電子タバコ関連の死亡記事とその真実。今知るべきことを考える。

安全性
share on
電子タバコ関連の死亡記事とその真実。今知るべきことを考える。

英国リバティーフライツ社の記事となりますので、英国においての情報となります。

この記事では、最近話題となっている、ビタミンEアセテートが絡む"電子タバコ関連の死亡案件"について検証していきます。

ベイプ関連の死亡をとりまくアメリカの最近の状況

疾病管理予防センターは、米国内で、ベイプに関連する1300件の肺損傷症例と26件の死亡ケースを確認しており、そのうちのほとんどの症例でTHC製品が使用されています。

イギリスのベイプ

ニコチン入りのベイプ製品は、イギリスのMHRAによって規制、監視されています。製造業者はリスク分析とすべての成分の公表を義務付けられています。成分中、オイルの使用は禁止となっています。

オイルと肺疾病

オイルを吸入すると、オイルが肺の内壁に蓄積することで、肺から血管への酸素流入を阻害します。これは長年知られている脂質性肺炎と呼ばれる症状です。この症例はベイプ関連の疾病ケースで確認されています。

THC製品にはほかに何が含まれているか?

THC製品は、大麻植物に天然油が含まれているため、オイル由来となります。したがって2018年違法製品として初めて登場したビタミンEアセテートなどの油で溶解する必要があるのです。

一般的になぜ蒸気の吸引(ベイプ)が注目されるのか?

ベイプ(蒸気を発生させる行為)とは、液体を蒸気に替える意味で、用語としては事実上正しいのです。しかし、何が蒸気にとして吸入されているかが重要な問題となります。たとえ食べ物が汚染されていても、食べることを永遠にやめるわけではなく、食事はとり続けるのと同様です。

こうしたことが意味することとは?

UKのベイパーには、イギリスでは、適切な規制と安全策が講じられているため、アメリカのニュースのような悲しい出来事がイギリス国内では起こっていないことを改めて確認して頂きたいです。英国政府は引き続きベイプをサポートし続けますし、Liberty Flightsにおいては製品の高品質をこれからも維持していきます。

最後に

Liberty Flightsの電子タバコリキッドにはオイルが含まれておりません。つまり電子タバコリキッドに油脂や油分が含まれていないのであれば、脂質性肺炎は発症しないということなのです。規制管理されている英国の電子タバコ製品の使用は理にかなっており、リスクを軽減して禁煙する方法なのです。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)ベイプが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer