電子タバコ(VAPE)でニコチンを摂取するには?リキッドの入手方法

使い方
share on
電子タバコの「VAPE」って?ニコチンを摂取する仕組みや入手方法を解説

加熱式タバコと混同されることもまだ多い電子タバコVAPEですが、実は加熱式タバコとはまったく異なる特徴をたくさん持っています。それでは、VAPEではどのような仕組みでニコチンを摂取できるのでしょうか。 今回は、VAPEでニコチンを摂取する仕組みやVAPEを簡単に入手する方法について説明します。

電子タバコの「VAPE」とは?

最初に、電子タバコVAPEの仕組みや加熱式タバコとの違いについて説明します。

VAPEの仕組み

VAPEと加熱式タバコは見た目が似ているものもあるため混同されやすいですが、それぞれで吸引する物質も煙が出る仕組みもまったく異なるものです。ここでは、バラエティーに富んだ味や香りを楽しめるVAPEの仕組みについて説明します。

リキッドを熱して水蒸気を出す

VAPEはタバコ葉の代わりとしてリキッドと呼ばれる液体を加熱することによってエアロゾル(水蒸気)を発生させ、それを吸引することによって味と香りを楽しむためのし好品です。アロマセラピーに似た楽しみ方をするものということもできます。VAPEのリキッドにはニコチンを含むものと含まないものがありますが、薬事法の規制により日本国内で流通しているのはニコチンを含まないリキッドのみです。

ノンニコチンのリキッドだけでも商品数やフレーバーの種類はとてもたくさんあります。また、複数のフレーバーを自分で調合して、より自分好みのオリジナルフレーバーを作り出すという楽しみ方も可能です。さらに、ニコチンを含まないリキッドを使用することにより、タバコに由来する有害物質の多くを発生させずに味と香りだけを楽しむことができます。

タバコ葉を使用する加熱式タバコとは異なる

VAPEに対して、加熱式タバコでは細かく刻んだタバコ葉を直接、あるいは間接的に加熱してエアロゾルを発生させ、それを喫煙します。法律上も「タバコ製品」と定義され、タバコ税の対象とされるものです。タバコ葉を使用することによって、紙巻きタバコに近い吸い心地や味わいを得ることができますが、タバコ特有のイヤな臭いも発生させてしまいます。しかし、紙巻きタバコと比較するとタールの発生量を少なく抑えられることがメリットとされているのです。

加熱式タバコとしてよく知られている製品には「IQOS(アイコス)」や「glo(グロー)」、「Ploom TECH(ブルームテック)」などがあります。Ploom TECHに関してはVAPEに近い仕組みを採用しており、リキッドを加熱して発生したエアロゾルを、タバコ葉を詰めたカプセルに通過させて吸引するというものです。この方式のため、Ploom TECHは他の加熱式タバコ製品よりもタバコ臭さが少ないといわれています。

VAPEのリキッドの種類

VAPEの種類は大きく分けて、ニコチンを含まないものと含むものの2つに分けられます。ここでは、それぞれのリキッドが持つ特徴について説明します。

ニコチンを含まないタイプ

日本国内の実店舗や日本のネットショップで販売されているリキッドはニコチンを含まないタイプのみです。簡単に入手できるため、気軽にVAPEを楽しむことができます。見た目や使用している姿は紙巻きタバコや加熱式タバコと似ていますが、実際に吸引しているのはリキッドの気化したエアロゾルだけです。ノンニコチンのリキッドを使用すればニコチンの害に関しては心配せずに、種類が豊富にあるフレーバーの香りや味だけを満喫できます。

ニコチンを含むタイプ

一方、ニコチン成分が配合されたVAPEリキッドもあります。この場合においても、VAPEではタバコ葉でなくリキッドからニコチンを摂取することになるのです。ニコチン入りリキッドのVAPEを使用することによって、紙巻きタバコや加熱式タバコを喫煙するのと同じような感覚で吸引を楽しむことができます。かつ、タバコ特有の悪臭やコストといったタバコ製品にまつわるデメリットを回避することも可能です。

ただ、ニコチン入りリキッドは薬事法上では医薬品として扱われるため、日本国内での販売や譲渡が禁止されています。とはいえ、日本でもニコチン入りリキッドを入手することは可能です。その方法については後で説明します。

VAPEの健康への影響

それでは、VAPEを使用した場合に健康にはどのような影響があるのでしょうか。ここでは一般的にいわれている説を紹介します。

ニコチンを含まないリキッドを使用する場合

VAPE用のリキッドのほとんどはプロピレングリコール(PG)と植物性グリセリン(VG)を混ぜて製造されているものです。

プロピレングリコールは溶剤としてすぐれた性質を持つ二価アルコールで、日常生活に欠かせないといわれるほど多くの製品に使用されている化学物質です。少々の粘着性があり、防腐剤や保湿剤、甘味料や乳化剤としてさまざまな食品や化粧品などに使用されています。たとえば、くん製やケーキ、餅や化粧水、乳液などの基礎化粧品にはプロピレングリコールを使用した製品も多いのです。プロピレングリコールは水よりもはるかに沸点が高く凝固しにくいため、不凍液や冷媒にも使用されています。色や臭いはないため、成分表を見なければプロピレングリコールが使用されているかどうかを知ることは難しいでしょう。

プロピレングリコールは食品に使用されるほどですから、過剰に摂取しなければ人間の健康に悪影響を及ぼすことはないといわれています。ただし、あまりにも多くの製品に使用されていることにより、意識して避けるようにしないと過剰摂取になりやすいことも警告されています。また、プロピレングリコールが多めのリキッドを吸引したところ、口の中にアレルギー反応が出たという報告もあるのです。加えて、プロピレングリコールが猫にとって有害な化学物質であることは獣医師や愛猫家の間でよく知られています。体の小さい子どもやペット、妊婦や高齢者、病気の人などは微量の物質でも健康への悪影響が及びやすいため、VAPEリキッドやエアロゾルにはできるだけ触れさせないように配慮しましょう。

植物性グリセリンは、マレーシアや南米などで栽培されているパームヤシなどを原料として作られる成分です。具体的には、植物に含まれている中性脂肪(トリアシルグリセロール)をグリセリンと脂肪酸に加水分解して人工的に抽出して作られます。保湿効果や甘味を持つため、保湿剤や甘味料、軟化剤として食品に添加されることも多い物質です。また、古くから化粧品の保湿剤や脳圧降下薬、目薬、利尿剤など医薬品にも使用されています。一般的には、プロピレングリコールよりも植物性グリセリンのほうが安全性は高いという説が有力です。

とはいえ、植物性グリセリンに健康リスクが皆無とは断言できません。急性毒性試験ではラットを使った動物実験により、半数致死量が体重1kgあたり2万7200mgという結果が出ています。一度に大量摂取しても半数は生き残るということで急性毒性はないといわれていますが、長期間にわたり摂取して体内に蓄積された場合にどのような影響が出るのかはわかっていません。

さらに、植物性グリセリンを沸点まで加熱すると劇物指定されているアクロレインに変化する点を健康リスクとして挙げる説もあります。VAPEにおいてアクロレインの生成は今のところみられませんが、なぜアクロレインが発生しないのかという検証結果がまだ出ていないためです。ちなみに、加熱式タバコについては紙巻きタバコとほぼ同量のアクロレインが検出されたという調査結果がスイスの学者から発表されたことが日本禁煙学会より報告されています。

プロピレングリコールにしても植物性グリセリンにしても、長期間に摂取して体内に蓄積された場合の健康リスクについては、まだわかっていないことが多くあります。また、明らかに健康に悪影響であるという根拠が示されたわけでもありません。今後、数年~数十年にわたる検証の結果が出るまでは、ある程度のリスクがあると考えておくほうが良いかもしれません。

ニコチンを含むリキッドを使用する場合

VAPEでニコチン入りリキッドを使用するときは、紙巻きタバコを喫煙するとき以上にニコチンの有害性に留意する必要があります。ニコチンには強い神経毒性があり、毒物に指定されている猛毒の化学物質です。また、タバコへの依存性を高める物質としてもよく知られています。

血液中にニコチンが取り込まれると全身に広がっていき、自律神経に影響を与えるのです。具体的には、「報酬系」と呼ばれる神経回路に作用して心地よさを感じさせ、それと同時に血管を収縮させて血流の停滞や血圧上昇を引き起こします。すなわち、ニコチンは心筋梗塞や脳梗塞など循環系に深刻な影響を及ぼす場合があり、習慣的に摂取することによって命にかかわる事態もありうるのです。ニコチンそのものには発がん性が証明されてはいませんが、ニコチンが分解・代謝される過程で発生する物質のニトロソアミン類には発がん性があることも知られています。

VAPEを使用するメリット

VAPEには、従来のタバコ製品にはないメリットもたくさんあります。ここでは、VAPEの持つメリットについて、主な5つのポイントを説明していきます。

フレーバーが豊富

VAPEの特徴として、フレーバーの種類が非常にたくさんあるという点が挙げられます。タバコ味のレギュラーフレーバーやメンソール系フレーバーだけでなく、デザート系やフルーツ系、コーヒーやハーブ系、炭酸飲料やエナジードリンク系まであるのです。普通のタバコのような味が好きな人はタバコ味のフレーバーを選んでも良いですし、VAPEデビューをきっかけとして他の味と香りの良さに目覚める人もいます。女性にはストロベリーやライム、トロピカルフルーツなどフルーツ系を好む人が多いですが、これらのフレーバーは男性が吸ってもおいしく感じることも少なくありません。また、メンソール系だけを例にとっても爽快感の強いハードメンソールからまろやかなマイルドメンソールまで選択肢が豊富です。

このように、VAPEリキッドにはありとあらゆるジャンルのフレーバーがあり、それぞれのジャンルでも個性的な味と香りの商品が次々に登場しています。VAPEを使用する場所や目的、気分などに合わせていろいろなフレーバーを楽しめることがVAPEの最大の魅力といって良いでしょう。

好みの吸い方に合わせられる

VAPEの楽しみ方は人それぞれです。紙巻きタバコの代替品として紙巻きタバコにできるだけ似た吸い方をしたい人もいれば、VAPEにしかできない吸い方を楽しみたい人もいるのです。好みや気分に応じて吸い方に変化を持たせることができるのもVAPEの面白さといえます。

また、リキッドを選ぶ基準として、主にどんな吸い方をするか決めることも重要です。VAPEリキッドはプロピレングリコールと植物性グリセリンをブレンドした製品が多く、それぞれの配合割合によって、適した吸い方が決定します。

プロピレングリコールは主にリキッドの味わいに影響するもので、プロピレングリコールの配合比率が高いほどリキッドの味がしっかりと感じやすくなるのです。同時に、プロピレングリコールが多いリキッドはエアロゾルの量は少なめに、ストローキックは強めになります。それから、ニコチンを多く含むリキッドを使いたい場合や、ノンニコチンのリキッドと混ぜて使いたい場合も、プロピレングリコールが多めのリキッドを選ぶと良いでしょう。また、植物性グリセリンの配合比率が高いリキッドは大量のエアロゾルを発生させることができ、爆煙を楽しみたい人に向いています。ちなみに、エアロゾルの量はVAPE本体の調整機能によっても変化する要素です。

タバコ特有の臭いがない

紙巻きタバコのデメリットの1つに、タバコ特有の悪臭があります。あの臭いはタバコ葉の樹脂が燃えて有害物質タールに変化することで発生するもので、「ヤニ臭い」と表現されることもあるのです。加熱式タバコの場合は紙巻きタバコよりもタバコ臭さは抑えられるとされていますが、タバコ葉を使用している以上、実際には臭いが気になることも少なからずあります。

それに対して、VAPEはもともと、タバコ葉を使用していません。フレーバーを添加したリキッドを加熱してエアロゾルを発生させ、それを吸引するという仕組みになっています。ですから、タールも発生せず、タバコ独特のイヤな臭いも煙も出ません。そのため、喫煙後の臭い対策も不要になります。紙巻きタバコの場合は髪の毛や服、手などにタバコ臭が付いたり、口臭の原因になったりするのがデメリットです。また、タールは粘着性が高く染みつきやすいため、喫煙直後の部屋の空気に悪臭が漂うだけでなく、部屋の壁紙やカーテンなどに長くタバコの臭いが残ってしまいます。しかし、VAPEならタバコ臭は発生せず、フレーバーの香りがかすかに漂う程度です。

ただし、香りに関する好みと感受性は人それぞれ異なり、一般的に良い香りとされているものでも人によっては不快に感じられる場合もある点には配慮したほうが良いでしょう。自分が発する香りや臭いには鼻が慣れて感じにくくなるため、自分で嗅ぎ取れる以上に他人には臭いが伝わっていると意識しておくほうがトラブルを回避できます。

費用を低額に抑えられる

VAPEはコストパフォーマンスが良いことも大きなメリットです。紙巻きタバコや加熱式タバコの場合は1箱につき500円前後のコストがかかるため、1日に1箱吸った場合は1カ月あたり1万~1万5000円程度の負担が生じます。それに比べて、VAPEで1カ月にかかるリキッド代は2,000円程度です(15ml入りで1,000円のリキッドを1日1ml消費するとして試算)。VAPEのコイルは消耗品なので交換する必要がありますが、せいぜい、1カ月に500円程度で賄うことができます。

VAPEを使用するためには本体が必要ですので、最初は本体とリキッドがセットになっているスターターキットを数千~1万円前後で購入しなければなりません。しかし、以降はリキッドとコイルだけを購入すれば良く、1カ月あたりのランニングコストは2,500円程度です。紙巻きタバコや加熱式タバコのランニングコストが1カ月あたり1万円以上になることを考えれば、VAPEの維持費はとりわけ安いことがわかります。紙巻きタバコや加熱式タバコを吸っている人はVAPEに切り替えることによって大幅に節約ができるようになるのです。

無理なく禁煙を目指しやすい

VAPEは禁煙補助器具として用いられることもあります。タバコをなかなか止められない人はニコチン中毒による離脱症状が原因でもありますが、それ以上に精神的な依存から禁煙に挫折するケースが多いのです。VAPEは紙巻きタバコの煙に似たエアロゾルを吐き出すことができるため、ニコチンを含まないリキッドを吸引しても紙巻きタバコを吸っているような感覚を得られます。禁煙中の人が苦痛を覚える「口さみしい」「手にタバコを持っていないと、なんとなく落ち着かない」というイライラ感は、VAPEに置き換えることによって減らせるのです。

また、VAPEには、少量のニコチン含有量のリキッドを使用しても紙巻きタバコよりニコチンの刺激を感じやすいという特徴があります。そのため、ニコチンの摂取量を減らすことにも成功しやすいといわれています。

VAPEを使い始めたことをきっかけに紙巻きタバコや加熱式タバコの喫煙量を減らすことができた人や、完全な喫煙に成功したという人も少なくありません。ただし、VAPEを活用して完全なニコチン断ちを目標とする場合でも、焦りは禁物です。禁煙外来にかかって禁煙する場合も、段階を踏みながら少しずつニコチン摂取量を減らす方法を取ります。VAPEによる禁煙においても同様に、ある程度の期間をかけてニコチンを摂取しないことに少しずつ慣れていくようにしましょう。

VAPEを使用する際の注意点

VAPEを安全かつ快適に使用するためには、いくつかの注意点があります。ここでは、主な6つのポイントについてくわしくみていきましょう。

こまめに手入れする必要がある

VAPEのコイルは消耗品であり、2~3週間ごとに交換しなければなりません。原則として、コイルは洗って何度も使うことはせず、新しいものに交換したほうが良い性質のパーツです。コイルを交換するタイミングの目安は、VAPEを吸引していて焦げた味がするようになったときやエアロゾルが出にくくなったときとなります。

また、リキッドを充てんするタンクも、時々はプロピレングリコールを使用して洗浄したほうが、きれいな状態を保つことができます。特に、フレーバーを別のものに変えた場合にはタンクを洗浄しましょう。プロピレングリコールは猫が摂取すると深刻な病気の原因になるとされているため、猫を飼っている人は猫が入ってこられない場所で洗浄作業をするほうが安心です。その際は作業後にしっかりと手を洗って服を着替えるなどの配慮もすれば、さらにリスクを減らすことができます。プロピレングリコールを付けたままで猫と触れ合うことがないように注意しましょう。

それから、本体やマウスピースの汚れを落とすためには無水エタノールを使うと便利です。本体はデリケートな電子機器のため水にぬらすと不具合の原因になりますが、無水アルコールには水分が含まれていないため安心して使うことができます。マウスピースは口に直接くわえる部分ですので、こまめに拭き取って衛生的な状態に保つようにしましょう。

リキッドを変えても前の味が残ることもある

VAPEでエアロゾルを発生させる仕組みは、コイルの中にあるウィック(コットン)にリキッドを染み込ませ、コイルを加熱することによって気化させるというものです。そのため、別のフレーバーに変えた場合にはそれまで使用していたリキッドの味や香りがコイルに残ってしまっている場合もあります。あまり気にならなければ、そのまま使用を続けるうちに味がだんだんと切り替わっていくものです。

しかし、いつまでも味が残るなど気になる場合は、コイルそのものを交換したほうが良いでしょう。特に、スイーツ系のリキッドを使用した後にメンソール系のリキッドに変えた場合は違和感を覚えやすいといわれています。この場合は最初からコイルを交換しておいたほうがおいしく味わうことが可能です。使い方に注意して、それぞれのリキッドが持つ味を満喫しましょう。

リキッドは厳重に保管したほうが良い

VAPEを使用するにあたって、自分と周囲への健康リスクを減らすために、リキッドの管理には厳重な注意が必要です。

リキッドの賞味期限は明確に定められているわけではありませんが、おいしく吸引できるのは1年程度とされています。1年以上経過するとフレーバーの香りや味が劣化して本来の楽しみ方ができなくなってしまうケースもあるので、できるだけ1年以内に使い切るようにしたほうが良いでしょう。また、リキッドを開封すると空気に触れるため、しばらく経つと色が変わってくることもあります。ただ、この場合は味に変化はないとされており、そのまま使用を続けても問題はありません。

ニコチン入りリキッドの管理については、紙巻きタバコよりもさらに厳重な注意を払って取り扱う必要があります。ニコチンには強い毒性と習慣性があるため、万が一、飲み込んでしまった場合は非常に危険です。急性ニコチン中毒の症状としてはめまいや吐き気、腹痛などがあります。また、ニコチンには血管を収縮させて血液の流れを停滞させる作用があり、それが引き起こす健康への悪影響は非常に多いのです。比較的、軽い症状としては肩こりや頭痛、肌荒れや冷え性などがあります。さらに深刻な症状には腎臓病や動脈硬化、心筋梗塞や狭心症、脳卒中などもあり、命にかかわるようなケースも報告されているのです。

紙巻きタバコは一目でタバコとわかるため、わざわざ口にする人はいないでしょう。しかし、VAPEはまだ新しいし好品のため喫煙習慣のない人にはあまり知られておらず、それほど危険なものだとわからないケースが多いのです。特に、リキッドはオシャレなボトルに入っていたりラベルが英語で書かれていたりするため、アロマオイルや化粧品などと勘違いされてしまう可能性があります。さらに、食品添加物のような香りをつけたニコチン入りリキッドもあるため、それがVAPE用のリキッドだと知らない人が誤用や誤飲する可能性もあるのです。

たとえば、バニラエッセンスのような食品用香料と間違えて料理に使ってしまったり、甘い香りにそそられて子どもがなめてしまったりするおそれもあります。ですから、同居の家族全員に対してニコチン入りリキッドの危険性を十分に説明しておくことが大切です。また、小さな子どもや認知症の人、ペットなどの手が届く場所にVAPE本体とリキッドを放置したり収納したりしないように、厳正に管理する必要があるでしょう。

さらに、リキッドは液体であるため、リキッドの詰め替えをするときにこぼれたりVAPE本体から液漏れしたりする可能性もあります。ニコチンは皮膚からも体内に浸透する性質を持っているため、下手をすると急性ニコチン中毒を起こす場合もあります。特に、小さな子どもやペットは体の位置が低いため、椅子・テーブルの足や床などにこぼれた毒物に接触しやすいのです。ですから、ニコチン入りリキッドをVAPEに使用する場合はメンテナンス作業中や使用中、持ち歩く最中など、常に気を抜かないようにする必要があります。ニコチンが毒物に指定されるほど危険な物質であることをしっかりと自覚した上で、取り扱いには十分な注意を払いましょう。

具体的な対策として、ニコチン入りリキッドを補充する作業をするときには手袋を着用し、こぼさないように気をつけながら作業をすることなどが挙げられます。もしも、少しでも肌に触れてしまった場合は、流水でよく洗い流しましょう。また、周りにこぼれていないかよく確認し、念のため拭き掃除などもしておくほうがより安全です。さらに、リキッドの瓶やVAPE本体からの液漏れするケースは珍しくないため、その点にも用心しておきましょう。万が一、ニコチン入りリキッドが液漏れしてしまった場合のリスクを最小限に抑えるために、リキッドやVAPEはあらかじめ、専用ケースに入れておくほうが安全です。子どもなどが簡単に開けることができないようなニコチン入りリキッド専用ケースなども販売されているので、そういった商品を利用したほうが良いかもしれません。

どんなに気を付けていても、ニコチン入りリキッドを所持している以上、ニコチン中毒になるリスクはゼロではありません。万が一、家族などがニコチン入りリキッドを少量でも口に入れてしまった場合は、すぐに口を水ですすがせ、病院に連れて行きましょう。それから、ニコチン入りリキッドが皮膚に付いてしまった場合、すぐに流水でよく洗い流すことに加えて、しばらくの間は体調に変化が生じないか様子を見たほうが良いといわれています。

ニコチンが配合されていないリキッドについても、取扱いや保管場所には注意が必要です。リキッドの主要添加物であるプロピレングリコールや植物性グリセリンを過剰摂取した場合、人体への悪影響が懸念されるという説もあります。特に、プロピレングリコールは猫の健康を害することが知られている物質です。健康な成人男性なら深刻な健康被害が出ない程度であっても、体の小さな子どもやペット、体力や免疫力の低い高齢者や病人などには影響が出やすいケースもあります。ニコチンが含まれているかどうかを問わず、VAPEリキッドはくれぐれも注意深く扱うようにしましょう。

ニコチンの濃度が低いものから使う

ニコチン入りリキッドのVAPEを使ってみたいと考える人の中には、それまでは紙巻きタバコや加熱式タバコを使用していたという人も多いのではないでしょうか。そして、いままで吸っていたタバコのニコチン量に合わせてニコチン入りリキッドを選ぼうとするかもしれません。しかし、VAPEの初心者はニコチン濃度の低いリキッドから試すようにしたほうが良いのです。というのも、紙巻きタバコとVAPEではニコチンの感じ方に差があり、VAPEのほうが少ないニコチン含有量でも刺激を多く感受するといわれています。ですから、人によってはVAPEではニコチンの刺激が強すぎて吸えないケースもあるのです。

エアロゾル化するニコチンの量はVAPEの種類やメーカーによっても違いがあります。ものによっては一度にエアロゾル化されるニコチンの量が多めとなり、その分、のどへの刺激もより強く感じることになるのです。ですから、紙巻きタバコや加熱式タバコでニコチンを摂取した経験がある人でも、VAPEを初めて使用する場合はニコチン含有量が最低限のリキッドからスタートしたほうが良いでしょう。

同じフレーバーでもニコチン含有量に数段階が設けられている商品も多くあります。ニコチン含有量は「~mg/ml」または「~%」と表記されることが多く、単に「~mg」とある場合は1ml(100mg)あたりの含有量という意味です。一般的には、0mg(ニコチンを含まない)・3mg(0.3%)・6mg(0.6%)・12mg(1.2%)・18mg(1.8%)といったニコチン含有量の段階が設定されています。しかし、同じメーカーの商品でもフレーバーによってはニコチン含有量の段階設定数が少ないものもあります。

タバコと同じマナーを守って吸う

VAPEを使用するときは紙巻きタバコや加熱式タバコを喫煙するときと同様に、周囲への配慮が必要です。VAPEはまだ新しい嗜好品のため、紙巻きタバコや加熱式タバコとの違いが社会的に認知されていない場合があります。また、見た目だけではVAPEを吸っている姿が紙巻きタバコや加熱式タバコを吸っている姿はほとんど変わりません。それに、VAPEであることを理解できる人であっても、使用しているリキッドがニコチンを含んでいるかどうかは知りようがないのです。そのため、近くでVAPEを使用されると誤解されたり、要らぬ不安を感じさせたりするおそれがあります。

一般的に、VAPEは公共機関や公共スペースでの使用は不可です。JR東日本などは構内でのVAPE使用を禁止としており、ホテルや飲食店も同様の傾向にあります。飲食店などで使用する場合は喫煙エリアで使用するか、分煙になっていない場合は店員や周囲の利用客に許可を得てから使用するようにしたほうが、トラブルを回避できるでしょう。

それから、VAPEにはタバコの悪臭はありませんがフレーバーの香りは多少周りに漂いますし、中には化学物質過敏症などデリケートな体質の人もいるかもしれません。加えて、VAPEリキッドに使用されている化学物質が猫に深刻な健康被害をもたらすことは獣医師や愛猫家の間ではよく知られています。そのため、猫と日常的に接している人は近くでVAPEを使用されることを嫌がる可能性が高いのです。そういった人が自分の周囲にもいるかもしれないことに配慮し、マナーと思いやりを忘れないように気を付けながら、気分よくVAPEを楽しみましょう。

また、外国諸国の中にはVAPEを含む新型タバコの持ち込みを禁止している国もあり、知らずに持ち込んだ日本人旅行者の中から逮捕された人も出ています。そういった例としてはタイでのケースが多く、海外旅行が好きなベイパーの間で話題となりました。タイの他にもVAPEを禁じている国はあるとみられます。なお、法律が変更されることもよくあるため、どの国にせよ外国に渡航する際は、持ち込み禁止品についてあらかじめ確認することが必要です。

日本国内でニコチンの売買はできない

薬事法により、日本国内でのニコチン販売や譲渡は禁止されています。および、ニコチン自体も劇物取締法で毒物に指定されている猛毒です。そのため、日本国内の電子タバコ専門店などではニコチン入りリキッドは販売されていません。ニコチン入りリキッドを入手したい場合は海外を経由する必要があるのです。

VAPEのニコチン入りリキッドを入手する方法

ここでは、ニコチンが配合されたVAPEリキッドを手に入れる方法について、2つのパターンを紹介します。

海外で購入して持ち帰る

ニコチン入りリキッドは日本国内では流通していませんが、外国では規制されていない場合もあり、ニコチン入りリキッドを合法的に購入できる国もあります。しかし、購入したニコチン入りリキッドを日本国内に持ち込むためには、税関申告をすることが義務付けられています。ニコチンを含むリキッドやカートリッジなどの合計量が120ml以下であれば持ち込みが可能です。また、購入金額が1万6000円までは免税対象範囲内のため関税が課税されることはありません。

海外出張や海外旅行に行く機会が多い人にとっては、この方法が最も手軽にニコチンリキッドを入手する方法といえます。しかし、海外に行く機会がない人にとっては、ニコチン入りリキッドを買う目的だけのためにわざわざ海外旅行に行くというのもコストと手間がかかりすぎるため、現実的には難しい方法でしょう。

サイトを経由して個人輸入する

それでは、日本国内にいながらにしてニコチン入りのVAPEリキッドを購入したい場合、どのような方法があるのでしょうか。答えは、VAPE専門店のインターネットサイトを介して個人輸入することです。たとえば、VAPE本体とリキッドを専門に販売するインターネットサイトの「LIBERTY FLIGHTS」を利用することもできます。サイト内の表示はすべて日本語や日本円でされているのでわかりやすく、安全にニコチン入りリキッドを個人輸入することが可能です。VAPEのデバイスやリキッドの他にも、消耗品やアクセサリーなども購入できます。

リバティフライツ日本語版公式サイトを経由してイギリスからニコチン入りリキッドを個人輸入する場合は、リキッドの代金に加えて送料も必要です。配送会社でRoyalmailを利用する場合は2,400円、DHLを利用する場合は3,800円の送料がかかります。

VAPEを個人輸入する際に押さえておきたいこと

ここでは個人輸入について、また、VAPEを個人輸入するときに頭に入れておいたほうが良いポイントについて整理し、具体的に説明していきます。

個人輸入とは?

まず、個人輸入とはどのようなものであるかについて明らかにしていきましょう。

個人で海外の製品を輸入すること

実は、「個人輸入」という言葉にははっきりとした定義がされているわけではありません。一般的には、日本国外のメーカーや小売店、通信販売会社などから個人が直接、製品を購入して日本に持ち込むことを意味しています。個人輸入については関税法によって細かく定められた規制が存在し、無許可での輸入が禁止されている品目もあるのです。また、輸入そのものは禁止されていなくても輸入できる数量に制限があるものや一定量を超えると課税の対象になるものもあります。そして、個人輸入は手続きを行う本人が個人的に使用するものに限定される場合がほとんどです。

よく知られている例では、海外旅行から帰国したときに紙巻きタバコや加熱式タバコなどの持ち込み量を申告することがあります。2019年4月現在、免税で日本に持ち込めるのは紙巻きタバコのみの場合は400本まで、加熱式タバコのみの場合は20箱まで(1箱が紙巻きタバコ20本相当の場合)です。ちなみに、2021年10月1日以降は免税範囲が半分に縮小され、紙巻きタバコは200本まで、加熱式タバコは10箱までに変更されます。

主な輸入形態や輸送方法

個人輸入を行う方法としては主に2通りに分かれます。第1の方法は、海外旅行の際に外国の小売店で購入したり、海外のメーカーや通信販売会社にネットショップやメールを介して直接オーダーして購入したりといったやり方です。第2の方法としては、個人輸入を代行する業者にオーダーすることになります。ニコチン入りのVAPEリキッドをインターネットサイトから個人輸入する場合もこの方法に該当する例です。

また、個人輸入をして海外から商品を配送する方法としては、国際郵便・国際宅配便・一般貨物として航空便や船便を使用するという3通りがあります。

VAPEを個人輸入する際の注意点

ここでは、個人輸入を行うときに注意が必要となる4つのポイントについて説明します。

輸入量には制限がある

個人としてニコチンを輸入できる量には制限が設けられているため、その点に気を付けておかないとオーダーの手続きをしても商品を受け取れない場合があります。個人輸入が認められるニコチンリキッドの量は1回の個人輸入につき120ml程度までです。これは、一個人が自分のためだけに使用する量として試算した1カ月分の量に当たります。

「数カ月分、数年分をまとめて個人輸入できれば便利なのに」と思う人も多いかもしれません。しかし、個人使用の1カ月分相当量を超えるニコチン入りリキッドやカートリッジを個人輸入するためには「薬監証明」を取得する必要があります。薬監証明を取得するには、地方を管轄する厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に届け出をして認可されなければなりません。届け出をしたからといって必ず認可されるとも限らないでしょう。

そして、1回の個人輸入でニコチン入りリキッドやニコチン入りカートリッジの合計量が120mlを超えていると税関の保税エリア倉庫で留め置きになり、自宅への配送が中断されてしまうのです。また、1回の輸入可能量が120mlであっても輸入間隔が短い場合は「個人が1カ月間に使用すると推定される量」を超えるとみなされます。その場合も、やはり、税関で止められてしまう可能性が高いといわれているのです。ニコチンリキッドを個人輸入するときは、くれぐれも輸入する量とタイミングに注意しましょう。

信頼できるルートを使ったほうが良い

VAPEリキッドのメーカーは中国や東南アジアから欧米まで世界中にあり、商品のクオリティは千差万別となっています。また、VAPEリキッドは種類が非常に多いため、有名ブランドを装った偽物と正規品の見分け方も容易ではありません。そのため、信頼できるインターネットサイトなどを利用して購入したほうが安全といえます。

商品価格や送料などの安さだけに注目して選んだり経営実態が不明なインターネットサイトから購入したりすると、偽物をつかまされるリスクも上昇するでしょう。クオリティが低く安全性に疑問の残るリキッドを使用すると、自分や周囲の人やペットの健康に悪影響が及ぶこともあります。

さらに、個人輸入の手続き上で住所や氏名、クレジットカード情報やペイパル決済用のメールアドレスなどの決済に関する情報を相手に知らせることになる点も警戒したほうが良いでしょう。信頼性の低いルートで個人輸入を行えば、クレジットカードの不正利用や個人情報の漏えいといった予想外のトラブルに巻き込まれるおそれもあるのです。そのような事態で外国人や外国企業を相手にクレームして問題を解決することは、一般的には非常に手間がかかります。

その点、イギリスを拠点として世界中に展開しているVAPEメーカーである「LIBERTY FLIGHTS」の日本公式ネットショップなら安心して利用することが可能です。イギリスの自社工場で厳しい品質管理で製造されている正規品のみが販売されているため、ハイクオリティなリキッドを確実に入手できます。

到着までに時間がかかる

国内で通信販売を利用する場合でも、配送にはある程度の日数がかかります。それが海外からの配送となると、より長い日数を要する場合もあるのです。日本国内の主要国際空港と自宅など配送先の位置関係にも左右されます。さらに、個人輸入された品物は日本に到着後に輸入(納税)申告手続きが行われ、必要に応じて税関審査や内容検査も実施されるのです。そういった手続きを経て輸入許可証が下りると、やっと正式に日本国内への引き取りが行われます。審査や検査に日数が必要な場合もあり、それによって引き取りまでの日数も延長されるため、配送先に品物が到着する時期も遅くなるのが必然です。

品物が到着するまでに要する日数の目安として、イギリスで郵便事業を行っている業者「Royalmail」の場合は1~2週間くらいを見ておきましょう。また、ドイツの国際郵送物流会社である「DHL」で配送する場合は5日くらいが目安とされています。到着する時期がいつ頃になりそうかをあらかじめ把握しておけば、届かないといって気を揉むことはありません。逆に、目安となる到着時期を過ぎても届かない場合などは、何らかのトラブルが発生して到着が遅れている可能性に早めに気付いて確認することもできます。

返品や交換ができるのは不良品のみ

個人輸入は海外のメーカーや店舗、インターネットサイトと直接の取引を行うため、万が一、トラブルが発生した場合には自分1人の力で対応しなければなりません。それが個人輸入において最も大変な点といえるでしょう。日本の企業やお店との取引であれば、自己都合による返品や交換を依頼できるケースが一般的になっています。しかし、海外から個人輸入をする場合は、インターネットサイトを経由して取引をする場合でも、原則として返品や交換が不可能なケースが多いのです。消費者を保護する最低限のラインとして、オーダーした内容と違う商品や不良品が届いた場合のみ、交換ができるとしているインターネットサイトが大半です。

VAPEを使うなら安全な方法で入手しよう!

VAPEには紙巻きタバコや加熱式タバコが持たない多くのメリットがあります。特に、VAPEのリキッドではニコチンが入っているものも入っていないものも選ぶことができるので、目的や好みに応じて変化に富んだ楽しみ方ができることが大きな魅力です。そして、VAPEを購入するためには信頼性の高いメーカーとインターネットサイトを選ぶことが大切といえます。日本人ユーザーが安心して利用できるLIBERTY FLIGHTSで、安全にVAPEを入手しましょう。

リバティフライツはこちら>

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer