日本国内におけるニコチン入りリキッドについて

規制・法律
share on

日本国内におけるニコチン入りリキッドについて

紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に移行された方は特にそうだと思いますが、紙巻きタバコを吸った時のキック感や独特の吸い心地は、電子タバコ(VAPE)で吸うノンニコチンのリキッドではなかなか得られないと思います。 この記事では、これからニコチン入りリキッドを試したい、購入したいという方に知ってほしいニコチンのことについてご紹介します。

ニコチン入りリキッドは国内の店舗や通販では手に入らない!?

これからニコチン入りリキッドを入手する方に覚えておいてほしいのが、日本国内でのニコチンの譲渡・販売は薬事法により禁止されている。ということです。
タバコにもニコチンは入っていますが、「タバコ葉」については法律で禁止されていません。しかしニコチン入りリキッド(ニコチン溶液)は「薬品」扱いとなり、劇薬・毒物とされています。そのため国内での譲渡・販売が禁止されているのです。つまり、国内でニコチン入りリキッドを手に入れる(購入)ことは不可能です。もちろん友達や知り合いからニコチン入りリキッドを譲り受けることも違法です。そのためニコチン入りリキッドを入手するには、海外から個人輸入する方法しかありません。

個人輸入の方法として、
・ご自分で海外にて購入→税関に申告して国内へ持ち込む。
・もしくは海外の通販サイトから購入する。 という2つの方法があります。

海外からの個人輸入で気を付けること

海外からの個人輸入に関して2つの方法を前述しましたが、ここに注意点があります。

海外からの通販であれば、違法でないから購入できる量」も無制限!というとそうでもありません。個人輸入で購入できるニコチン入りリキッドの量は1か月の使用量内であること。と決まっています。厳密にいうとその「1か月の使用量」というのが「○○ml」と定義されているわけではありません。税関の担当にもよりますが、およその量として「120ml」とされています。しかしこの「120ml」という量はあくまで基準とされているだけです。 また「1か月の使用量」を守って購入・輸入したとしても、その輸入間隔が短く超過していると判断された場合は税関で止められてしまします。個人輸入にはこのようなリスクが伴います。

もう1点気を付けなければならないのが、ニコチンの濃度についてです。ニコチンベース液と呼ばれる高濃度のニコチン入りリキッドは、ニコチンが入っていないリキッドに添加し、自分で好みのニコチン濃度のリキッドを作るのに使用します。この高濃度のニコチンベース液は便利ですが、先にも述べたように劇薬です。好みのニコチン濃度のリキッドを作るには専門的な知識と、それなりの経験が必要になってきますので、最初からニコチンベース液を購入するのはおすすめできません。

日本国内におけるニコチン入りリキッドについてまとめ

日本国内でのニコチン入りリキッドの立ち位置について、知っておいてほしいことをご紹介しましたがご理解いただけたでしょうか。ニコチンは譲渡・販売は禁止されているものの、正しく使用するには違法性はありません。 くれぐれも法律を遵守し、電子タバコ(VAPE)・ニコチン入りリキッドをご使用ください。

最後に、ニコチンは劇薬であるということと、海外からの個人輸入は自己責任で行うということをご理解ください。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON