初心者向けから爆煙派まで!おすすめのVAPEスターターキットを紹介!

おすすめ
share on
初心者向けから爆煙派まで!おすすめのVAPEスターターキットを紹介!

健康志向が広まるにつれ、嗜好品の成分を見直す人は増えてきました。タバコ界隈も例外ではありません。従来の紙巻タバコや加熱式タバコを止め、リキッド式電子タバコを吸い始める愛煙家は増加傾向にあります。 こうした流れで、人気の「VAPE」に興味を持つようになった人は多いでしょう。VAPEを始めるには、スターターキットが便利です。この記事では、スターターキットの選び方やおすすめ商品を紹介します。

1.VAPEの特徴について

特徴を把握すると、自分がVAPEを楽しめる側かどうかが見えてきます。そもそもVAPEは電子タバコの一種であり、リキッドを蒸気に変えて吸引する仕組みです。従来の「アイコス」や「グロー」といった加熱式タバコと比べて、「フレーバーの多様性」がメリットだといえるでしょう。リキッドとの組み合わせによって、フレーバーを自由に変えられます。リキッド同士を混ぜ合わせて、オリジナルのフレーバーを生み出すことも可能です。

さらに、加熱式タバコよりも気体の量が多くなります。肺に蒸気が入っていく感覚を楽しみたい人にはぴったりです。しかも、吸い方はカスタマイズ可能です。VAPEはパーツの組み合わせ次第で、自分なりの操作性を実現できます。そのほか、ニコチンの有無を選べるのもVAPEならではの特徴でしょう。VAPEのリキッドは必ずしもニコチン入りとは限りません。そのため、禁煙目的のユーザーの目的にも答えてくれます。リラックスしたい人、煙を味わいたい人など、さまざまな用途に使えるタバコです。

2.スターターキットを選ぶポイント

VAPE商品の中でも、初心者に人気なのが「スターターキット」です。スターターキットはリキッドやパーツがまとめられているので、自分でカスタマイズする必要がありません。この段落では、スターターキットの魅力を解説していきます。

2-1.嗜好性

従来のタバコと並べたとき、VAPE側の大きなメリットは「フレーバーの豊富さ」だといえます。そのため、VAPEを始めるときは嗜好性に重きを置いて商品を選んでもいいでしょう。たとえば、「スターターキット」はなにかと便利です。味と蒸気の両方を楽しみたい人にはぴったりです。スターターキットのうち、タンクが耐熱ガラス製の商品は味のさまざまなバリエーションを調節できます。さらに、エアフロー機能も試してみましょう。蒸気の量を自由に変えられるので、そのときどきの気分に合わせてVAPEを使用可能です。

2-2.利便性

VAPEでよくあるトラブルが「液漏れ」です。リキッドがアトマイザーからこぼれ出ると、カバンや服に被害が及びます。そもそも、漏れたぶんのリキッドが無駄になってしまうでしょう。つまり、VAPEの使い勝手はリキッドの入れやすさに関係があります。スターターキットを選ぶ際のポイントにしましょう。特に、初心者はリキッドを扱う感覚になじんでいないので、利便性の高いVAPEを用いるのが得策です。

リキッドの入れ方は「トップフィル式」と「ボトムフィル式」の2種類です。トップフィル式では、アトマイザーの上部からリキッドを注ぎます。しかも、アトマイザーとバッテリーに接続していてもリキッドを注入可能です。慣れないうちは、ボトムフィル式よりもトップフィル式のほうが便利です。

2-3.携帯のしやすさ

紙巻タバコのようにニコチンが含まれていると、人前で吸えないケースが多くなってきました。その点、ニコチンの有無を選べるVAPEはシチュエーションの制限がゆるい商品だといえるでしょう。そのため、自宅以外でもVAPEを愛用しているユーザーは少なくありません。VAPEを買うときは携帯のしやすさも考えてみるのが得策です。具体的には、本体がコンパクトで軽いものが理想です。そのうえ、タンク容量が大きければリキッドをたくさん入れておけます。充電が長持ちするタイプのVAPEも、バッテリーを持ち歩く必要がありません。ストレスなく、長時間VAPEを吸うことが可能です。

2-4.カラーやデザイン

VAPEが従来のタバコと異なるポイントとして、専用キットの存在が挙げられます。キットは他人の目にも映りやすいので、ビジュアルを重視したいところです。おしゃれなキットを選んでおくと、タバコの時間がより楽しみになるでしょう。スターターキットはカラーリングのバリエーションも豊富です。黒やシルバー、ブラウンなどの落ち着いた色から、レッドやオレンジ、ピンクなどの明るい色、ブルーやパープルなどのさわやかな色までさまざまです。服装にマッチするカラーを選ぶのもひとつの方法でしょう。また、デザインも重視するなら、ファッション性の高いスティック型が賢明です。中には、高名な賞を獲得したデザインの商品などもあるので、要チェックです。

2-5.価格

VAPEのスターターキットは原則として消耗品です。永続的に使える商品ではなく、いつか買い替えのタイミングがやってきます。せっかく高級なVAPEを選んだとしても、すぐに使えなくなるリスクがあると覚悟しておきましょう。後悔せずに楽しむには、負担の少ない価格帯から商品を選ぶことも大切です。

スターターキットは高くて1万5000円以上、安くて3000~4000円ほどです。初心者なら、安価なラインナップで探すのが無難でしょう。時期によってはセールやキャンペーンも行われています。そのときどきで、手に入れやすい商品を探しましょう。

3.スターターキットデバイスは3種類

VAPEのスターターキットのデバイスは3種類です。それぞれ形状から「ボックス型」「ペン型」「スティック型」と名づけられています。いずれのデバイスを選ぶべきかはユーザーの好みにもよるので、特徴をしっかり調べておきましょう。以下、それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

3-1.ボックス型の特徴

機能性に重きを置くなら「ボックス型」を選びましょう。3種類のデバイスの中では、もっとも応用が効くからです。特に、リキッドの扱い方について優れています。蒸発するレートや温度を自分好みに調節できるので、使用時のストレスが軽減します。ただし、バッテリーが大容量なので、それを搭載するためには相応の本体サイズがなくてはいけません。自然と、重量があって大きな形状になってしまいます。持ち運びの手間や操作の難しさなどを考えると、決して初心者向けとはいえません。ある程度、VAPEに親しんできた上級者向きのキットです。

3-2.ペン型の特徴

VAPEスターターキットでは、価格も大切です。「まずはどんなものか体験してみたい」くらいの気持ちでいるなら、手頃な価格のVAPEから始めてみましょう。3種類のスターターキットでもっとも安価なのがペン型です。ペン型はボックス型よりもコンパクトなうえ、スティック型よりも多機能です。大きさはマーカーほどであり、携帯性に優れています。気軽に、ズボンやジャケットのポケットに入れて持ち運びができるでしょう。そのうえ、部品交換もできる構造です。サイズのわりに、バッテリーの寿命が長いのもメリットです。1日使うだけであれば、充電はなんとか持ちます。ペン型は、機能面にそれほどこだわりのない愛好者向けのスターターキットです。ボックス型ほど、便利に使えなくてもいいなら選ぶようにしましょう。

3-3.スティック型の特徴

スターターキットの中で、もっとも軽量なのがスティック型です。持ち運びやすいので、外でVAPEを使う人にはぴったりです。そして、フォルムがこれまでのタバコに似ています。紙巻タバコからVAPEに切り替える際にも違和感をあまり覚えなくて済むでしょう。そのうえ、操作性もシンプルです。複雑な作業がないので、トラブルを招きにくいのはメリットです。デザイン性も優れており、豊富なラインナップから選択可能です。ファッションとしてVAPEを取り入れたいときにも役立ちます。

スティック型は値段も手頃です。VAPEにお試しで挑戦したい場合でも、手を出しやすいといえます。そのほか、メインで使うVAPEに対するサブキットとしても便利です。家ではメインキットを、外出先ではスティック型を使うなどしてみましょう。

4.おすすめVAPEスターターキットの紹介

この段落では、ユーザーのタイプ別にスターターキットのおすすめ商品を紹介していきます。ユーザーによって、VAPEに何を求めるかはさまざまです。また、VAPEに関する知識量でも「使いやすい」と感じる商品は変わるでしょう。自分が重視するポイントをはっきりさせたうえで、スターターキットを選ぶことが大切です。

4-1.初心者向け

スターターキットを選ぶVAPE初心者は少なくありません。なぜなら、「操作がシンプル」で、トラブルを起こしにくいからです。操作が複雑だと、液漏れをはじめとした事故も増えがちです。せっかく購入したのに、すぐに台無しになる危険もあります。初心者がスターターキットを選ぶときは使いやすく、手頃な価格の商品を中心にしましょう。

おすすめ商品として、「Joyetech eGo AIO Kit」が挙げられます。VAPEの良さを満喫できるエントリーモデルとしてリリースされ、多くのユーザーから愛されています。特徴的なのは、バッテリーとアトマイザーの融合により「全長118mm」というコンパクトなフォルムが実現した点でしょう。オールインワンタイプなので、持ち歩いても液漏れの危険が軽減されます。

さらに、ドリップチップにはスパイラルマウスピースが採用されました。吸い口からのリキッドの跳ね返りや液漏れを回避でき、初心者でも安全に使えます。なお、リキッド注入やコイル交換で開ける上部ユニットには、安全を考慮してチャイルドプルーフ対応ロックシステムがつけられました。ショップによって異なるものの、価格も5千円前後に抑えられています。

4-2.味重視の人向け

VAPEを使うなら「やはり味が肝心」との人もいるでしょう。安定して味を楽しみたいなら、「温度管理機能」の有無がものをいいます。温度管理機能があると、コイルが一定以上の熱を帯びないように調節できます。温度が安定すれば蒸気の味も変わりにくくなるうえ、コイルも焦げにくくなるでしょう。バッテリーの負担が軽減され、VAPE全体が長持ちします。

味重視の人へのおすすめ商品は「Cool Fire IV TC18650」です。まず、温度管理機能の充実度が高いのがメリットです。そのうえ、気密性も優れています。液漏れが予防され、携帯用としても便利です。熱されたリキッドが跳ね返ってくる危険を抑えられるアトマイザーもそなわっており、ユーザーのストレスも大きく解消されました。そして、出力調節のレンジが広くなり、いわゆる「爆煙」も堪能できます。初心者であっても爆煙に興味があるなら、思い切ってCool Fire IV TC18650から始めてみましょう。もちろん、中上級者にもマッチするキットです。

4-3.爆煙を楽しみたい人向け

タバコには大量の煙を肺に入れ、吐き出す「爆煙」という楽しみ方もあります。煙と蒸気の違いはあれども、VAPEでも爆煙は可能です。そのためには、「エアフロー機能」に着目しましょう。エアフローとは、自分で蒸気の量を設定できる機能です。蒸気の量は吸い心地を左右するだけでなく、味も変えてくれるのでヘビーユーザーには無視できないポイントといえます。

爆煙のおすすめスターターキットは「WOTOFO FLUX Kit」です。最大の特徴は、点火までに時間がかからない点でしょう。0秒で火がつき、VAPE愛好者は手軽に蒸気を味わえます。コンパクトなサイズでありながらも、高い出力によって爆煙を思う存分堪能できます。さらに、ドリップにはオリジナルデザインを取り入れ、唇へのフィット感が実現しました。味わいが深くなるだけでなく、喉にキック感も宿ります。シンプルでありつつ、蒸気量を増やしたいユーザーにはぴったりです。そのほか、優れたデザインやカラーバリエーションも大きな魅力です。

4-4.携帯性を重視する人向け

VAPEは携帯性も大切です。紙巻タバコ以上に吸える場所の多い商品だけに、気軽に持ち運べるとより深く楽しめるでしょう。携帯性の基準となるのは、「タンクが2.0ml以上」、「電池が1500mAh程度」といった2つの規格です。これらを満たしているキットを選ぶと、持ち運びに便利でしょう。一般的な使用方法であれば、この2つをクリアすることでリキッド補充や充電を気にしなくても丸1日堪能できます。

おすすめ商品は「Aspire X30 Rover Kit」です。ガラス製タンクは容量2.0ml、電池内蔵型は容量2,000mAhです。つまり、バッテリーや交換用のリキッドがなくても外出先でVAPEをたっぷり楽しめるキットといえます。サイズがコンパクトなだけでなく、付属ストラップも携帯性を高めてくれます。さらに、トップフィル式なのでリキッドを注入しやすく、液漏れもあまり起こりません。エアフロー調節もでき、蒸気量を自由に変えられます。蒸気の味を保つための特殊構造コイルもうれしいポイントです。すでにVAPEのヘビーユーザーになっているなら、積極的に選んでみましょう。

4-5.健康志向の人向け

喫煙の害はさまざまな場所で語られています。もっとも懸念されているのは中毒性の高いニコチンや、有毒であるタールを含んでいる点です。そのため、健康のままVAPEを使いたいのであれば、ニコチンやタールの出ないスターターキットを選ぶことが肝心です。

健康志向のユーザーにおすすめの商品として、「DR.VAPE(ドクターベイプ)」が挙げられます。コンセプトは「世界一おいしくて健康な電子タバコ」であり、かつてレディガガの専属スタイリストだった人が日本人の好みに合わせて開発しました。メリットは、ニコチンやタールが含まれていない点です。つまり、副流煙もなく、ユーザーはもちろん周辺の人間にとっても安全なキットです。安定した味わいと使い勝手のよさが高い次元で融合し、初心者でも問題なく使えます。

カートリッジ交換タイプなので、メンテナンスの必要はありません。リキッド交換も手間いらずで液漏れのリスクも減りました。フレーバーには「ほろ苦いタバコ味」「メンソール」「フルーツ系」などが用意されています。形状にはスティック型が採用されており、SNSに画像を投稿したくなるようなファッション性にも注目されています。

4-6.メンテンナンスが面倒な人向け

VAPEがほかのタバコと違う点は、メンテナンスが必要なところです。メンテナンスを怠るとVAPEの状態を保てず、味が落ちていきます。さらに、故障を早める原因ともなるでしょう。もしもメンテナンスを面倒に感じるなら、リキッド補充の必要がないカートリッジタイプ、もしくは使い捨てタイプを選ぶと便利です。

おすすめ商品は「VITAFUL(ビタフル)」です。基本的には使い捨てタイプであるものの、味のクオリティも低くありません。十分な吸い心地を味わえます。さらに、価格もリーズナブルなのでヘビーユーザーからも人気です。VAPEがどんなものか、興味本位で始める際にもぴったりでしょう。そのほか、リキッドにはビタミンやコラーゲンなどの栄養素も配合され、健康面にも注意が行き届いています。高いデザイン性は、ファッションアイテムとしても強く意識されています。コーディネートとマッチさせる、新たな楽しみが生まれるでしょう。初心者だけでなく、ヘビーユーザーの気分転換にもマッチします。

4-7.価格重視の人向け

嗜好品を末長く楽しみ続けるには、価格の問題がつきまといます。あまりにもコストが高いと、日常的にVAPEを吸うことが難しくなるでしょう。そもそもVAPEは消耗品なので、買い換えがふたんにならない価格帯を選ばなくてはいけません。スターターキットを価格重視で探すなら、3000~4000円ほどで使いやすいものを意識しましょう。

おすすめ商品は「Aura Mini(オーラ・ミニ)」です。税込み約4000円手頃であり、使い勝手も悪くありません。重さ83gのコンパクトボディでありながら、蒸気やフレーバーのバリエーションが豊富です。そのうえ、バッテリーは電源のオン・オフを切り替えるだけとシンプルです。世界的なデザイン賞を贈られるほど、その構造は絶賛されました。予算が少ないユーザーにはもちろん、初心者にもぴったりです。

5.スターターキットについての便利情報を紹介

どのように買い物するかで、スターターキットはお得になります。以下、スターターキットの購入について役立つ知識を紹介します。

5-1.スターターキットの購入はECサイトが便利

店舗やECサイト、ネットショップなどでスターターキットは手に入ります。中でも、店舗やECサイトであれば保証期間の設けられている商品を購入できるでしょう。特に、ECサイトはわざわざ店舗まで足を運ぶ必要がありません。パソコンの画面上で豊富なラインナップを確認し、ピックアップした商品を自宅まで届けてもらえます。

おすすめのサイトは、「LIBERTY FLIGHTS」です。「初心者」「爆煙を求めるユーザー」など、自身のタイプに応じてスターターキットをリサーチできるからです。価格から仕様にいたるまで、詳細な情報もすぐにチェックできます。期間限定セールやクーポン割引で商品を買えるのもメリットです。もちろん、すでにアカウントを取得しているなら、アマゾンや楽天などのネットショップも便利です。ただし、商品の安全性が完璧には保証されていません。出所が不明なキットもないとは限らず、注意しましょう。

5-2.長く楽しむコツはメンテナンス

VAPEは「メンテナンス」なくして長く使えません。部品交換や洗浄は必須です。たとえば、コイルが焦げるなどの問題が起きるとリキッドに悪影響を与えてしまいます。古いコイルを新しくするだけでも、フレーバーがおいしくなることがあります。また、アトマイザーの洗浄もこまめに行いましょう。

そして、1年前後を目安にしてキット本体を交換します。消耗品であるキットの保証期間が1年だからです。もちろん、1年を待たずして壊れることもあるので油断は禁物です。「蓋が閉まらない」「蒸気に違和感がある」など、少しでも不調を感じたら本体の交換を考え始めましょう。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)ベイプが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer