有害物質タールが含まれない電子タバコ

安全性
share on

PLOOMTECHはJTから発売されているバッテリー+カートリッジからなる新方式の電子タバコです。日本国内での認知度は高くなりつつありますが、世界的にみればまだまだ低いです。 今回は、PLOOMTECHってどうゆうタバコなの?Vapeとの違いは?など、徹底解剖していきます!

メンソール

メンソール

700 円

文句なしのメンソール味!メンソールが好きな方もそうでない方も、間違いなくオススメできるリキッドです。電子タバコ初心者もヘビーユーザーにも、言わずと知れた人気NO.1リキッド!

商品はこちら    

タバコのヤニや不快な臭いの原因はタール

タバコを吸っていて気になるのは臭いです。 こういった臭いやヤニの原因は「タール」です。タールはタバコの葉を燃やすと発生する物質で、発癌性を持っています。タバコを吸うと癌になりやすいというのは、このタールによる害が原因です。 タールの臭いが洋服や髪の毛にこびりつき、周囲の人も不快にします。さらに歯にヤニとしてこびりつくことで、口臭も強くなってしまいます。そして歯にヤニとして付くということは、タールは体内にも入っているということです。 そう考えると、タバコには何も良いことがないというのは明らかです。

タールは発癌リスクが高く、しかも副流煙に多く含まれる

タバコを吸うことで癌になりやすくなる原因はタールでした。もちろん喫煙者本人は癌になるリスクが高まるわけですが、これは自業自得です。 ところが実際には喫煙者以上に、非喫煙者の方が癌になるリスクが高いです。 タバコ葉から発生したタールは、タバコの煙に乗って空気中に放出されます。この煙を喫煙者は吸うことになりますが、決してそのまま吸っているわけではありません。紙巻きタバコの吸い口にはフィルターが付いています。そのため煙に含まれるタールの多くは、フィルターによって遮断されており、喫煙者はある程度綺麗な煙を吸っているということになります。 では紙巻きタバコの吸い口とは反対側。火をつける方を見てみてください。茶色いタバコ葉がむき出しになっています。つまり紙巻きタバコの先端から放出される煙は、タールを大量に含んだままの煙だということです。 そんな煙を周囲の非喫煙者は吸い込んでしまうのですから、喫煙者以上に癌になるリスクが高いことは言うまでもありません。 さらに三次喫煙というものもあります。タバコの煙が付着したソファやカーテンにはタールも付着し、時間をかけて徐々に空気中にタールが放出され、吸引してしまう現象です。 一度室内でタバコを吸ってしまうと、しばらくの間はタールが放出され続ける環境になってしまいます。

電子タバコのリキッドにはタールが入っていない

またタバコに含まれる他の有害物質も大幅に少ない。 ここまで紙巻きタバコから発生するタールの危険性を見ていきました。ではこれが電子タバコになるとどうでしょうか。 そもそも電子タバコにはタバコ葉も火も使用しません。つまり電子タバコからタールは発生しないということです。 しかし紙巻きタバコからはタール以外にも多くの有害物質が発生すると言います。いくら電子タバコでも、タール以外の物質は発生してしまうのではないでしょうか。 そこで発生する物質の量を、紙巻きタバコと電子タバコで比較してみます。 たとえばアセトアルデヒドという物質。お酒を飲んだ時の二日酔いの原因ともいわれる物質です。このアセトアルデヒドは電子タバコからも発生しますが、その量は紙巻きタバコの450分の1です。 次にトルエンという物質を見てみます。トルエンは高濃度になると毒性が強くなる物質です。これも電子タバコから発生しますが、紙巻きタバコの120分の1の量しか含まれていません。 他にも様々な害がありますが、全ての物質の量を平均しても紙巻きタバコの140分の1の量しか発生しないことが分かっています。 数値で見ると、電子タバコがいかに安全かがわかるのではないでしょうか。

電子タバコを吸ってでる煙は水蒸気なので受動喫煙のリスクがない

電子タバコからは有害物質がほとんど発生しないことがわかりました。つまり喫煙者にとってやさしいと言えるのですが、電子タバコは非喫煙者にとっても優しいのです。 そもそも電子タバコからはほとんど有害物質が発生しないのですから、非喫煙者が有害物質にさらされるということはあり得ません。そのうえ電子タバコからは煙が発生しないのです。 電子タバコから発生している煙のようなもの。実はあれは水蒸気です。電子タバコに使うリキッドを加熱することで水蒸気が発生しているのです。 しかしここで1つの疑問が浮かびます。電子タバコから発生する水蒸気は、水蒸気にしては濃いのです。なぜこのように濃い水蒸気を発生させられるのでしょうか。 それはリキッドに秘密があります。リキッドは単なる水ではなく、グリセリンという成分が含まれています。このグリセリンを加熱することで、濃い水蒸気が発生します。もちろんグリセリンも植物性の安全なものを使用しています。 その証拠に、海外ではタバコの煙と電子タバコの水蒸気を比較する実験が行われたのですが、タバコの煙では肺細胞が死滅してしまったにもかかわらず、電子タバコの水蒸気は、空気を吸うのと同じレベルだという結論がでたのです。 つまり電子タバコは、喫煙者にとっても非喫煙者にとっても優しい喫煙具だと言えます。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer