新規会員登録で1000円クーポンプレゼント

改正健康増進法でVAPEはどうなる?ニコチンリキッドで楽しもう!

規制・法律
share on
改正健康増進法でVAPEはどうなる?ニコチンリキッドで楽しもう!

改正健康増進法とは

健康増進法は、日本国民の健康維持と現代病を予防するために2002年に制定された法律です。

特定保健用食品(トクホ)や給食施設の栄養管理などについて定められている他、受動喫煙についても定められています。 喫煙マナーを法律化することで、受動喫煙の防止が努力されるようになったのです。 しかし、2018年に法の改正が行われ、新たなルールによって受動喫煙対策がより厳しく取締りが行われることになりました。 この法改正は2020年4月1日より全面施行されています。

新たに加わったルールは、原則的に屋内では全面禁煙となり、喫煙専用室のみで喫煙できるというものです。 更に、20歳未満は喫煙エリアや喫煙専用室に立ち入り禁止になります。 これに伴って、喫煙エリアなどには標識の掲示が義務化されるようになったのです。 とくに子供や病院の患者への悪影響を防ぐために、学校や児童施設、病院などでは敷地内自体が喫煙できないという厳しいルールに変わりました。 つまり、改正健康法増進法によって喫煙に関するマナーが厳しいルール化されたと言えます。

屋内原則禁煙の施設

2020年4月1日より施行された改正健康増進法によって、原則屋内禁煙になった施設とはどんな施設が当てはまるのでしょうか?

まず、多くの人が利用する施設が対象になります。 旅客運送事業船舶や鉄道、飲食店などが当てはまり、原則屋内禁煙になります。 また、施設によっては屋内だけではなく屋外も禁煙になるものもあり、敷地内全てが禁煙になる場合もあるのです。 それは、子供や患者の健康を守るために学校や児童福祉説、病院などの行政機関が当てはまります。 また、バスやタクシー、航空機も敷地内の禁煙が決められています。 これまで喫煙できていた場所で自由に喫煙できなくなることになるのです。

屋内は一切喫煙できないの?

改正健康増進法によって原則屋内禁煙になりましたが、屋内で一切喫煙ができないというわけではありません。 施設の事業内容や経営規模によって、喫煙室の設置が認められています。

喫煙室は、「喫煙専用室」「加熱式タバコ専用喫煙室」「喫煙目的室」「喫煙可能室」の4種類に分けられます。 加熱式タバコ専用か喫煙室以外では、紙巻タバコと加熱式タバコどちらの喫煙も可能です。 また、喫煙しながらの食事が可能になるのは、加熱式タバコ専用喫煙室と喫煙可能室のみです。 既存の飲食店においては喫煙可能室の設置が可能になります。

また、喫煙専用室と加熱式タバコ専用喫煙室は施設内の一部に設置可能となるため、施設内で喫煙室を探せば喫煙ができるということになります。 つまり、喫煙者は今後、施設や店舗において喫煙室の有無を確認して利用することになるでしょう。

そもそも受動喫煙とは?

改正健康増進法は受動喫煙をより強化するために施行されましたが、そもそも受動喫煙とはどういったものを指すのでしょうか?

紙巻タバコや加熱式タバコは、喫煙の際にタバコ本体からも煙が発生します。 喫煙者はタバコから出る煙を口で吸引しますが、その吸引する煙を「主流煙」と言います。 そして、喫煙者が口から吐き出す煙が「呼出煙」、タバコ本体の先から出ている煙が「副流煙」です。 呼出煙と副流煙を喫煙者の周りにいる非喫煙者は吸い込む可能性があり、このことを【受動喫煙】というのです。 自らが望んでいないにも関わらず、煙を喫煙することになるので受動喫煙と呼ばれています。

タバコはタバコ葉を燃やすことで煙が発生しますが、この煙には何千もの化学物質が含まれています。 そして、その中には200種類以上もの有害物質が含まれており、肺がんや心血管疾患などの喫煙関連疾患を引き起こす原因となります。 日本だけではなく世界中の公衆衛生機関によって受動喫煙が非喫煙者の疾患リスクを高めるとしており、受動喫煙は問題視されています。

とくに小さな子供や妊婦、持病のある人が受動喫煙することは問題だと考えられていますし、もちろんそれ以外の非喫煙者も受動喫煙によって何らかの影響を受ける可能性があります。 国内で販売されているタバコ製品にも、タバコの煙が喫煙者だけではなく周囲の人に病気の危険性を高める危険性がある旨が記載されています。 こういったことから、喫煙者は自分のことだけではなく周囲の人のことも考えて喫煙をしなければならないということが分かります。

この機会にニコチンリキッドVAPEはいかがでしょうか

改正健康増進法の施行によって、紙巻タバコや加熱式タバコの利用者は外出先での喫煙場所に困ることも多くなりますし、肩身も狭くなるでしょう。 そこで、この法律が施行されたタイミングで、規制対象外になっているVAPEへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

VAPEはリキッドと呼ばれる液体を加熱することで生じる水蒸気を煙に見立てて吸引する嗜好品です。 水蒸気だから吸い応えがないのではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、水蒸気量は調整できるものです。 紙巻タバコや加熱式タバコよりも多い煙量を楽しめる爆煙と呼ばれるデバイスもありますし、リキッドにはニコチン入りタイプもあります。 そのため、吸い応えや紙巻きタバコのような喉へのキック感も楽しめるのです。

また、リキッドには多くのフレーバーがあり、タバコフレーバーやメンソールフレーバーが数多くあります。 そのため、味も慣れしたしんだものを選ぶことができるのです。 もちろんVAPEでしか楽しめないフルーツ系フレーバーやスイーツ系フレーバーもあるので、飽きることなく気分に合わせたニコチン入りのフレーバーを味わえます。

リバティフライツでは、made in UKの安心ニコチンリキッドを個人輸入できます

VAPEを始めるにあたり、購入場所に悩む人は多いでしょう。 日本国内ではニコチン入りのリキッドの使用は禁止されていませんが、販売は禁止されています。 そのため、ニコチン入りのリキッドを購入するには海外から購入することになるのです。 しかし、海外から購入するのはハードルが高いものです。

そこで、おすすめしたいサイトはリバティフライツです。 リバティフライツは、全世界に店舗を展開するイギリスの電子タバコのトップブランドの公式通販サイトです。 サイトでは全て日本語で表記されているので商品の購入もスムーズですし、PAYPAL決済なので通貨の心配もありません。 イギリスの自社工場で厳しい品質・環境・管理の中で生産されたリキッドを扱っており、ニコチン入りリキッドも取り揃えています。 安心してVAPEでニコチンリキッドを楽しみたいという方は、ぜひリバティフライツをお試しください。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x 新規会員登録で10000円クーポンプレゼント