メニュー

新規会員登録で1000円クーポンプレゼント

【おうちVAPE】自宅待機で喫煙は超迷惑!コロナ禍に吸うならニコチンVAPE

マナー
share on
【おうちVAPE】自宅待機で喫煙は超迷惑!コロナ禍に吸うならニコチンVAPE

在宅勤務で増える自宅喫煙に黄色信号?!

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、仕事が在宅勤務になったという方も多いでしょう。 そして、家族全員が家に一緒にいる時間は必然的に増えています。 その中で、今、在宅勤務によって自宅で喫煙する機会が増えたことによって受動喫煙による影響を心配する声がSNS上にて相次いで投稿されています。 同じ空間に家族がいる中で喫煙すれば、非喫煙者である家族もタバコの煙を吸うことになってしまうのです。 このことを受動喫煙といいますが、受動喫煙も喫煙者同様にタバコの有害物質の煙を吸うことになります。 そうすれば、喫煙者だけではなく、非喫煙者も喫煙による健康被害のリスクが高まるのです。

しかも、WHO(世界保健機関)はタバコの煙がコロナに感染した場合に重症化のリスクを高めるとも注意喚起しています。 在宅勤務によって自宅で仕事をするということは、職場よりも自由に喫煙できるという理由や、仕事環境には向いていないことからイライラしてしまうなどの理由で喫煙量が増えたという人も多くなっています。 しかし、自宅での喫煙は、家族の健康へも影響を与えてしまうことを理解しておかなければなりません。

どこでタバコを吸えばいいのか

年々喫煙できる場所が減少していることで、喫煙者の肩身はますます狭くなってきています。 歩きタバコは取締りが厳しくなっているので、昔のように自由に道でタバコを吸うことは出来ません。 しかも、最近では公共の喫煙スペースは減らされ、屋内は原則禁煙になっています。 それならば自宅ではせめて自由に喫煙したいと考える人も多いかもしれませんが、同居人がいる場合や賃貸の場合は室内で吸うことは難しいでしょう。 そのため、多くの人がベランダで喫煙をしているのです。

しかし、集合住宅での屋外喫煙も現在では問題になっています。 ベランダだから外だしタバコのニオイや煙はどこかに消えてなくなるだろうと考えているかもしれませんが、隣や上下に住む近隣住民のベランダに煙は届いています。 そのため、タバコのニオイが流れてきて不快だと感じた近隣住民による苦情やトラブルへと発展することが増えているのです。 こうなると、タバコを安心して吸える場所は身近にはほとんどないような状況になってきていると言えます。

救世主!?VAPEとは?

喫煙できる場所も少なくなり、家族や周囲の人への迷惑や健康への影響を与えてしまったりすることを考えると禁煙しなければならないのではないかと考える人も多いでしょう。
そこで、おすすめしたいのが「電子タバコ(VAPE)」です。

紙巻タバコは、タバコ葉を燃やして煙を吸引します。 この煙にはタールなどの有害物質が含まれているため、タバコ特有のニオイや健康被害が発生します。 アイコスやプルーム・テックなどの加熱式タバコも、タバコ葉を加熱した蒸気を吸う仕組みなので、やはりニオイや健康被害は気になるものです。

しかし、VAPEの場合は、液体であるVAPE用リキッドを加熱して水蒸気を吸う仕組みになっています。 VAPE用リキッドにはタバコ葉は使用されていないので、タバコ特有のニオイはありませんし、壁紙にヤニの色がついてしまうこともありません。 ベランダで吸ったとしても、タバコ特有のニオイはなく、水蒸気なので空気中ですぐに消えてしまいます。 しかも、健康への被害もハッキリはしていないもののタールを含むタバコよりは安全と言われています。

水蒸気ならば吸い応えに満足できるか不安だと考える人も多いかもしれませんが、VAPE用リキッドにはニコチンが入っているタイプもあります。 そのため、紙巻きや加熱式タバコが必要なくなったという方も実際に多いです。

もちろん、マナーは守ろう。

VAPEを吸っていても喫煙にはならないですし、受動喫煙やニオイの心配をする必要がありません。 電子タバコ(VAPE)はタバコという名前は付くものの、タバコ葉を使用していないことからタバコには分類されないのです。 タバコではないため、喫煙マナーを破ったからといって法律で罰せられることもありません。

そのため、どこででも吸っていいだろうと思ってしまいますが、タバコではなくても非喫煙者から見ればVAPEとタバコの違いは分からないものです。 禁煙場所でVAPEを吸っていれば、非喫煙者からするとタバコに変わりないように見えることからマナー違反だと思われてしまうでしょう。 そうすると、いずれはVAPEユーザーの評判も落ちてしまうため、肩身が狭くなってしまう可能性があります。 あくまでも、周囲の人からすると紙巻き・加熱式タバコもVAPEも変わらないと思われているということを頭に置いておきましょう。

しかし、自宅でVAPEを使用する分には、ニオイや壁の色を気にする必要もないのでタバコよりも気軽に楽しめると言えます。 しかも、タバコは一度火をつけたら基本的に吸い続ける必要がありますが、VAPEならば好きなタイミングで電源のオンオフができます。 これによって、少しずつ必要な時にだけニコチンを補給するということも可能になるのです。

「おうちで過ごそう」の機会に、ニコチンリキッドVAPEはいかがでしょうか

外出自粛によって家で過ごす日々だからこそ、VAPEを始めてみましょう!
タバコ葉を使わない嗜好品だからこそ、ニオイや壁の色を気にすることなく自宅で楽しむことができます。

タールが含まれていないので、自身だけではなく受動喫煙による家族など周囲の人への健康被害も防げます。 しかも、火を使わないため、タバコの火の不始末による火事のリスクもありません。 水蒸気だから吸い応えがないと思われがちですが、ニコチンリキッドもあるので紙巻タバコや加熱式タバコのユーザーでも満足できる吸い応えを得られます。

喫煙者が禁煙をできない原因はニコチンにあるため、まずはニコチン入りリキッドからVAPEを始めてみてはいかがでしょうか? 紙巻きタバコや加熱式タバコよりもコスパが良いので、人によっては20%-50%程度までランニングコストを抑えられるとされています。 周囲への迷惑や影響を抑えながら、節約にまで繋がるのであればメリットは大きいと言えるでしょう。

紙巻きタバコが楽なんですけど、なんかおすすめありますか?

ずっと紙巻きたばこを吸ってきているユーザーであれば、VAPEには面倒な操作やメンテナンスがあるのではないかと不安になる人も多いでしょう。 火をつけて吸うだけの紙巻きタバコに慣れていれば、直感的に使えるものが良いと考えるのは当然と言えます。

そういった人にぴったりのVAPEが、「DOT(ドット)」です。
DOTは吸引口から吸うだけで、自動的に電源がオンになる仕組みです。 そのため、操作の必要もなく、直感的に使用することができます。 しかも、一般的なVAPEのようにリキッドを補充したり、コイルを交換したりするような面倒なメンテナンスをする必要はありません。 POD型のVAPEなので、吸い終わったらPODと呼ばれるカートリッジを捨てて、新しいものに交換するたけです。

また、DOTでは「ニコチンソルト」という特殊なニコチン成分を使用しており、紙巻タバコのようにニコチンをすぐに摂取できる感覚が得られます。 そのため、紙巻タバコのように吸い応えに満足感があるのです。 簡単な使い方ながらも、しっかりと吸っている感覚を実感できるVAPEをお探しの方は、DOTを試してみてください。

DOT PRO (ドットプロ)スターターキット メンソールフレーバーポッド(ニコチン2.0%)1個入り

DOT PRO (ドットプロ)スターターキット メンソールフレーバーポッド(ニコチン2.0%)1個入り

3,300円(税込)
獲得ポイント: pt

吸うだけで電源がつくDOT PRO (ドットプロ)スターターキットは、使い捨てのPOD(リキッドとコイルが充填されている使い捨てカートリッジ)とバッテリー本体がセットになった商品です。ソルトニコチン使用で紙巻きたばこにも負けない満足な吸い心地が得られます。電子タバコ初心者にピッタリの商品です

詳細購入

DOT PRO (ドットプロ)スターターキット タバコフレーバーポッド(ニコチン2.0%)1個入り

DOT PRO (ドットプロ)スターターキット タバコフレーバーポッド(ニコチン2.0%)1個入り

3,300円(税込)
獲得ポイント: pt

DOT PRO (ドットプロ)スターターキットは、使い捨てのPOD(リキッドとコイルが充填されている使い捨てカートリッジ)とバッテリー本体がセットになった商品です。メンテナンス不要なので電子タバコ入門機にピッタリ!

詳細購入

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x 新規会員登録で10000円クーポンプレゼント