電子タバコの種類にはどんなのがある?禁煙効果が高いのは?

比較
share on
電子タバコの種類にはどんなのがある?禁煙効果が高いのは?

一言に電子タバコといってもその種類は、構造や形状によっていくつかの種類があり、初めて電子タバコを購するという方には選ぶのに手間取ってしまいます。
まずは電子タバコにはどのような種類があるのか、どのような特徴なのかをご紹介して、最後に禁煙を成功させたい方へ向けて禁煙効果が高い電子タバコについてもご説明いたします。

電子タバコの種類一覧

種類ごとに電子タバコをご説明する前に、その種類を簡易的にまとめました。
薬局やコンビニでよく見かけるものから、その他のものまで箇条書きにて記載します。

・加熱式タバコ

従来の紙巻き煙草のように実際のタバコ葉を使用し、タバコ葉を燃焼ではなく加熱する方式の電子タバコ。
代表的な商品は、IQOSなど。

・リキッド式電子タバコ

リキッドを加熱し、発生した蒸気をタバコ葉にくぐらせることによってニコチン接種を可能にした電子タバコ。
使い捨てやカートリッジを取り換えるだけの製品なのでメンテナンスフリー。

・リキッド式電子タバコ(VAPE)

使用できるリキッドが豊富で、味や煙量も上記の2種類よりも濃厚かつ圧倒的な煙量の電子タバコ。
リキッドだけでなく本体製品のラインナップも充実している。

以上のように電子タバコは大まかですが、3種類にカテゴライズできます。
それでは各種の特徴について詳しく見てみましょう。

加熱式タバコ

実際のタバコ葉を使用するため、紙巻き煙草の吸い応えと変わらずニコチンの接種が可能です。
煙の量が少なく人気の商品ですが、独特な「匂い」があります。
喫煙後に簡単なクリーニングが必要であったり、ランニングコストが紙巻き煙草と変わらなかったりとメリットは少なめですが、電子タバコの中では最も紙巻き煙草に近い味なので、紙巻き煙草から乗り換えやすい種類です。

リキッド式電子タバコ

下記にご紹介するリキッド式電子タバコ(VAPE)と同じで、リキッドを気化させて吸引するタイプの電子タバコです。
カートリッジを交換して繰り返し使用する商品や、使い捨ての商品が多くメンテナンスやクリーニングは不要です。
さらにスティック形状の商品が多いため、スマートに使えます。
ただ、リキッドを自分で補充することが出来ないため、味のバリエーションは少なく味自体も薄い印象のものが多いです。
使い捨ての商品に関しては内蔵バッテリーが切れた時点で破棄しないといけないため、長期スパンでみるとコストは高めです。

リキッド式電子タバコ(VAPE)

こちらの電子タバコはVAPE(ベイプ)と呼ばれ、世界的にも紙巻き煙草の代用品として確実にシェアを伸ばしている種類の電子タバコになります。
リキッドの種類が多数あり、フルーツ系やスイーツ系、カクテルやエナジードリンクなどのドリンク系などバリエーション豊かなリキッドから好きなリキッドを補充して楽しめます。
リキッドを気化させるために必要なコイルやコットンなどの消耗品も交換可能で、一度機材を揃えてしまえば他の電子タバコと比較すると圧倒的に安く運用できます。

リキッド式電子タバコ(VAPE)の形状別の特徴について

VAPEは4種類ほどの形状に種別され、それぞれの形状によって扱い方や特徴があります。
形状ごとに特徴は大きく異なりますが、好みのリキッドを補充して使用できるという点では共通しています。

・ペンタイプ

初めてVAPEを始めるなら、手軽に扱えるのでオススメなのがこのタイプです。
あらゆるパーツが一体となっておりボタン一つで操作が可能で、難しい操作やメンテナンスは必要ありません。
充電後リキッドを補充してすぐ吸えるので持ち運びにも便利です。

・スティックタイプ

こちらもVAPE初心者の方にはオススメのタイプです。
吸引したら自動でリキッドを気化させる製品が多く、ペンタイプと同様難しい操作は必要ありません。
形状や吸い心地が紙巻き煙草に近く違和感がないので、ニコチンリキッドで一服するには最適なタイプです。

・ボックスタイプ(テクニカルMOD)

各パーツの取り外しが可能となっており、自分の好みの別売りパーツを組み合わせることが可能なタイプです。
リキッドを気化させるパーツ(アトマイザー)が分解でき、メンテナンス性が抜群なうえにRBAという種類の別売りのアトマイザーであれば、自分で抵抗値をコントロールしてコイルを再構築(リビルド)することもできます。
このタイプの製品は多数の機能も搭載していて、温度管理というコイル温度の上限を設定したり、バッテリー出力を設定したりとユーザーの好みの味・温度・煙量を再現できます。
その拡張性から、初級者から上級者まで長く使用できるタイプの製品です。

・チューブタイプ(メカニカルMOD)

一般的にメカニカルチューブ・メカニカルMODと呼ばれるタイプです。
見た目はペンタイプのような筒状の形をしていますが、内部的にはバッテリーからアトマイザーへ通電させているだけのシンプルな構造の製品です。しかしシンプルなだけに保護機能もないので、取扱いにはあらゆる注意が必要になります。
メカニカルやバッテリーに関しての知識・経験を備えた上級者用の製品です。

禁煙成功の秘密はニコチンリキッド

ここまで電子タバコの種類、VAPE製品の形状別の種類などを紹介してきましたが、紙巻き煙草から禁煙を成功させるにはどの電子タバコが最も適しているのでしょうか?
加熱式タバコは実際のタバコ葉を使用している点から、紙巻き煙草と相違ないので除外します。
では、残ったリキッド式電子タバコ2種で見てみましょう。

この2種の大きな違いは、リキッドをユーザー側で選択・補充が出来るか否かになります。
VAPEではないリキッド式電子タバコは、リキッドの選択・補充をユーザー側が出来ないためニコチン入リキッドでニコチン接種が出来ません。気化したリキッドの蒸気をカートリッジ内のタバコ葉にくぐらせてニコチンを接種できる機種もありますが、味やニコチン濃度の点でVAPEと比較するとやや劣ってしまいます。
ここでVAPEが禁煙成功へ最適な電子タバコとなるわけですが、その秘密は先にも少し出てきたニコチン入リキッドにあります。
ニコチン入リキッドはタバコ葉を一切使用せずにニコチンを接種でき、従来の紙巻き煙草への依存を緩和できます。そしてリキッドの味もノンニコチンのリキッドと比べると格段に味わい深くなります。
タバコ葉にくぐらせただけの蒸気では感じることのできない、ノンニコチンリキッドでも味わえない、ニコチン入リキッドならではの満足感はVAPEでこそ感じられる特別なものです。

さて、リバティフライツではリキッドの味の種類はもちろん、ニコチン濃度や爆煙向けなど様々なニコチン入リキッドを揃えています。
またVAPEを初めて購入する方に向けて、「ニコチン入リキッド同梱のスターターキット」もあります。
既にVAPEを使用しているが、「手持ちのリキッドでニコチン入リキッドを体験したい」という方には、ノンフレーバーニコチンリキッドもございます。こちらはお手持ちのリキッドに添加するだけでニコチン入リキッドが自作できるので、紙巻き煙草から離れられないという方は一度試してみてはいかがでしょうか。
リバティフライツのニコチン入リキッドで美味しく禁煙してみませんか?

ノンフレーバー ニコチンリキッド 10ml 20mg(2.0%)

ノンフレーバー ニコチンリキッド
10ml 20mg(2.0%)

900 円

劣化しにくく、持ち運びにも便利な10mlボトル!! イギリス製のニコチン入りリキッドを作成する為に使う、風味の無いニコチンです。

商品はこちら    

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer