電子タバコとシーシャは似て非なるもの

比較
share on

電子タバコとシーシャは一見すると、液体を使って煙を出す一連の流れは似ているようにも思えます。しかし、中身はどうなっているのでしょうか?仕組みは?シーシャと電子タバコは全然違います。その仕組みに迫りました。

リーフ50-50

リーフ50-50

1,000 円

タバコフレーバーの最新作。過去最高にタバコに近いフレーバーとの呼び声高いリキッドです。葉が燻された煙のような風味がタバコ感を最大限に演出します。

商品はこちら    

シーシャは紙タバコの方が近い。

インドやエジプト、中東地区で発明されたと言われているシーシャ(水タバコ)。 西アジア・中東の国で好まれるシーシャと呼ばれる器具は、タバコの葉と水を用いて、複数人で回し吸う事が多いです。 しかし実際はタバコの葉と炭を使用して、その煙を水に通し、水蒸気を吸い込むものです。 フレーバーもいろいろとあり、中にはかなり甘いフルーティな味のものもありました。 またシーシャは複数人で吸うことが多く、雰囲気があります。 炭を使い、燻して吸うのはどちらかというと紙タバコに近いでしょう。

シーシャは紙タバコのように有害物質が発生。

紙タバコやシーシャでは、火を使って燃やすため有害物質は発生します。 タバコの葉と炭を使用するので、ほとんどタバコのような認識でよいでしょう。 ただ、吸いこむ煙が水蒸気という点では電子タバコと似ています。

電子タバコは?

そのため電子タバコはシーシャのようにタバコの葉が燃えた際に発生する発癌物質や有害物質を発生することはほとんどありません。 どのような成分によって作られているのでしょうか。 電子タバコVapeはバッテリーでリキッドを加熱して、発生した水蒸気を吸います。 リバティーフライツ社製の電子タバコVapeリキッドの成分は、食品グレードよりもより厳格な規格の医療品グレードのニコチンを使用し、米国FDA認可の食添グレードのプロピレングリコールやグリセリン、そして高純度のフレーバーを使用しています。 高品質で信頼できる商品となっています。 電子タバコVapeリキッドのフレーバーの種類は、タバコに近い風味、メンソール風味、フルーツ風味、スウィーツ風味など多々あります。 日本では薬事法により、ニコチン入りのリキッドは国内販売が禁止されています。コは、一部の海外と日本国内で人気があり、海外での認知はほとんどないと言っていいでしょう。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer