VAPEの吸い方は?基本からコツまでを押さえて使いこなそう

使い方
share on
VAPEの吸い方は?基本からコツまでを押さえて使いこなそう

VAPEという言葉は聞いたことがあっても、どのように吸えばよいのかはわからないという人も多いでしょう。VAPEの吸い方にはさまざまな種類があり、自分に合った方法をみつけていくこともVAPEの楽しみの一つです。また、快適にVAPEを吸うためにはいくつかのポイントに注意する必要があります。今回は、VAPEの吸い方について、注意点も含めて詳しく解説していきます。

1.そもそもVAPEってどんなもの?

VAPEの吸い方を知る前に、そもそもVAPEとはどのようなものなのかということを押さえておく必要があります。ここからは、VAPEの基本的な仕組みについてみていきましょう。

1-1.水蒸気で香りを楽しむもの

VAPEにはコイルなどの部品によって構成されたアトマイザーと呼ばれる加熱ユニットが搭載されています。このアトマイザーでフレーバーを付けられたリキッドを熱し、発生した水蒸気を吸って味や香りを楽しむというのが基本的なVAPEの使い方です。国内外のメーカーから豊富な種類のフレーバーが発売されているので、色々と試すうちに自分好みの商品をみつけることができるでしょう。上級者の中には違う種類のフレーバーを混ぜ合わせてオリジナルリキッドを調合している人もいます。 なお、法律によって規制されているため、国内で販売されているリキッドにはニコチンが含まれていません。紙巻きタバコ同様にVAPEでニコチンを摂取したい場合は、ニコチン入りリキッドを海外からの個人輸入で入手する必要があります。個人輸入したニコチン入りリキッドを他人に売ったり譲ったりすることは禁じられており、輸入できる量についても月間で120mlまでという制限が設けられています。ニコチン入りリキッドを利用する場合は事前に禁止事項を確認しておき、法律を犯してしまわないようにくれぐれも気を付けましょう。

1-2.加熱式タバコとは異なる

VAPEと加熱式タバコを総称して電子タバコと呼びますが、この2つの間には大きな違いがあります。専用のスティックやカプセルにタバコ葉を使っている加熱式タバコとは異なり、VAPEのリキッドにはタバコ葉由来の成分が含まれていません。加熱式タバコを吸えば必ずニコチンを摂取することになりますし、実際に加熱式タバコは紙巻きタバコよりも安全にニコチンを摂取するという目的で利用している人が多いです。 一方、VAPEの場合はリキッドの選び方次第でニコチンを摂取せずに吸うことができます。すなわち、水蒸気に含まれるニコチンによって周りの人に迷惑をかける心配がなく、安心して利用することができるのです。ちなみに、加熱式タバコも規制の対象となる東京都の受動喫煙防止条例では、VAPEは規制の対象外、つまりどこでも利用可能だということが認められています。ただし、健康被害のリスクはなくてもフレーバーの香り自体が苦手だという人もいるので、最低限のモラルは守る必要があるでしょう。 加熱式タバコにはiQOSやglo、Ploom TECHなどの製品があり、タバコ葉を使っているため紙巻きタバコに近い味や臭いが感じられるのが特徴です。なお、iQOSやgloでは専用のスティックを加熱して蒸気を発生させるのに対し、Ploom TECHはリキッドを気化させたうえでタバコカプセルに通して吸うという仕組みになっています。このように、構造がVAPEと非常に似通っているので、VAPEの中にはPloom TECHのタバコカプセルを取り付けて使える製品も存在します。

2.VAPEを吸う前に必要な準備

本体やアトマイザー、リキッドなどを用意したら、適切にVAPEを利用するための準備を行う必要があります。ここからは、VAPEを吸う前に必要な準備について解説していきます。

2-1.バッテリーの充電

VAPEのバッテリーには大きく分けて2つの種類があります。1つ目のバッテリー内臓タイプは本体をUSBに接続するだけで充電することができます。変換アダプターを使用すればコンセントから充電することも可能なので、初心者向けの扱いやすいタイプだといえるでしょう。2つ目のリチウム電池タイプの場合、専用の充電器を用意したうえで電池を本体から取り外して充電することになります。いずれのタイプであっても、充電にかかる時間はバッテリーの容量によって異なります。バッテリーの容量はmAh(ミリ・アンペア・アワー)という単位で表されますが、650mAhで2~3時間程度、900mAhで4~5時間程度が充電時間の目安です。 バッテリーの容量が大きいほど充電後に長く使用できるので、充電できる機会が少ない人などはなるべく容量の大きいものを選ぶとよいでしょう。アトマイザーの性能などにもよりますが、650mAhのバッテリーが備わっていれば紙巻きタバコ換算で約60本分吸えるとされています。なお、コンセントで充電するときに間違った電圧の端子を使うとバッテリーが爆発する恐れがあるので十分に注意しましょう。

2-2.リキッドの補充

充電が完了したら、バッテリー、すなわち本体からアトマイザーを外します。アトマイザーにはリキッドをためるためのタンクが内蔵されていますが、リキッドの注入口が上に付いているトップフィル方式と下に付いているボトムフィル方式の2種類があります。基本的に、トップフィル方式を採用しているアトマイザーのほうが充填時の漏れなどが起こりにくいので、初心者には扱いやすいでしょう。また、リキッドをためるタンクの中央には水蒸気をドリップチップへ送るための穴が通っています。この穴にリキッドが入らないように気を付けながら補充することも大切です。 特に、ニコチン入りリキッドを使っている場合は細心の注意が必要です。ニコチンが含まれた液体が皮膚に付着すると、急性ニコチン中毒にかかってしまう恐れがあります。中央の穴にニコチン入りリキッドが入ることで、VAPEを吸うときにニコチンが肌に直接触れてしまう危険があるため、補充の際はくれぐれも気を付けましょう。さらに、中央の穴にリキッドが入ると内部の電子回路にリキッドがかかり、故障の原因となる場合もあります。 初めてVAPEを使うときはコイルの空だきにも注意しなくてはなりません。コイルとはリキッドを直接加熱するためのパーツであり、コイルの周りにはリキッドを染み込ませるためのウィックが仕込まれています。このウィックにしっかりとリキッドが染み込んでいないと、綿が焦げたりコイルが故障したりする恐れがあるのです。そのため、最初にリキッドを充填するときは入れてから5~10分ほど放置し、ウィックに染み込むまで待機することが重要です。

3.VAPEの吸い方をマスターしよう!

VAPEの水蒸気の味は吸い方によっても変化するので、吸い方をマスターすることでより多彩な楽しみ方ができるようになります。この段落では、VAPEを吸うときの基本操作と吸い方の種類について解説していきます。

3-1.VAPEを上手く吸うための基本操作

VAPEの中には吸うだけで電源が入る使い捨て式などの簡易的な製品もありますが、リキッドを充填しながら使うボックス型などの製品の使い方は基本的にどれも同じです。まず、バッテリーに付いているボタンを複数回押すことで電源が入る仕様になっているものが多いです。何度押せばよいかなどの細かい操作方法は機種ごとに異なるので、付属の説明書などを参照しましょう。 吸うときは、「パフボタン」あるいは「ファイアボタン」と呼ばれているボタンを押しながら蒸気を吸い込みます。吸っていないときにこのボタンを押してしまうと故障の原因になる場合があるので注意が必要です。VAPEの使用後は確実に電源を切るようにしましょう。バッテリーに付いているボタンを複数回押す、または長押しする操作によって電源がオフになるものが多いですが、こちらも機種によって異なるので事前に確認しておく必要があります。

3-2.VAPEの吸い方

VAPEの水蒸気の味や吸いごたえはアトマイザーのエアフローを調節することで変えられます。エアフローを絞ることで繊細な香りを楽しんだり、開放することでダイナミックに蒸気を吸い込んだりすることができるのです。同様に、VAPEは吸い方によっても味や吸いごたえに変化を付けることが可能です。この段落では、大きく分けて3つの種類があるVAPEの吸い方について、それぞれの特徴を説明していきます。

3-2-1.肺に入れる吸い方

肺に入れる吸い方とは、一般的な紙巻きタバコの吸い方と同じ方法のことです。すなわち、吸い込んだ蒸気を一時的に口の中にとどめておき、肺へと送り込んでから吐き出すという方法です。この方法であれば、口に蒸気をためる段階で肺に送りこむ量を調節することができます。また、紙巻きタバコのようにタールに邪魔されずに肺から鼻へと広がる味や香りが堪能できるので、じっくりと蒸気を楽しみたいという人にはおすすめの吸い方だといえます。さらに、紙巻きタバコと同じ吸い方になるので元喫煙者の場合も満足感が得られやすい方法です。禁煙目的でVAPEを吸うのであれば、まずは肺に入れる吸い方を試してみるとよいでしょう。 この吸い方の場合、口にためてから肺に送りこむという性質上、口の容量以上の蒸気を一度に吸い込むことができません。裏を返せば、リキッドの消費量を抑えながら味や香りを最大限に楽しめる吸い方だということもできます。なお、エアフローを調節できる場合はなるべく絞ったほうが肺に入れる吸い方に適しています。より吸いやすくなり、吸いごたえもさらに楽しめるようになるでしょう。

3-2-2.呼吸を利用した吸い方

一般的な肺に入れる吸い方では、ストローでジュースを飲むときのように一度口の中に水蒸気をとどめます。紙巻きタバコの場合はこの吸い方でなければむせてしまいますが、VAPEであれば呼吸をするのと同じ感覚で蒸気を直接肺に吸い込むことができます。イスラム圏の水タバコ、シーシャと同じ吸い方でもあるので、シーシャを吸ったことがある人にはなじみやすい吸い方です。呼吸を利用したこの深い吸い方に慣れると、大量の水蒸気で味や香りをダイナミックに楽しめるようになります。アトマイザーのエアフローを広く開放することで、より吸いやすくなるでしょう。 大量の水蒸気を吐き出せるようになるということも呼吸を利用した吸い方のメリットの一つです。VAPEユーザーの間では、水蒸気を吐き出す遊びであるVAPEトリックが流行しています。呼吸を利用した吸い方ができるようになれば、VAPEトリックでさまざまな遊び方が実践できます。つまり、多量の水蒸気を利用してトルネードを作ったり、ドラゴンのように勢いよく蒸気を吐き出したりすることができるようになるのです。

3-2-3.口にためる吸い方

水蒸気を吸って口の中にためた後、肺には入れずにそのまま吐き出すという「ふかし」と呼ばれる方法もVAPEの吸い方の一つです。水蒸気を肺に入れないため、ニコチン入りリキッドを使っている場合でもニコチンがあまり体に取り込まれません。ただし、まったく取り込まれないわけではないので、ニコチンによる健康被害が気になる人はニコチンの含まれていないリキッドを使いましょう。肺に蒸気を入れないこの吸い方は、紙巻きタバコを吸ったことがない人でも抵抗なく実践できる初心者向けの方法だといえるでしょう。 口にためる吸い方には、肺に送って水蒸気が薄まることがない、つまりフレーバーの濃厚な味や香りが楽しみやすいというメリットもあります。また、口にためた水蒸気を鼻から吐き出す方法を習得すれば、そのまま口から吐き出すよりもしっかりとした香りを感じることができます。エアフローが調節できる場合は、口にためられる少量の水蒸気さえあればよいので、なるべくエアフローを絞っておくと吸いやすいでしょう。

4.VAPEを吸いやすくするポイント

VAPEを吸いやすくするためには、VAPE本体に搭載された便利な機能を使うのが効果的です。この段落では、電圧や温度などを調節する機能を使うときのポイントについて解説していきます。

4-1.ボルト数やワット数を調節する

VAPE本体の中には、ボルト数やワット数が調整できる可変電圧機能が搭載されているモデルも多くあります。電圧を調整することで蒸気の量や味を変えることができ、リキッドの種類によっても適した電圧が異なります。例えば、ミルク系フレーバーであれば高めの電圧、フルーツ系フレーバーであれば低めの電圧がよいといわれているので、リキッドごとに最適な電圧を探してみるとよいでしょう。このとき、3~3.5V、あるいは10W程度の低い出力から始めて、徐々に数値を上げていくようにすると探しやすいです。 VAPE本体の可変電圧機能にはVV(ヴァリアブル・ボルト)とVW(ヴァリアブル・ワット)という2つのモードがあります。VVモードでは規定の範囲内であれば電圧を自由に細かく調節することができます。すなわち、蒸気の量や味を吟味しながら自分好みの電圧に設定できるということです。VWモードの場合、アトマイザーを取り付けたときに自動でその抵抗値を測定し、抵抗値を計算に入れて出力を調節してくれます。つまり、VVモードよりも正確に、細かく出力が調節できるということになります。好みの吸い方をするためには、リキッドの種類だけではなく電圧の調節も重要だということを念頭に置いて、VVモードやVWモードを活用していくとよいでしょう。

4-2.温度管理モードを使用する

温度管理モードを使えば、アトマイザー内部のコイルが設定した温度よりも熱くなりません。そのため、リキッドの供給が遅れたときにウィックが焦げ付いてドライヒットが起こるリスクが小さくなります。なお、ドライヒットとはコイルが高温になってウィックを焦がすことで発生する刺激の強い煙が喉にダメージを与える現象のことです。また、ウィックが焦げ付く事故が起こりにくくなるので、必然的にコイルも長持ちするようになります。 温度管理モードは、非常に抵抗の低いNi200ワイヤーを使ったアトマイザーを取り付けて使用するのが一般的です。抵抗が低いコイルに、温度が上昇し過ぎないように適度な電流を流すことになるので、消費する電力は小さく抑えられます。その結果、通常よりもバッテリーを長持ちさせられるというメリットも得られるのです。温度管理モードを使うときは、最初は150度ほどの低温に設定しておき、少しずつ温度を上げながら適切な数値をみつけるのがよいでしょう。一度リキッドごとに温度を決めてしまえば、その後は安定した味や香りが楽しめるということも温度管理モードを使う大きなメリットの一つです。

5.VAPEを吸うときに押さえておきたいコツ

VAPEの初心者が陥りがちな失敗は、いくつかのコツを押さえておけば防ぐことができます。ここからは、VAPEを吸うときに押さえておきたい3つのコツについて紹介していきます。

5-1.ゆっくり吸う

VAPEの場合は紙巻きタバコよりもゆっくりと吸うことを心がけるのが大切です。VAPEを勢いよく吸ってしまうと、十分な量のリキッドが気化しないうちに吸い上げることになります。その結果、蒸気の量に満足できなかったり、味が薄くなってしまったりする場合があるのです。満足できる量の水蒸気を出しておいしく味わうためにも、VAPEはゆっくり吸うということを第一に心がけましょう。

5-2.ボタンの押しすぎに気を付ける

蒸気を長く、多めに吸いたいからといって長時間パフボタンを押し続けると、アトマイザーが必要以上に熱くなることになります。そうするとバッテリーにも負担がかかりますし、ウィックへのリキッドの供給が追いつかず、コイルの空だきの原因にもなるでしょう。長く吸うときもボタンを押し続ける必要はないので、ときどきボタンから指を離してアトマイザーが熱くならないように気配りをすることが大切です。

5-3.「ジュルジュル」には早めに対処する

VAPEを使用していると、ユーザーの間で「ジュルジュル」あるいは「ジュルリ」などと呼ばれている現象が起こることがあります。これは、水蒸気がアトマイザーの内側にたまり、結露して液体に戻った状態のことです。吸うと同時に液体が口の中に入ってくるなど、VAPEが吸いづらくなる原因となるので早めに対処する必要があります。「ジュルジュル」が発生したら、まずはアトマイザーを本体から取り外します。次に、エアホールの部分にティッシュなどを添えたうえでドリップチップから強く息を吹き込みましょう。この作業を何度か繰り返せばアトマイザー内部の液体を除去することが可能です。なお、VAPEを吸うときにパフボタンから指を離した後、1秒ほど吸引を続ける習慣を実践していれば効果的に「ジュルジュル」を予防できます。

6.VAPEのお手入れの仕方

VAPEを快適に吸うためには、吸い方に気を付けるだけではなく、普段からこまめにメンテナンスを行うことも重要です。この段落では、VAPEのお手入れの仕方について説明していきます。

6-1.コイル

コイルを交換する期間の目安は2~3週間程度とされており、一般的なコイルは5個入りで1300円前後の金額で購入することができます。目安の期間が経過していなくても、水蒸気が出にくくなったり、焦げた風味が感じられたりした場合は、コイルを交換する必要があるでしょう。なお、コイルは水洗いしても再使用できないので注意が必要です。ちなみに、使い捨て式やカートリッジ式のVAPEを使っている場合は本体やアトマイザーごと交換することになるので、コイルを個別で交換する必要はありません。

6-2.タンクやマウスピース

アトマイザーのタンクは、リキッドを交換するタイミングでプロピレングリコールで洗浄するとよいでしょう。プロピレングリコールはリキッドの主成分の一つなので、残留成分が次のリキッドに混じっても問題ありません。また、マウスピースや本体の汚れを落とすために、無水エタノールを用意しておくと便利です。名前からもわかるように無水エタノールには成分として水が含まれていないので、VAPEのような電子機器のメンテナンスにも使用することができます。

自分に合ったVAPEの吸い方を選ぼう!

水蒸気を肺に入れる方法や口にためる方法など、VAPEにはさまざまな吸い方があります。また、本体やアトマイザーの扱い方によっても水蒸気の味や香りに変化をつけることができます。いろいろな吸い方を実践する中で、自分に合った方法をみつけていくとよいでしょう。幅広いラインナップを取り扱っている「LIBERTY FLIGHTS」を利用して、自分好みのVAPEの関連商品を手に入れましょう。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer