電子たばこで紙タバコを禁煙できる?

安全性
share on

メンソール味リキッド4本セット

メンソール味リキッド4本セット

2,450 円

メンソール好きの方におすすめのお得なリキッド4本セットです。 人気のメンソールの中でも売れ筋商品がセットになっています。

商品はこちら    

紙タバコユーザーも確かな満足感 ニコチンのキックと煙量

日本では数年前から禁煙ブームとなっており、多くの喫煙者が禁煙に挑戦しています。しかし禁煙はそれほど簡単なものではありません。 ニコチンパッチを使えばニコチンは摂取できますが、煙を吸えないため満足感は少なくなります。また禁煙外来が設置されるようになりましたが、副作用が辛いため長続きしない人が多いようです。 そんな中で注目を集めているのが電子タバコです。電子タバコからは発癌性物質であるタールが発生しません。さらに煙ではなく水蒸気を吸い込むだけなので、臭いなども気にする必要がありません。リキッドにはニコチンが含まれているものと含まれていないものがあるため、好みに合わせて使い分けることも可能です。 禁煙を目指している人であれば、電子タバコで禁煙に成功したという人を知っているかもしれませんが、本当に電子タバコが禁煙につながるのでしょうか。 電子タバコが禁煙につながりやすい理由として、確かな満足感が挙げられます。 リキッドにはニコチンが含まれているものもあるため、ニコチンによるキック感を得ることができます。また電子タバコから発生するのは水蒸気ですが、普通の水を加熱した際に発生するような水蒸気ではありません。リキッドにはグリセリンが含まれているため、濃厚な水蒸気が発生します。これが紙タバコの煙に近く、満足感につながります。 また電子タバコはどこででも使えるというのが、禁煙しやすいといわれる理由です。 電子タバコからは不快な臭いが発生しないため、室内や車内などでも気兼ねなく使えます。吸いたくなった時に吸えるのです。 これが電子タバコを使って禁煙しやすいといわれる理由です。

一本まるまる吸う必要なし 吸いたい分だけ吸えば良い電子タバコ

紙タバコのデメリットはたくさんありますが、火を使うというのもデメリットになります。もちろん火災のリスクが高まるという理由もありますが、火を使うことで1本を吸いきらなくてはならなくなってしまいます。 今ではタバコ1本が非常に高額になっています。もし仕事の休憩中にタバコに火をつけたものの、すぐに呼び出されたとすれば、タバコ1本が無駄になってしまいます。 ところが電子タバコはそんな心配がいりません。電子タバコは吸いたい時に電源を入れ、吸い終わったら電源を切るだけです。もし休憩中に突然呼び出されたとしても、電子タバコであれば無駄にならないのです。 いつでも好きな時に好きなだけ吸えるのが電子タバコです。

紙タバコより、コスパに優れた電子タバコ

紙タバコから電子タバコに乗り換えるメリットは、禁煙ができるだけではありません。節約にもつながります。 紙タバコは値上がりが続き、今は1箱の平均が450円ほどです。もし1日に1箱吸うとすれば、1カ月で13,500円です。さらにそれを1年間続ければ、なんと162,000円の出費となります。今後も紙タバコの値上がりは続くでしょうから、さらに金額は大きくなります。 では電子タバコではどうでしょうか。まず本体を購入しなければなりません。本体の価格は幅広いですが、5,000円も出せばきちんとしたものが購入できます。もちろん本体は使い捨てではないので、5,000円がかかるのは最初だけです。 そして使用するリキッドについてですが、価格は15mlで1,000円程です。紙タバコに換算するとリキッド30mlが14箱分くらいなので、1日に1箱吸うとしても1カ月で4,000円程しかかかりません。1年間では48,000円ですね。 また電子タバコのパーツには、コイルなどの消耗品があります。これらの消耗品は、電子タバコを使う頻度によって交換時期が異なりますが、1週間に1度交換したとしても1カ月で約1,000円です。 電子タバコを1年間使い続けたとすれば、合計で60,000円です。紙タバコの半分以下に抑えることができるのです。

イギリスによって示されたVAPEの禁煙効果

禁煙効果や節約効果がある電子タバコ。節約効果については、実際に数値で比較したのでわかりやすいですが、禁煙効果は本当にあるのでしょうか。 電子タバコの禁煙効果については、実際のところ明確にはなっていない状態が続いていました。しかし、ついにイギリスによって証明されることとなったのです。 イギリスでの調査によって、2011年から2016年の期間での禁煙成功者が14%から23%に急上昇したことがわかりました。この原因として、電子タバコVAPEが挙げられたのです。というのも、2007年から2011年での禁煙成功者は一切上昇していなかったのです。 さらにイギリスでは、電子タバコを使っての禁煙と、他の禁煙方法を比較する研究も行っています。 その結果、禁煙方法として一般的なニコチンパッチでの禁煙と、電子タバコでの禁煙はほぼ同等の効果が得られることがわかったのです。さらに言えば、電子タバコの方がニコチンパッチより禁煙しやすいという結果も出たのです。 電子タバコが禁煙効果を持つという調査結果を示したイギリスでは、電子タバコに対して、紙タバコをやめる補助具に認可しており、病院などでも処方されるようになったのです。 イギリスに続き、今後も様々な国で電子タバコが使われていき、ゆくゆくは紙タバコよりも電子タバコを使う人が増えていくのではないでしょうか。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer