電子タバコの爆発は誤った使い方が原因!最近のVAPE爆発事故について

安全性
share on

最近ニュースで取り上げられることが多い電子タバコの爆発ですが通常売っている電子タバコが爆発するわけではありません。自身で改造して使って水蒸気を多く出せるように改造したり非正規品の電子タバコやケーブルを使用して、事故になるケースがほとんどです。誤った使い方をしないように、今回は「爆発」について記載していきます。

メンソール

メンソール

700 円

文句なしのメンソール味!メンソールが好きな方もそうでない方も、間違いなくオススメできるリキッドです。電子タバコ初心者もヘビーユーザーにも、言わずと知れた人気NO.1リキッド!

商品はこちら    

増える電子タバコの爆発事故

ここ数年、電子タバコの爆発事故が増えています。実際に爆発事故は195件、負傷した人数は133人にも及びます。

ここ数年で電子タバコユーザーが確実に増えていろいろなシーンで使用されるケースが増えてきたため、事故報告も増えてきたと思われます。

原因としての一つは「リチウムイオン」と言われています。何らかの原因で、リチウムイオン電池に不可が加わり爆発しているとみられます。それらはアイコス、GLOなども同様な可能性があります。

爆発の原因

原因はさまざまです。原因として挙げられていることをご紹介します。

改造して使用した場合、水蒸気を必要以上に出そうとして改造している場合

使用率の高いアメリカでは、ごくまれに改造して使っている場合があります。事故にあった使用者も自身で改造していることを認めています。バッテリーやアトマイザーの抵抗値を極限までに最大火力で水蒸気を出すような改造をして楽しんでいるコアユーザーが、事故にあうケースは少なくありません。正しい使い方であれば、何の問題もないのですが、危険なユーザーがいるというのも事実です。

非正規品を使用している場合

電子タバコはまれにどこのメーカーかよくわからないものが販売されていることがあります。非正規品やコピー品など、極端に安い電子タバコを使うのはやめましょう。当社で販売している電子タバコは、すべて正規品です。

→スターターキット一覧はこちら

過充電

これはスマートフォンやノートPCなどさまざまなことにいえるので、ここでも記載しておきます。「リチウムイオン電池」を使っている製品であれば、気をつけなければいけないことが過充電です。非公認のケーブルなど誤った使い方をして事故につながるケースです。謎のメーカーの充電ケーブルを使うのではなく、出来るだけ正規品のケーブルを使う用に心がけましょう。

わからないことは調べる

バッテリーと、アトマイザーの組み合わせなどで事故が起きる場合もあります。特に「メカニカルMOD」と呼ばれるハイパワーで使用する場合は、専門知識が必要です。日本国内でも電子タバコショップが徐々に増えてきております。ネット購入でも使い方を教えてくれるお店も多くあります。都内に多いVAPE STUDIOさんなどでは、店舗購入以外の商品でもメンテナンスや組み合わせなどの相談にのっていただけます。お近くにショップがある場合は聞いてみるといいと思います。

自分の電子タバコは安全?

上記のように、いくつかの事故の原因をご紹介しましたが、実際に爆発した電子タバコの原因は不明のものもあります。誤った使い方をして、それに何かしらの出火原因が加わり、事故につながったと思われます。

まとめ

あまり日本では認知の少ない電子タバコですので、害があるんじゃないか、爆発するから怖いなど否定的な意見が多く出てきてしまうのは、仕方ないことだと思います。
しかしながら、電子タバコは、タールや副流煙による害やゴミがでなく、イギリスではニコチン中毒者への医薬品としても認められています。悪い側面だけではなく、いい側面もあります。
私たちは出来るだけ正しい使い方をして、必要以上にに電子タバコ(VAPE)を怖がらず、正しい使い方を知ってもらい、電子タバコを正しく理解していただければと思っております。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer