電子タバコの自動車の運転時の使用について

マナー
share on

電子タバコの自動車の運転時の使用について

運転中に喫煙をするという喫煙者は多いでしょう。たばこの灰や吸殻を窓の外に捨てているのを見ると「マナーが悪いな」と感じてしまうわけですが、マナーが悪いだけで済めば良い方です。 運転中の喫煙は、思いがけない大事故を招く危険性もあるのです。 なぜ運転中の喫煙が大事故を招くのか。その危険性から、紙巻きたばこと電子タバコの違いを見ていきたいと思います。

ペパーミント

ペパーミント

1,000 円

ペパーミントはミントの中でも香りが早く立ち上がり、ほのかな甘みもあるため、ガムやタブレット、お酒のフレーバーとして愛用されています。メンソール系の中でもやさしく香るものがお好きな方におすすめです。

商品はこちら    

運転中の喫煙が危険な理由

運転中の喫煙が大事故を招く理由。それは運転に集中できなくなるためです。喫煙という行為は、様々な面でドライバーから集中力を奪います。 喫煙に至るまでの行為を順に見てみましょう。 たばこはたいていポケットやカバンに入れています。たばこを吸おうと思えば、ポケットやカバンからたばこの箱を探さなくてはならないのです。この探すという行為に集中力を奪われます。 たばこを吸うために火をつけます。火をつけるのにもまた集中力は奪われてしまいます。 そしてここからが問題です。冒頭でも書いたように、窓の外に灰を落とす人が多くいます。これが癖になっていると、たとえば雨の日で窓を閉め切っているときでも、ついつい窓の外に灰を落とそうとしてしまいます。 しかし窓は閉まっているので、灰は車内へ。運悪く足にでも落ちてしまえば、熱さによって運転に対する集中力はほぼゼロになります。ここでハンドル操作を誤り、大事故に発展してしまうことがあるのです。 ドライバー本人がけがをする程度であれば自業自得ですが、他の車や歩行者を巻き込む可能性もあります。 このように、運転中に喫煙をすることによって集中力が奪われる場面はたくさんあるのです。

車内に残る臭いも気になる

運転中に喫煙をすると、車内に臭いも残ってしまいます。実はこれも危険性につながります。 車内用の消臭剤を使えば臭いの面はカバーできます。最近ではエアコンの吹き出し口に取り付けるタイプもあるので、車内全体を消臭することができます。またスプレータイプの消臭剤を常備しているという人もいるでしょう。 しかしただでさえたばこが値上がりをしている中、車内の消臭のために消臭剤を買うのも大きな出費となってしまいます。 さらに消臭剤を使っただけでは、危険性はなくなりません。 車内に臭いが残るのは、タバコの煙に臭いがついているからです。そしてこの臭いの原因は、発がん性物質でもあるタール。つまり車内に臭いが残っているということは、発がん性物質も残っているということです。 そして臭いとともに残った発がん性物質は、臭いが消えてもなくなることはなく、時間をかけて徐々に空気中に放出されていきます。 もし小さな子どもを乗せることがあるのであれば、臭いが残っていないからと安心してはいけません。一度車内でたばこを吸ったら、しばらくは発がん性物質が漂っていると考えましょう。

電子タバコなら運転中でも安心

電子タバコを使えば、ここまでに紹介した運転中の喫煙における危険性のほとんどを解決できます。 たばこは火をつけなければいけませんでしたが、電子タバコは電源をつけるだけです。片手でできますし、特に集中力が奪われることはありません。また電子タバコによっては、吸引することで電源がつくものもあります。そういった電子タバコを使えば、より安心です。 そして灰が足に落ちてしまうこともなくなります。電子タバコは火を使わないため、火傷の心配がありません。そもそも火を使わないため、灰が出ないのです。 さらに電子タバコからはタールが発生しません。車内が常に発がん性物質で汚染されるという状態を避けることができます。小さな子どもがいる家庭では、これ以上の安心感はありません。同時にいやな臭いが残らないので、消臭にお金をかける必要もなくなります。 ただしポケットやカバンから取り出すという行為は、電子タバコでも変わりません。たとえ電子タバコであっても、取り出すときは車が停止している時にしてください。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON