ニコチンリキッドを安全に確実に輸入する方法

規制・法律
share on
ニコチンリキッドを安全に確実に輸入する方法

はじめに断言してしまいますが、日本国内ではニコチンリキッドを実店舗やネット通販で購入することはできません。
入手方法としては海外からの個人輸入しかありませんが、個人輸入には様々なリスクが伴います。
この記事ではニコチンリキッドの取扱いや個人輸入する際の注意点をご紹介します。

ニコチンリキッドの入手方法について

電ニコチンリキッドに関してですが、先にも述べたように日本国内では販売している店舗やサイトはありません。
これは薬事法により、「日本国内でのニコチンの販売・譲渡が禁止」されているからです。
となると必然的に、入手方法は以下の2点に絞られます。

・海外で購入し税関に申告後、国内へ持ち込み
・海外の通販サイトから直接購入

どちらも初めての方にはハードルが高いですね。
本記事下部で初めての方でも安心してニコチンリキッドを入手できる方法を記載しているのでご参照ください。

ニコチンリキッドの取扱いについて

ニコチンは単体では劇物取扱となっており、摂取量や取扱いを間違えると非常に危険なものです。
しかし、リバティフライツで販売している「ノンフレーバーニコチン」は濃度20mg(2%)に設定している溶液となっているため、初心者の方でも手持ちのリキッドへノンフレーバーニコチンを添加して、簡単で安全にニコチン入りリキッドを自作できます。
また初めてニコチンキッドの自作に挑戦する方は、リキッドのニコチン濃度は薄めから始めるのがオススメです。
※ニコチン濃20mg(2%)とは、20mg/ml という表記です。

ノンフレーバー ニコチンリキッド 10ml 20mg(2.0%)

ノンフレーバー ニコチンリキッド
10ml 20mg(2.0%)

900 円

劣化しにくく、持ち運びにも便利な10mlボトル!! イギリス製のニコチン入りリキッドを作成する為に使う、風味の無いニコチンです。

商品はこちら    

ニコチンリキッドには輸入量制限がある?

ニコチンリキッドには輸入量制限があります。これは個数やニコチンの濃度は関係なく、量に対しての制限です。
その制限量とは、「1ヶ月に使用する量」となります。一か月に使用する量は120mlが基準となります。
この基準量はあくまで目安なので輸入間隔が短い場合や、1ヶ月の使用量を超えていると判断された場合は税関で止められてしまいます。

リバティフライツでは安心して輸入できます

海外通販サイトでは商品の金額表記がドル表記であったり、クレジット情報を直接入力したりと海外通販の経験がない方にはなにかと不安な点があります。
リバティフライツでは、ニコチンリキッドを含む全商品の商品説明や、商品の金額も日本円で表記しています。
決済方法は高水準セキュリティのPayPalでの決済なので、お客様のクレジット情報が残る心配がありません。
上記でご紹介した、ニコチン入りリキッドを自作できる「ノンフレーバーニコチン」や、フレーバー付きのニコチン入りリキッドを安心・安全に購入するなら、 高品質な製品と安心決済のリバティフライツで購入することをお勧めします。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer