メニュー

新規会員登録で1000円クーポンプレゼント

車内で電子タバコを吸うことは違法なのかどうか

安全性
share on
車内で電子タバコを吸うことは違法なのかどうか。運転する前に調べましょう。

英国リバティーフライツ社の記事となりますので、英国においての情報となります。

車内で電子タバコを吸うことは違法なのかどうか。運転する前に調べましょう。 違法なのかどうか分からない場合は、車にあなた以外の方も乗車する可能性がありますので調べておきましょう。

電子タバコ使用者や運転手は「車内で電子タバコを吸うことは違法ですか?」と、尋ねることがよくあるそうです。 運転をする電子タバコ使用者にとっては、合法なのかどうかを知ることはとても重要です。 この記事は、多くの人々が求めている疑問を解消することに繋がるかと思います。

罰金や減点はフェイクニュースなのか?

2019年4月、いくつかのニュース報道で、運転中に電子タバコを吸うと、訴えられる可能性があり、最高2,500ポンドの罰金と減点が課せられると記載されていました。 混乱を招くこのような記事が公開されたのはこれが初めてではありません。

何が本当なのでしょうか?

真実は次のとおりです。車内で電子タバコを吸うことは違法ではありません。 しかし、運転中に注意散漫になることで訴えられる可能性はあります。 なお、この違反は、運転中に電子タバコを吸うことだけではなく、タバコの喫煙や飲食などで気が散ってしまう方も該当します。安全運転をするのであれば、運転中に電子タバコを使用するのは違法ではありません。

電子タバコを吸いながら安全運転するために

1、車内の窓を開けること
これにより、蒸気が消えて視界が損なわれなくなります。

2、ニコチン摂取量を減らすこと
ニコチン濃度の高いリキッドを使用し、パフを多くし過ぎると、めまいを起こす可能性があります。

3、電子タバコリキッドのPGとVGの比率を調整すること
VG比率の高いリキッドはより厚い蒸気雲(クラウド)を作るため、運転時にはPG比率の高いリキッドを使用する方が適切です。

車内でのベイプに関するまとめ

まとめると、車内で電子タバコを吸うことは違法ではありません。 ただし、常に安全運転をする必要があります。どこで電子タバコを吸うとしても、責任を持って安全に気を配ってください。これが多くの人々の不安を和らげる助になれば幸いです。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x 新規会員登録で10000円クーポンプレゼント