VAPEの長期使用に害は無いとイギリス電子タバコサミット

安全性
share on

VAPEの長期使用に害は無いとイギリス電子タバコサミットで発表の内容のコラム

「電子タバコは最近出てきたばかりで、長期使用の害がまだわからないから怖いし、安全とは言えない。」 そんな声をチラホラ聴きます。 しかし最新の研究でVAPEの安全性や禁煙効果について明るい報告がされました。 受動喫煙に関する条例やスモハラという言葉など、紙巻き煙草に対しての向かい風が激しい昨今、タールなど有害物質が含まれない電子たばこVAPEへ乗り換えて紙巻き煙草から卒業してみてはいかがでしょうか。 この記事では、VAPEに関する最新の研究結果と、VAPEの禁煙効果などについてご紹介します。

メンソール

メンソール

700 円

文句なしのメンソール味!メンソールが好きな方もそうでない方も、間違いなくオススメできるリキッドです。電子タバコ初心者もヘビーユーザーにも、言わずと知れた人気NO.1リキッド!

商品はこちら    

最新の研究結果「電子タバコの長期使用に害はない。」@ロンドン電子タバコサミット

そんな電子タバコ・VAPEですが、イギリスでは保険省の調査によってその有害性の低さが発表され、国から禁煙補助具として認められて、病院で処方される「禁煙補助薬」となりました。 またイギリス医薬品庁も電子タバコ・VAPEは禁煙補助としての効果が高いとコメントしていることから、イギリスでは電子タバコ・VAPEの禁煙補助としての有用性を認めているようです。 電子タバコ・VAPE市場規模は世界的に見ると約8,280億円と言われており、今後さらに巨大な市場へと発展していくでしょう。 電子タバコ・VAPEに関する研究や理解が進んで日本国内でもその有用性を認められる日は近いかもしれません。

正式に電子タバコを「禁煙補助薬」として認可したイギリス

タバコを吸うことで癌になりやすくなる原因はタールでした。もちろん喫煙者本人は癌になるリスクが高まるわけですが、これは自業自得です。 ところが実際には喫煙者以上に、非喫煙者の方が癌になるリスクが高いです。 タバコ葉から発生したタールは、タバコの煙に乗って空気中に放出されます。この煙を喫煙者は吸うことになりますが、決してそのまま吸っているわけではありません。紙巻きタバコの吸い口にはフィルターが付いています。そのため煙に含まれるタールの多くは、フィルターによって遮断されており、喫煙者はある程度綺麗な煙を吸っているということになります。 では紙巻きタバコの吸い口とは反対側。火をつける方を見てみてください。茶色いタバコ葉がむき出しになっています。つまり紙巻きタバコの先端から放出される煙は、タールを大量に含んだままの煙だということです。 そんな煙を周囲の非喫煙者は吸い込んでしまうのですから、喫煙者以上に癌になるリスクが高いことは言うまでもありません。 さらに三次喫煙というものもあります。タバコの煙が付着したソファやカーテンにはタールも付着し、時間をかけて徐々に空気中にタールが放出され、吸引してしまう現象です。 一度室内でタバコを吸ってしまうと、しばらくの間はタールが放出され続ける環境になってしまいます。

iQOSなどの加熱式タバコは対象外

電子タバコ・VAPEといっても、これらはリキッドを加熱・気化させる喫煙具のことで、iQOSやgloのような加熱式タバコとは別物になります。 電子タバコ・VAPEはタバコ葉を使用せず、タバコ葉の燃焼・加熱もしません。 つまりタバコ葉の燃焼・加熱という過程で発生する有害物質の類が一切発生しないのです。 加熱式タバコはほぼ紙巻き煙草のようなもので、発生する有害物質が少ないとはいえゼロではありません。 その点、電子タバコ・VAPEはアロマのようにリキッドの味や香りを楽しむこともできますし、ニコチンリキッドを使用すれば、有害物質を発生させずにニコチンのみの摂取も可能です。 このようなことから、将来日本で電子タバコ・VAPEは禁煙補助としての有用性を認められても、加熱式タバコは対象外になる可能性が大きいと思われます。

電子タバコでの禁煙のメリット

紙巻き煙草から電子タバコ・VAPEへ乗り換えて禁煙する際のメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。 まず第一に、前章でも述べたように電子タバコ・VAPEでは有害物質が発生しないので、それらを体内に取り込むこともありません。 ニコチンリキッドでニコチンをクリーンに摂取することが可能で、紙巻き煙草で発生する一酸化炭素・タール・ヒ素等とは無縁になります。よって紙巻き煙草に起因するガンやその他の疾患の危険性を大幅に低くすることができます。 第二に、コストパフォーマンスに優れているためお金の節約になります。 電子タバコ・VAPEは初期投資に10,000円ほどで、ランニングコストは紙巻き煙草に比べると非常に安く済みます。 特に大きいメリットはこの2点ですが、実際に電子タバコ・VAPEに乗り換え、紙巻き煙草を止めてみると多くの利点に気づきます。 健康や家計の為にも電子タバコ・VAPEで禁煙を始めるのをオススメします。

イギリスの老舗VAPE用ニコチンリキッドSHOP、LIBERTY FLIGHTSで購入しよう!

記事内で出てきた「ニコチンリキッド」ですが、日本国内での販売・譲渡は法律で禁止されています。 入手するには個人輸入しかありません。 しかし個人輸入には不安やリスクがつきもの。 そこで利用していただきたいのが、イギリスの老舗ショップ「LIBERTY FLIGHTS」。 世界40か国に店舗展開する、信頼性のあるトップブランドで、食品と同レベルの基準規格を採用した安全性も確かな高品質の商品を扱っています。そのため、安心して個人輸入でニコチン入りリキッドを入手することができます。 電子タバコ・VAPEで紙巻き煙草のリスクを減らしたのに、粗悪品を掴まされては意味がありませんし、重大な健康被害を引き起こすかもしれません。 そうならないためにもLIBERTY FLIGHTSで安心・安全な美味しいリキッドを入手してください。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON