加熱式タバコPLOOMTECH GLO IQOS と電子タバコ(VAPE)の違い

比較
share on

いま話題の加熱式タバコ。受動喫煙問題などニュースになることも多く、様々な分野から注目が集まっている。しかしながら、それぞれの違いについて理解している利用者は少ないかもしれません。 ここではそれぞれについて違いを説明しています。

チェリーメンソール

チェリーメンソール

1,000 円

メンソール味に包まれた甘いダークチェリーの調和した味のリキッドです。甘い味のメンソールが好みの方向けです。

商品はこちら    

GLO・IQOS・PLOOMTECH・電子タバコ 共通点

気になっている人も多いと思いますが、3社の加熱式タバコ人気が熱を帯びてきています。 入手困難な状況はどの会社にとっても悩みどころのようです。 各社販売経路や、販売地域を徐々に拡大し、徐々に利用者が増えています。 一方で、3社が共同でステッカー作成し、吸える環境吸えない環境を明確にするなど、 加熱式タバコという面では、協力的な一面もあります。 電子タバコや加熱式タバコ3社が、それぞれ受動喫煙を意識し非喫煙者にも喫煙者にも、有意義な 環境を作る目的はどの会社も同意見のようです。だからこそ、PloomTechの東京都内販売は多くの人に電子タバコを知ってもらう絶好の機会になったのではないでしょうか。

加熱式タバコと電子タバコの違いについて

加熱式タバコとVAPEと呼ばれる電子タバコの大きな違いは、タバコ葉を使用するか否かです。加熱式タバコは本物のタバコ葉を使用しており、タバコ葉を燃焼ではなく加熱して、紙巻タバコと変わらないような吸い応えや香りを楽しむことができます。しかし紙巻タバコと比べ、煙や匂いが少ないとはいえ、実際のタバコ葉を使用しているので、受動喫煙が全くないわけではありません。一方の電子タバコ(VAPE)はタバコ葉を使用せず、リキッドと呼ばれる液体を水蒸気化させ、その水蒸気を吸引します。タバコ葉を使用しないので、加熱式タバコのように紙巻タバコの香りや吸い応えを再現するのには向いていませんが、受動喫煙の心配は全くありません。また無数にあるリキッドから好みの味・香りのリキッドを選ぶことができ、コスト面からみて紙巻タバコや加熱式タバコと比較すると、非常にお手頃な価格になっています。

GLO

日本国内で認知度が高くなりつつあるPloomTECH。 仙台でのみ展開してきたglo(グロー)は、7月3日から東京と大阪でも発売開始となり、それに伴い取扱店舗を拡大していきます。累計出荷台数が200万台を突破し波に乗っていて、 宮城県から始まり、東京都、大阪府と広まり、今は全国販売され、今季限定カラーが発売されるなど勢いは止まりません。 【使用方法】専用のタバコスティックを使用して、ボックスタイプの本体に差す。

IQOS

供給不足で悩むアイコス(IQOS)。 生産ラインに悩むIQOSですが2017年は供給量3倍になり、依然加熱式タバコのTOPを走り続けるアイコス。今や加熱式タバコの85%がアイコスと言われております。そのため、健康リスクなど何かと話題になりやすいのも、人気があるからこそだと思います。 そして、加熱式とはいえ、タバコの葉を使っているため、紙タバコで出ている成分が0%になることはないでしょう。 【使用方法】専用のタバコスティックを使用して、ボックスタイプの本体に差す。

PLOOMTECH

関東ではまだなじみのないPLOOMTECH。 もともとは福岡市を中心に展開し、成功を収めてきたJT商品です。 2017年の中ごろから東京にも展開を開始。 認知度は少ないものの、一定のユーザーからの人気があり、使用しているユーザーを見るのも少なくありません。 【使用方法】スティックタイプの本体に専用のカプセルを設置し、吸引する独自のタイプ。

電子タバコ・VAPE

取り扱われる本体は、ペンタイプ、ボックスタイプ、MODタイプと初心者用からプロユースなものまでさまざま。リキッドと呼ばれる味のベースも、数えきれない数が存在します。海外ではニコチン入りが主流で、日本国内の場合、ニコチン入りリキッドは個人輸入のみで購入が可能です。タバコ葉を使わないので、税金がかからずコストパフォーマンスがいいのが特徴です。

・ペンタイプ
気軽に使用できるサイズとデザインが多いのがペンタイプの特徴です。操作も簡単で、USB接続で充電可能なので気軽に持ち歩けるタイプです。リンク先の商品はシリーズ化されている人気商品で、リキッド漏れに強く、今回はモード変換機能を搭載しており、メンテナンス性からも初心者におススメのスターターキットとなっています。
https://liberty-flights.shop/starter-kit/detail-310/
https://liberty-flights.shop/starter-kit/detail-270/

・ボックスタイプ・MODタイプ
様々な機能を搭載し、アトマイザーを載せ替えることができたりと拡張性が高いのがこのタイプの製品です。
ペンタイプやスティックタイプに比べ、バッテリー容量も大容量で詰め替えも可能になっており、世界的にも主流のタイプです。
https://liberty-flights.shop/LibertySelect/detail-362/
https://liberty-flights.shop/LibertySelect/detail-322/
https://liberty-flights.shop/LibertySelect/detail-321/
また出力調整の幅も広く、設定次第ではかなりの煙量(水蒸気量)を可能にします。
【使用方法】上記で紹介した製品の使用方法は、製品ごとに異なりますが、基本的にはアトマイザーとよばれるリキッドを気化させるパーツ内のタンクへリキッドを補充し、ボタンを押しながら吸引するだけです。

電子タバコと加熱式タバコの比較

VAPEはタバコではないため、税金がかからず、圧倒的なコスパが魅力です。 海外では圧倒的に支持されているVape(ベイプ)。 意外と思われるかもしれませんが、加熱式タバコは、一部の海外と日本国内で人気があり、海外での認知はほとんどないと言っていいでしょう。 2020年に東京オリンピックを控えている今、各自治体では受動喫煙防止対策への意識が高まっています。 一部の自治体では加熱式タバコもその対象に含まれます。 これを機にVAPE(ベイプ)へ乗り換えてみてはいかがでしょうか。 ちょっとだけ試したい、何を買っていいのかわからないという方や、ちょっとしたプレゼントにオススメしたいのがこちらの業界最安値の「スターターキット 最低価格保証セール」です。

https://liberty-flights.shop/starter-kit/sale/


買って間違いない人気の製品や、お試し価格の製品が揃っているのでVAPE(ベイプ)を始めてみようという方にはピッタリです。 紙巻タバコを吸う方なら、1か月のタバコにかかる費用の約半分でVAPE(ベイプ)を始めることができます。 在庫限りのセールなのでお早めに!

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

SHARE ON
x new commer