【世界禁煙デー】タバコ自販機を撤去!?禁煙成功例が続出のVAPEで今こそ禁煙するべき理由とは?

その他
share on

【世界禁煙デー】タバコ自販機を撤去!?禁煙成功例が続出のVAPEで今こそ禁煙するべき理由とは?

世界保健機関(WHO)が定めた5月31日の世界禁煙デーから、省内にあるタバコの自販機を撤去することを、加藤勝信厚生労働相が発表しました。健康や金銭面から、世間では禁煙の流れが進む中、すっかり習慣となってしまった喫煙をいきなりやめるのは難しいものです。有害物質であるタールなどを含まない電子タバコ(VAPE)は禁煙具として作られたものではありませんが、禁煙に成功したという声が数多くあがっています。

タバコが買えない?厚生労働省内での世界禁煙デーとは

5月29日の閣議後の記者会見にて、加藤厚生労働相は世界禁煙デーである5月31日に省内のタバコの買える自販機を撤去すると発表しました。撤去と言っても1台ですが、どうしてこのニュースにこれだけの反響があるかというと、かつての世界禁煙デーの取り組みは「1週間タバコの自販機を停止する」だけでした。しかし、近年の禁煙都条例など、世の中の禁煙の大きな流れを受け、タバコ自販機撤去に踏み切ったようです。

gloやIQOSなどの加熱式タバコ、実は有害物質が"減っただけ"

そもそもなぜ禁煙をするべきなのでしょうか。それはタールなど有害物質が紙巻きタバコには数多く含まれているからです。タバコには4000種類の化学物質が含まれ、その中にはなんと200種類以上もの有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上にものぼります。まさに百害あってなんとやら。
そんな中、熱狂的な人気を獲得しているのがIQOSやgloなど加熱式のタバコです。加熱式タバコとは電子タバコと違い、実際のタバコの葉を熱し、蒸気を吸入するというスタイルのタバコです。加熱式タバコは「有害物質の90%以上」が軽減されますが、「害のある副流煙が0になる」というわけでは決してありません。
副流煙は目に見えず、知らず知らずのうちに様々な健康に害を成していく、恐ろしいものです。
IQOSやgloなどの加熱式タバコに移行したからと言って、決して禁煙に成功したことにはなりません。

電子タバコ(VAPE)はなんと、タールも有害物質も0

それに対して電子タバコであるVAPEは、リキッドと呼ばれる味のついた液体を水蒸気状にして、吸引するだけで楽しめます。それらは食品添加物に使用される安全な成分からできています。それにプラスして、ニコチンリキッドにはニコチンが入っています。もちろんタールは0。有害物質も0です。
電子タバコVAPEは、味が無数にあり、自分好みの味を選ぶ楽しさもあります。ニコチンは摂取しつつ、タールをはじめとした有害成分はない。様々な味を気分で変えつつ楽しむ。ただし、電子タバコVAPEは禁煙具として作られたものではありません。しかしこれで禁煙できたという人の声が多くあがっています。こんなに楽しい禁煙が他にあるでしょうか。

ノンフレーバーニコチンというアイテムがあります。これは味のないリキッドで、そのまま使用せずにお手持ちのリキッドに加えるものです。ニコチンの量を自ら好きなようにに調整できるので、「おかげでようやく紙巻タバコをやめることができた」との反響が数多くあがったアイテムです。

ニコチン入りリキッド【ノンフレーバーニコチン】の個人輸入ならlibertyflights

日本国内ではニコチン入りリキッドの販売が禁止されており、輸入を個人でするしか入手方法はありません。
イギリスの老舗リキッドブランドlibertyflights日本向けサイトでは、個人でするには難しく手間のかかる輸入をお手伝いさせていただいております。
ニコチン入りリキッド【ノンフレーバーニコチン】はぜひlibertyflightsにて!

ニコチンリキッドの個人輸入サイト libertyflightsはコチラ >>

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer