mg)の4種類から選ぶことができます。

5-2-3.リーフ(LEAF)50-50

「リーフ(LEAF)50-50」はタバコフレーバーの最新作で、紙巻きタバコに近い風味を味わうことができるフレーバーリキッドです。メンソール系や甘いフレーバーが苦手だったり、タバコに最も近いフレーバーをお求めの場合におすすめのアイテムです。葉が燻されたような風味がタバコっぽさを感じさせるため、減煙にも効果を発揮します。そしてニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができます。

5-2-4.スパーハイウェイ

「スパーハイウェイ」はタバコ味にナッツの風味をプラスし、甘めに調整されたフレーバーリキッドです。タバコとナッツという組み合わせは好みが分かれるものの、タバコ味のなかにナッツの甘さを感じる独特のフレーバーは「好きな人はとことん好きになる味」だともいえます。メンソール系のリキッドと混ぜて使用するとすっきり感がプラスされておすすめです。そしてニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)、2.4%(24mg)の4種類から選ぶことができます。

5-3.フルーツ系フレーバーリキッド

フルーツ系のフレーバーはチョイスするフルーツによって甘さ・爽やかさが変わってくるため、好みのフレーバーを追求することも楽しみ方のひとつです。ここでは、リバティフライツでよく選ばれている人気のフルーツ系リキッドを紹介します。

5-3-1.ゴールデンアップル

「ゴールデンアップル」は、シンプルでジューシーなリンゴ風味のフレーバーリキッドです。リバティフライツでも人気が高く、購入したユーザーからも「すっきりしている」「風味がさわやか」などといった高評価を得ているアイテムになります。ニコチン含有量も0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができ、甘すぎない味なのでリフレッシュ目的での使用もおすすめです。

5-3-2.新ベリーナイス 50-50

「新ベリーナイス 50-50」は、もともと人気の高かった「ベリーナイス」に改良を重ねてつくられたフレーバーリキッドです。ベリー、ブルーベリー、ラズベリー、カシスの4種類のフレーバーがブレンドされていながら、その風味は爽やかで調和の取れた味わいとなっています。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)、2.4%(24mg)の4種類から選ぶことができ、しっかりとした味や香りが好みの場合におすすめのアイテムです。

5-3-3.新ブルーベリー 50-50

「新ブルーベリー 50-50」は、もともとあった「ブルーベリー」を改良したフレーバーリキッドです。風味が甘すぎないので日常的に吸っても飽きのこない点が魅力のひとつで、「フルーツ系を楽しみたいけれど甘さが強いものは苦手」という場合にはこちらのアイテムをおすすめします。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)、2.4%(24mg)の4種類から選ぶことができます。

5-3-4.新ストロベリー

「新ストロベリー」は従来の「ストロベリー」を改良したもので、強い甘さと香りを楽しむことができるフレーバーリキッドです。フルーツ系フレーバーのなかでも甘みと香りが強めに感じられるので、「甘さ」を求める場合にはおすすめのアイテムです。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができ、日常的に吸うというよりはリフレッシュ目的などで使用する際にピッタリだといえます。

5-4.スウィーツ系フレーバーリキッド

電子タバコの味や香りに甘さを求める場合におすすめなのが「スウィーツ系」のフレーバーリキッドです。ここでは、たくさんあるリキッドのなかから人気のフレーバーリキッドを厳選して紹介していきます。

5-4-1.フレンチバニラ

「フレンチバニラ」はスウィーツ系フレーバーのなかで1番人気を誇るフレーバーリキッドで、クリーミーな甘さが魅力のアイテムです。実際に購入したユーザーからは「香りがよい」「バランスの取れた甘さ」といった高評価を得ていて、日常的に吸うというよりはリラックスしたい場合などにおすすめです。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができます。

5-4-2.バブルガム

「バブルガム」は、本国イギリスのリバティフライツでは売れ筋トップ10に入るほどの人気アイテムで、ジューシーなフルーツ味チューインガムのような風味が特徴のフレーバーリキッドです。甘いフレーバーが好きな場合にはおすすめで、禁煙目的での使用にもピッタリです。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができます。

5-4-3.ストロベリーミルクシェイク

「ストロベリーミルクシェイク」は、ストロベリーの甘い香りが特徴的なミルクシェイク味のフレーバーリキッドです。甘さ・香りがけっこう強いのでユーザーの好みは分かれるものの、甘党のユーザーからは比較的人気が高く、安定して売れ筋の上位にランクインするアイテムです。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選ぶことができ、強めの甘さは気分転換などにピッタリです。

5-4-4.ルーベリーカスタード 50-50

「ルーベリーカスタード 50-50」は、ラズベリーとクリーミーなバニラカスタード、そして本国でよく使われるルバーブ(多年草)が含まれているフレーバーリキッドです。甘さの中にラズベリーの酸味も感じられ、スウィーツ系のなかでは、フルーツ系に近いようなフルーティーな風味が特徴的です。爽やかな甘みよりもこってりめの甘みをお求めの場合にはおすすめできるアイテムだといえます。そしてニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)、2.4%(24mg)の4種類から選ぶことが可能です。

5-5.ノンフレーバーニコチンリキッドの活用法

ここまで味や香りのついたフレーバーリキッドをご紹介してきましたが、味や香りのついていない「ノンフレーバーニコチンリキッド」というのも存在します。ノンフレーバーニコチンリキッドはそのまま吸うというよりも、ニコチンの含まれていないフレーバーリキッドにプラスし、オリジナルのニコチン入りリキッドを作って楽しむのが一般的です。しかし電子タバコ初心者の場合、ブレンドするリキッドの量を判断するために知識が必要となるため、最初のうちはフレーバー付きのリキッドを使用するのがおすすめです。また、ノンフレーバーニコチンリキッドを利用する際にはニコチン濃度の低いものからスタートし、推奨されている利用法を守って楽しむことが大切です。

電子タバコのいろんなフレーバーを試してみよう!

VAPEと呼ばれる電子タバコにはさまざまな種類のフレーバーがあり、自分の好みに合わせて選んだり、カスタマイズして楽しんだりできることが魅力のひとつです。リバティフライツなら豊富なフレーバーリキッドに加えて、各種のデバイスも入手することができます。電子タバコのアイテムをそろえる際には安心・安全の日本公式通販サイト「リバティフライツ」をぜひ利用してみてください。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)ベイプが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer