英国での公共の場で電子タバコ使用は合法か?あなたが知るべき電子タバコあれこれ

安全性
share on
英国での公共の場で電子タバコ使用は合法か?あなたが知るべき電子タバコあれこれ

英国リバティーフライツ社の記事となりますので、英国においての情報となります。

電子タバコ派と非電子タバコ派を考える

英国成人人口の6.2%にあたる320万人が電子タバコを利用していると推定される中、 あなたがその電子タバコユーザーの1人であった場合、公共の場で電子タバコ使用が果たして合法かどうかをご存知でしょうか。明確性を求める電子タバコ事業のオーナーだとしたらどうでしょうか。非電子タバコ派であったとしても、合法か非合法なのかには興味があるかもしれません。

この記事は、英国の公共の場での電子タバコ使用に関する諸説や噂を払拭することになるでしょう。公共交通機関や英国の社交場ともいえるパブでの電子タバコ使用についても、その謎を解消することにつながるかと思います。

共の場での電子タバコ使用は違法ではないが、、、

英国の法律は、パブやレストラン、職場など、ある程度閉鎖的な公共の場所での喫煙(従来のタバコの喫煙)を禁止しています。 しかし、これらの法律は、電子タバコ使用に関しては適用されず、その判断は個々の企業や各組織が個別に策定している電子タバコ使用に関する方針に委ねられています。

電子タバコ使用に関して特定の規定を設けている公共の場で、誰かが電子タバコを使用したとして、その使用を止められたり、その場を離れることを求められたりすることはありますが、電子タバコ使用に対して何かしらの法的措置をとられるわけではありません。

公共交通機関で電子タバコ使用は可能かどうか

原則として、公共交通機関での電子タバコ使用は許可されていません。上記のように、公共交通機関の運行組織次第ではあるものの、英国のバス、電車、航空会社の組織の大半は、電子タバコ使用を禁止しています。 電車内での電子タバコ使用禁止は、概して駅構内での禁止も意味します。

パブでの電子タバコ使用は合法なのかどうか

パブでの電子タバコ使用は違法ではありませんが、電子タバコ使用を許可するかどうかは各パブが設ける方針によります。 完全に電子タバコ使用を禁止しているパブもあれば、電子タバコの使用は許可していますが電子タバコ利用可能な範囲や境界を定めているパブもあります。もしくは屋外での電子タバコ使用のみを許可するパブもあります。

公共の場での電子タバコ使用を規制する英国の法律はないが、英国で販売されている電子タバコ製品への規制はあります

電子タバコ使用の保護のために、英国政府は電子タバコ製品に一定の規制を導入しています。 最大ニコチン量を20mg / mlとする規制も含まれます。 電子タバコリキッドの容器は10ml以下の容量と定められており、アトマイザーとカートリッジの容量は2mlを超えてはいけません。

電子タバコ製品メーカーは、英国政府からの承認を得るために、製品の詳細を政府に提出するよう義務付けられています。書類提出後、一般的に販売許可が下りるまで6か月以上の審査期間が必要となります。さらに政府はそうした電子タバコ製品の広告や販売方法に関しても規制を設けています。

責任ある電子タバコ使用を

英国において、公共の場での電子タバコ使用に関する法律は存在しませんが、社内では電子タバコ使用を認めない方針を持つ企業や、組織内での電子タバコ使用に関する方針のある組織がありますので、電子タバコ使用者はそれらの方針を尊重していくべきでしょう。

まずは、屋内での電子タバコ使用が可能であるかどうかを確認するべきです。もし電子タバコ使用が可能とされているのであれば、以後も維持できるよう、周囲への配慮を欠かさないことが大事です。たとえば、電子タバコの蒸気は周囲の人に向けずに空中に吐き出すことも大事なマナーです。 また、あまりにも非常識な爆煙を吐き出さないようにすることも大事かと思われます。こうしたことは、ここに記さずとも一般常識であり良識あるマナーかと思われます。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)ベイプが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer