メニュー

新規会員登録で1000円クーポンプレゼント

英国の多くの若者が電子タバコを使用しているのか

安全性
share on
多くの若者が電子タバコを使用しているのかどうか

英国リバティーフライツ社の記事となりますので、英国においての情報となります。

電子タバコは相変わらず人気がありますが、多くの若者が電子タバコを使用しているのかどうか。

最近の電子タバコの調査結果

近年、電子タバコの使用が急増しています。 禁煙健康増進協会(ASH)によると、2012年に70万人だったユーザーが、2019年には360万人となっています。

多くの喫煙者は、電子タバコの助けを借りて禁煙する方が増えています。また、いくつかの研究により、電子タバコ使用は喫煙よりも健康に害が少ないことが示されており、これは医療機関に受け入れられています。 しかし、若者(英国18歳未満)は、たとえ喫煙しなくても、電子タバコに惹かれる可能性があるのではという懸念がありました。

英国の若者の間での電子タバコ使用に関するASHが発行した最近のレポートを受け、多くの若者が電子タバコを使用しているのかどうか調査結果を調べました。

電子タバコ使用 対 タバコ(喫煙)

特に近年では、成人による電子タバコ使用は、電子タバコが販売されて以来かなり増加しています。同時に、成人だけでなく、若者もタバコの使用は減少傾向にあります。2010年には、16〜18歳の17%が喫煙していましたが、2018年には12%に減少しました。しかし、この喫煙の減少は、18歳未満の電子タバコの使用増加を示しているのでしょうか。

18歳未満の若者が電子タバコを認識しているのかどうか

若者はますます電子タバコを知るようになってきています。 2013年において11〜18歳の67%が電子タバコが何なのかを知っていましたが、 2015年までにはその率が93%に達し、2019年もこの高い率を維持しています。

若者の間での電子タバコの使用

11〜18歳の人は、電子タバコをよく知っていますが、2019年に電子タバコを試したのは、この年齢層の中では15.4%でした。 その理由の52.4%が「試してみただけ」で、その中の1%が「試してみた」理由は「かっこよく見えると思った」からでした。

また、このレポートは、電子タバコを試してみた若者は、以前に喫煙した可能性がかなり高いことを示しています。 11〜18歳の喫煙をしない人の大多数(93.8%)は、電子タバコを使用したことがない(87.8%)か、電子タバコを知らない(6.0%)かのいずれかです。

11〜18歳の一部の人が電子タバコを試しましたが、週に1回以上使用している人はほとんどいませんでした(1.6%のみ)。

なぜ電子タバコを使用する若者が少ないのでしょうか。

断言はできませんが、多くの若者が電子タバコはタバコと同じくらい有害であると誤って信じていることと関係があるかもしれません。いくつかの保健機関は、「電子タバコ使用はタバコの喫煙よりも害が少ない」と結論付けています。ただし、2015年には、若者の67%が電子タバコはタバコよりも害が少ないと言っていましたが、2019年には52%に低下しています。

若者の間での電子タバコの使用に関するレポートの結論

電子タバコの使用は、成人で間違いなく増加しています。しかし、ASHのレポートは次のように結論付けています。「特に喫煙経験があったり、電子タバコを試したことのある一部の若者の電子タバコの定期的な使用は低いままです」。

この最新のレポートによって、若者(特に以前に喫煙したことのない人たち)が抱いている懸念を払拭し、電子タバコを手に取ることを願っています。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x 新規会員登録で10000円クーポンプレゼント