【VapeNews】世界4位のタバコ会社イギリス「インペリアル」、福岡限定でカートリッジ「電子タバコ」を先行販売!

比較
share on

【VapeNews】世界4位のタバコ会社イギリス「インペリアル」、福岡限定でカートリッジ「電子タバコ」を先行販売!

世界第4位(フィリップモリス、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、日本たばこ産業に次ぐ)のイギリスのタバコ会社「インペリアル・ブランズ(英: Imperial Brands)」が、福岡のみ限定でニコチンを含まないカードリッチ式の電子タバコを先行販売することを発表しました。加熱式タバコのシェアが高い日本において、電子タバコユーザーには追い風となりそうです。

爆発的トレンド!世界中で愛飲されるVAPEとは?

近年日本で多く普及している加熱式タバコ、IQOSはみなさんもご存知ですよね?しかし、VAPEはこの加熱式タバコとは少し特徴が違うんです。タール等を含むタバコの葉を加熱し、そのときに出た蒸気を吸引する加熱式タバコに対して、VAPEはリキッドという様々な味や香りのついた液体を気化させて蒸気の香りを楽しむものです。リキッドは、フレーバーに使用される香料、食品添加物にも使用される安全な成分、そしてニコチンのみでできています。お気付きの通り、タール等の有害物質が0というのがVAPEの最大の特徴なんです。
アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中国他アジア地域など世界中で大きなトレンドとなり、今やVAPEは加熱式タバコをも凌駕する、圧倒的支持を獲得しています。レディー・ガガ、パリス・ヒルトン、レオナルド・ディカプリオなど、ハリウッドスターや海外セレブにも愛用されており、急成長を遂げているコンテンツとなっています。

インペリアルが売り出すVAPE「myblu」をピックアップ!

日本版「myblu」は、従来の海外製「myblu」には含まれていたニコチンを含まない「ノンニコチンリキッド」を使用するVAPEです。この「myblu」は「カートリッジタイプ」の製品で、リキッドの入った「フレーバーポッド」を好みのものに差し替えて味や香りの交換ができる製品です。フレーバーラインナップはメンソール、グリーンアップルなど全8種類で展開予定のようです。 なぜ「ノンニコチンリキッド」なのかというと、日本ではニコチン入りリキッドを販売・譲渡することが法律で禁止されています。そのため、国内販売のハードルが高く、「ノンニコチンリキッド」での販売に切り替わったと考えられます。
イギリスをはじめ世界ではニコチン入りのリキッドが標準です。「ニコチン入りリキッドが買えないならVAPEなんていらないよ!」という声も聞かれます。
また、「カートリッジタイプ」のVAPEは、気軽にリキッドの充填が可能ですが、味の種類が限られているという弱点があります。というのも、VAPEのリキッドは何百もの味・香りがあります。メンソール系、フルーツメンソール系、タバコ系、スイーツ系などなど書き切ることができません…。せっかくの選択肢、それらを自由に楽しめないのは、もったいないかもしれません。

それでもニコチン入りリキッドのVAPEを楽しみたい!

さて、前述した通り日本国内ではニコチン入りリキッドを販売・譲渡が禁止されておりますが、「ニコチン入りリキッドが買えないならVAPEなんていらないよ!」なんてお声もあると思いますのでここでちょっとしたアドバイス。日本国内では販売・譲渡は禁止されていますが、個人輸入という形で入手することは法律で許可されています。ただし個人輸入は、外貨を使用したり、外国語を必要としたりとなかなかハードルが高いもの…。しかし、そんな悩みも日本語・日本円対応の個人輸入サイトに任せればお茶の子さいさいです!
リバティフライツでは、日本語・日本円対応はもちろん、現地日本人スタッフによるサポートなど、お買い物を安心してできるよう対応しております。
また、ニコチンリキッドの数もおよそ100アイテムご用意しており、いろいろな味や香りのリキッドを楽しめます!
ニコチン入りリキッドをお買い求めの際はリバティフライツへGO!

出典:世界で注目を集める電子タバコVAPEのトップブランド「blu」が日本初上陸

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON