大注目のPOD型VAPE!人気の理由とどこで購入できるかを紹介

おすすめ
share on
大注目のPOD型VAPE!人気の理由とどこで購入できるかを紹介

禁煙化が叫ばれ、電子タバコへ移行した方が良いと考える愛煙家は多くいますが、不満や不安などを理由に思いきれない人が少なくありません。ただ、もしもこれらの不満を解消できる電子タバコがあるとしたらどうでしょう。

今回は、そんな悩みを解消できる「POD型VAPE」を紹介します。魅力や購入する際の注意点などを詳しく紹介していくので、読み終わる頃には、最適な1台を見つけられるようになっているでしょう。

1.POD型VAPEとは

形状の違いによって、「ペン(スティック)型」「POD型」「ボックス型」に分けることができるVAPE。これまではペン型かボックス型が主流でしたが、それぞれのメリットを上手く融合させたものがPOD型です。

pod型vapeは、ペン型とボックス型の中間に位置するタイプで、「POD」というリキッドを含んだカートリッジを取り替えるだけでリキッド、コイルの交換ができます。それぞれ取り外して交換する必要がなく、ペン型以上に高い操作性ながらボックスのような吸いごたえがあります。また、「ソルトニコチン」というPODは、紙巻タバコに近い喫煙味が味わえると愛煙家から好評です。

2.POD型VAPEと他のVAPEとの違い

今回おすすめするのはPOD型VAPEですが、ペン型およびボックス型はいわゆる代表的な電子タバコという特性を持っています。今後どのように変わっていくのかは未知数ですが、ペン型、POD型、ボックス型それぞれの特徴を知ってこそ自分に合ったVAPEが選べるというものです。それでは、POD型VAPEとペン型、ボックス型VAPEにはどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

2-1.ペン型

ペン型VAPEは、低価格、軽量かつ操作性が良くVAPE初心者に向く特徴があります。VAPEに限らず電子タバコはメンテナンスが必須なため、メンテナンス性は高ければ高いほど良いです。ただ、シンプルかつコンパクトな形状ゆえバッテリー容量が小さく、どうしても紙巻タバコと比べ吸いごたえが弱くなってしまいます。VAPE以外の電子タバコと比較すると吸いごたえがあるといわれることも多いですが、紙巻タバコと比べると大きな差があるので過度な期待は持たない方が賢明です。あくまでも手軽さが大きな特徴のタイプなので、初めて電子タバコを使ってみようという方やとにかく安いもので済ませたいという方におすすめです。

2-2.ボックス型

ボックス型VAPEは、ペン型と比べてボディが随分大きくなります。バッテリー容量が大きく吸いごたえもある反面、サイズの大きさ、重さや価格面がネックになってしまうので初心者には少々扱いづらいかもしれません。ただ、電力や温度を調節できるデバイスが主流のため、同じフレーバーのリキッドを使っていてもカスタマイズによって吸いごたえや味わいに大きな違いが出ます。カスタマイズ性を楽しめるようになった中級者以上から高く支持されているタイプです。ペン型VAPEでは吸いごたえに不満がある方、自分好みの吸いごたえを追求したい方などにおすすめの「これぞベイプ」といえる電子タバコです。

3.POD型VAPEの魅力と人気の理由

手軽さだけを求めるならペン型の方が良いでしょうし、高い専門性を求めるならボックス型の方が良いでしょう。見方によっては中途半端なポジションに感じられるかもしれませんが、POD型VAPEにはPOD型だからこその特徴、魅力があります。VAPE上級者や多くの愛煙家から支持されている理由には次のようなものがあります。

3-1.洗練された外観

紙巻タバコの選び方は基本的に「味」でしょうが、電子タバコの場合は「見た目」を重視して選ぶユーザーがたくさんいます。これは、銘柄によってデザインと味が決まってしまう紙巻タバコと違い、味(フレーバー)に関しては汎用性がある電子タバコだからこその特徴ともいえるでしょう。

一般的にPOD型VAPEはペン型に倣った小型シンプルなデザインのものが多く、ボックス型のようなごつごつとした感じではありません。すっきり、スマートなデザインで本体のカラーバリエーションも多彩、エナメル質やマッチな質感など多様な素材が使われていることも魅力です。

3-2.軽くて小さく携帯に最適

人によっては大きい方が良いと感じる場合もあるでしょうが、大半は持ち運び安い軽量コンパクト設計を好みます。たとえばボックス型VAPEの場合、女性なら手の平いっぱいになってしまうようなサイズのものもありますが、POD型VAPEならそんなことはありません。小さいものなら21×70×15mmというUSBメモリ程の大きさで重さも100g以下、中にはわずか20gというものもあります。専用のケースを持たずともポケットに入れてストレスフリーで持ち運びできます(薄型POD型VAPEで50×73.3×12mmほど)。

3-3.操作が簡単

シンプルながらメンテナンスの手間は小さくないペン型、自分好みにカスタマイズできるものの調整の手間がかかるボックス型。用途次第という部分もありますが、これらと比べPOD型は操作性が非常に高く圧倒的に簡単です。細かな調節を必要とせずリキッドをセットするだけですぐに吸引でき、煙の量や温度の最適化は自動で行われます。自分の好みとVAPEの仕様を完全に把握している上級者のようにとはいかないまでも、「誰でも」「簡単に」「最適な」調整で吸引することができる手軽さは大きな魅力です。

3-4.抜群のスロートキック

紙巻タバコ愛用者が電子タバコへ抵抗を感じる要因の一つに、「吸った気がしない」ということが挙げられます。紙巻タバコにはニコチンが入っているので、吸ったときに喉への刺激(スロートキック)が感じられますが、ニコチンが入っていない電子タバコはその刺激が感じられません。ただ単に煙(水蒸気)を吸って吐くだけではなく、そこにスロートキックが感じられて初めて「タバコを吸っている」と満足できます。

ところが、POD型VAPEはニコチンの有無にかかわらず吸いごたえを感じやすい特徴があります。使用するデバイスによって違いはあるものの、小型ながら煙の量が多めでフレーバーの味わいがしっかりしているので「吸った」という感覚を感じやすくなっています。(POD型)VAPE初心者の電子タバコに対する懸念の一つが解消できているからこそ、上級者にも高く評価されているわけです。

3-5.コイル交換が不要

電子タバコの構造上、吸い口、アトマイザーやボトムは洗浄することができますが、コイルは定期的な交換が必要です。発熱体であるコイルは劣化が早く、メンテナンスでどうにかなるものでもない以上は仕方がないことですが、いかんせんこの交換作業に手間がかかります。作業自体はそう難しいものではありませんが、わざわざ交換用コイルを購入して定期的に交換する煩わしさがずっと続くことを考えると「面倒臭い」と思うのが普通でしょう。

ところが、POD型VAPEはこのコイル交換が不要です。というのも、POD型VAPEはリキッドが使い捨てなので入れ替える必要がありません。リキッドがなくなれば新しいPODを交換しますが、そこにコイルも内蔵されています。分解、洗浄して組み上げるという一連の作業が必要なく、ただPODを付け替えるだけでコイル交換が完了です。メンテナンスをサボってコイルが焼き付くこともなく、常に良い状態で吸引できます。

3-6.メンテナンス不要

厳密にいうと、完全なメンテナンスフリーではないのですが、前述したコイル交換やアトマイザーの洗浄などの日常的なメンテナンスはほぼ必要ありません。PODには初めからリキッドが充填され、タンクやコイルも内蔵されているので、「使い切ったら交換」するだけで本来必要なメンテナンスが完了してしまいます。

リキッドがなくなった際にタンク洗浄、コイル交換を経てリキッドを充填するという流れのほとんどをカットし、手も汚すことも一切ありません。

3-7.他に比べて低価格

POD型VAPEの価格は2000~3000円程度のものが多く、5000~1万円程度のものが多いボックス型VAPEと比べて半額以下で購入できます。前述の通りメンテナンスフリーで耐久性も高いため、非常に高いコストパフォーマンスを誇ります。コンパクトかつ使い勝手が良いからこそ、メインではなくサブとして複数所有するユーザーもいるようです。

安価な選択肢が多いPOD型VAPEですが、中には高性能チップ搭載の高額なものもあります。元々は低価格が大きな魅力でしたが、人気の高まりによって今後さらなる選択肢の広がりが期待できます。

3-8.満足度の高いソルトニコチン

これまでもニコチン入りのリキッドはありましたが、紙巻タバコのそれとは根本的に違うため満足できないという声が多数ありました。電子タバコ自体、そもそもノンタール/ノンニコチンのアロマ的用途での使用がベースにありましたが、「ニコチンを吸いたい」というユーザーにとって、ニコチンの刺激が得られるかどうかが大きなポイントです。

POD型VAPEで使用するリキッドの一部には「ソルトニコチン」(ニコチンソルト)が使用されていて、従来のリキッドよりも遥かに高い濃度のニコチンを吸引できます。ソルトニコチンは本来のニコチンに近く、紙巻タバコのようなキック感やニコチンヒットを感じられると評判です。POD型VAPE購入に際して、ソルトニコチンに対応しているかどうかをチェックすると良いでしょう。

4.POD型VAPEはどこで購入できるのか?

VAPEの主な購入方法は大きく3つあります。それぞれの方法ごとに商品ラインアップ、価格やアフターフォローなどに大きな違いがあるほか、商品情報を得られる量が違う場合も多く、特に初心者は注意が必要です。

4-1.家電量販店・大型ディスカウントストア

家電量販店や大型ディスカウントストアなどでも、VAPEを販売していることがあります。主に使い捨てタイプ、ペン(スティック)型などの小型デバイスを扱うことが多く、ボックス型などその他のタイプは取り扱いが少ない可能性が高いです。実際に商品を見ながら判断できること、割引などでお得に購入できる可能性があることなどがメリットですが、一方で在庫数が少なく、同じ系列店でも店舗によってラインアップに差があるなども珍しくないので、事前に在庫確認をしておくと安心です。

4-2.VAPE専門店

販売数、ラインアップともに非常に多いところが特徴で、使い捨て、ペン型、ボックス型からPOD型まで揃っています。海外に比べると数が少なく、地域によっては車などで数時間かかってしまうこともありますが、実際の商品を手に取って確認したい場合や購入、使用に対する疑問や相談がある場合には、多少の手間がかかっても実店舗への来店がおすすめです。また、オンラインストアも展開していて、そこでも使用方法などが詳しく紹介されているので、初心者でも安心して利用できます。

4-3.ネット通販

VAPE専門店に負けず劣らず幅広い商品ラインアップがありますが、商品の詳しい情報や使用方法などは紹介されていない場合も多いので、事前に下調べをしておく必要があります。VAPEの知識に乏しい初心者にとっては、少々難しいかもしれません。また、中には粗悪品や類似品が紛れている可能性もあるため、この見極めも必要です。販売元に関する口コミなどをよく調べて安全性を確認しましょう。相場価格を大幅に下回る安い商品はそういったリスクが高まるため避けた方が無難です。

5.POD型VAPE購入時の注意点

POD型VAPEの購入に際し、たとえば「長期的に利用できる信頼できる店舗を利用する」などを意識しておくと、それだけで安心感が変わってきます。もっともこれは専門店が近い場合以外は中々難しいのですが、他にも注意した方が良いポイントがいくつかあるのでよく覚えておきましょう。

5-1.未成年は購入不可

電子タバコという名称で呼ばれますが、VAPEは紙巻タバコと同じように法律で規制されているわけではありません。人体に有害なニコチンやタールを含まないリキッドを使うVAPEは、明確に未成年者の購入および使用を禁止する必要性がないからです。しかし、VAPE専門店をはじめ多くの販売店では未成年者への販売を規制していることがほとんどで、購入時には年齢確認を求められることも珍しくありません。あくまでも自主規制という形ですが、未成年者のVAPE購入および使用は不可だということを覚えておきましょう。

5-2.悪質な店舗がある

購入方法の部分でも少し触れましたが、通販サイトでVAPEの類似品や粗悪品などが流通していることがあります。大手通販サイトだから安心できるというものでもないため、必ず事前の確認を行いましょう。購入者のレビューや販売店のネットでの評判などをチェックしておくと、そういったリスクを減らすことができます。また、フリマアプリやオークションサイトなどを利用して購入することもできますが、この場合は商品の正当性を保証することが非常に困難です。結局のところ、VAPE専門店が一番安心できる方法になるので、可能な場合はこちらの利用がおすすめです。

5-3.リキッドは成分表示を確認する

リキッドは非常に種類が多く、フレーバーだけでもさまざまなものがあります。製造元も国内、国外と多岐にわたり、同じフレーバーリキッドでも成分や製造環境の違いなどから安全性にも違いがあります。場合によってはタバコ以上に人体へ害を及ぼす可能性もゼロではないため、購入する場合は製造元やリキッドの成分が明記されているものを選びましょう。吸引により体内に取り込む以上、少しでも安全性の高いことが選択基準の一つになります。また、年々増加しているニコチン入りリキッドについては特に扱いがデリケートなものです。必ず安全性を確認してから購入しましょう。

5-4.ニコチン入りは個人輸入

ニコチン入りのリキッドは、薬機法により日本国内での販売が禁止されています。年々人気が高まっているニコチン入りリキッドを使いたくてPOD型VAPEの購入を検討している人も多いでしょうが、その場合は個人輸入という形で購入することになります。合法地域へ渡航した際に購入するという方法もありますが、日常的に海外へ渡航している人でもない限り個人輸入を利用する機会が多くなるため、よく覚えておきましょう。個人利用に限り輸入許可は不要ですが、購入後に他人へ譲渡または販売することは禁止されています。リキッドの管理は厳重に行い、輸入量制限(月あたり120ml)にも注意しながら計画的に購入しましょう。

6.おすすめのPOD型VAPE

ここまで、POD型VAPEに関する基本的な部分を紹介してきましたが、続いてはおすすめの商品を紹介していきます。デザイン性を重視するのか、機能性を重視するのかなど、どんな特徴を持ったVAPEが好みなのかチェックしておきましょう。

6-1.EasyVape TARLESS

国内最大級の電子タバコ口コミサイトがプロデュースするスターターキットの第2弾として注目され、一部では「最強」とも評されていますが、POD型VAPEらしい使い勝手の良さが魅力です。

マットブラックの本体は薄くて渋いデザインで、スーツのポケットに入れていても違和感はありません。キャップが付いているので衛生的にも良好です。本体横のスイッチを操作するだけの操作性の良さ、メンテナンス不要の手軽さが初心者向けにぴったりです。また、TARLESS(ターレス)にはロング、ショート2種類のカートリッジが付属していて、吸い心地やPOD使用の有無などによってお好みで使い分けることができます。吸い心地軽めがお好みならショート、重めの吸い心地がお好みならロングと1台で使い分けられるところも嬉しいです。

6-2.aspire Nautilus AIO

ブラックにゴールドのワンポイント装飾が高級感を醸しながらも、わずか50gと軽量な本体が特徴です。POD型VAPEに多いスティック型ではなくボックス型に近い形状ですが、手のひらサイズの小さくコンパクトなボディはストレスフリーで使えます。充電時、紫色に光るパフボタンもおしゃれ。

本体上部に設置するPODを入れ替えるだけの一体型オールインワン形状、電源オン・オフの切り替えもパフボタン操作のみというシンプルさは初心者にとっても嬉しい配慮といえるでしょう。エアーフローコントロールが付いているので、好みの吸い心地に合わせた調整もできます。コイルが温まってくるとより強く味を感じられる点も、「さすがノーチラス」といったところでしょう。紙巻きたばこを遥かに凌駕するミスト感も人気の秘訣です。

6-3.JUSTFOG MINIFIT

手のひらサイズ、正にUSBメモリと変わらないコンパクトなデザイン(21×70×15mm)が特徴です。スターターキットの優秀さ、タバコ感の強いデバイスを多数ラインアップするJUSTFOGだからこそできた傑作POD型VAPEといって良いでしょう。タバコのような吸い方(MTL)を好むユーザー向けのデバイスを多くリリースするメーカーということもあって、この商品もタイトドロー向けです。いわゆる「ニコチンフィーダー」(ニコチン摂取機)として、高濃度ニコチンリキッドや強メンソールリキッドなどのキック感が堪能できます。

簡易デバイスとしてサブ使用向きですが、100%日本製のオーガニックコットンウィック、ニクロム線コイルを使っているので本格的なVAPEの味の片りんは十分に感じられます。コンパクトなボディを甘く見るなかれ、ツボを押さえたスペックでついついポケットに忍ばせたくなる1台です。

6-4.LIBERTY FLIGHTS DOT

フレーバーリキッドの製造販売で高く評価されるリバティフライツからリリースされたPOD型VAPE「DOT」は、コイル内蔵の使い捨てリキッドが入ったPODを付け替えるだけで使えます。吸い口部分のPODを取り替えるだけのメンテナンスフリー構造は、初心者やVAPEのメンテナンスを煩わしく感じている人に打ってつけ、1回のリキッド交換で約3箱分吸える点も魅力です。同社の豊富なリキッドが楽しめ、ソルトニコチン入りPODを使えば紙巻タバコに近い味わいが楽しめるところもおすすめです。

7.POD型VAPEを購入するならどこがおすすめ?

数々の魅力的な商品がラインアップするPOD型VAPEですが、ここでは特に「LIBERTY FLIGHTS」(リバティフライツ)をおすすめします。リバティフライツは、世界40か国に店舗を置くイギリスの電子タバコブランドで、国内自社工場にて厳しい品質管理の中で生産を行う信頼できるメーカーです。電子タバコの安全性を考慮する要因の一つがリキッドの品質ですが、このように同社は厳しい管理体制の中で生産しているため信頼できる品質です。中でもおすすめはメンソールで、ドライでさっぱりとした味わいは日本人好みといえるでしょう。

購入は個人輸入の形になるので、月々の輸入量までであればニコチン入りリキッドも購入できます。購入ポイントシステムがあるので、継続して利用するほどお得になります。新規会員登録時の割引特典、お気に入りや購入履歴などの機能が使えるところも便利です。

8.初心者におすすめ!POD型VAPEは信頼できるサイトで購入しよう

今回は、大人気POD型VAPEの魅力とおすすめ商品について紹介してきました。初めてのPOD型VAPEだからこそ、安心して楽しめる信頼性が高い販売店を選ぶことが大切です。ここでおすすめするリバティフライツなら品質、リキッドが豊富、個人輸入で簡単にニコチン入りリキッドが購入できるなど必要なポイントをしっかり押さえられています。POD型VAPEでも異なる特徴を持つことを楽しみつつ、自分に合った最適な1台を見つけて堪能しましょう。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer