VAPEのペン型はココが良い!利用するメリットとおすすめデバイス8選

おすすめ
share on
VAPEのペン型はココが良い!利用するメリットとおすすめデバイス8選

非喫煙者にも人気が広がり続けているVAPE。吸えれば同じと思いがちですが、VAPEにはたくさんの種類があり、それぞれのメリットも大きく違います。使用するシーンや頻度、デバイスごとに違う機能など、目的や好みに応じて自由に選ぶことができるのです。この記事では、たくさんあるVAPEのデバイスについて、おすすめやメリットなどを含め詳しくご紹介します。

1.VAPEのデバイスにはどんな種類がある?

VAPEのデバイスには大きく分けて3種類あり、それぞれメリットが違います。ここでは、VAPEのデバイスの種類をご紹介します。

1-1.ペン型

ペン型は数あるデバイスの中でもとても軽く、使い方も比較的簡単なものが多くあります。初心者にも使いやすいので、どれを買ったら良いのか迷ったら、まずはペン型を試してみると良いでしょう。構造もあまり複雑ではないので、お手入れやメンテナンスも気軽に行えるのがペン型の魅力。その代わり、出てくる蒸気はやや控えめで、吸い心地が軽くなります。人が多い場所や職場など、蒸気を控えめにしたいときは最適でしょう。ペン型でも蒸気の量を調整できるものが多く、場面に応じてある程度の吸い心地が選べます。コンパクトで持ち運びがしやすいので、荷物を少なくしたい方、鞄を持ちたくない方などにぴったりです。

1-2.ボックス型

ボックス型のデバイスは、電力や温度を変更できるものが多く、VAPEを吸ったことがある方、自分好みの味わいに調整したい方などにぴったりです。部品を組み換えカスタマイズできる分、ある程度VAPEに慣れた上級者向けになるでしょう。VAPEに使われるフレーバーリキッドは、出力数(ワット数)により味が大きく変わるもの。他のペン型やスティック型に比べ、出力数の調整も幅が広く、使うリキッドに合わせて味わい・蒸気の量を調整できます。部品の組み換えもできるボックス型デバイスは上級者向けではありますが、初心者でも扱いやすいスターターキットも発売されています。

1-3.スティック型

スティック型はペン型と同じく、軽量で持ち運びやすいのが特徴。デバイスの中では最も軽く小さいので、胸ポケットの中でもすとんと入れておくことができます。デザイン性に優れたものも多く、人とはちょっと違う、オシャレな電子タバコを使いたい方にぴったりです。タイプもさまざまで、手軽に使える使い捨てタイプ、色々な味が楽しめるリキッドタイプ、メンテナンス不要なカートリッジタイプがあります。使い捨てタイプのものは、バラエティショップなどあちこちのレジ横で目にするようになりました。良く分からないけど安く試してみたい、という方は、使い捨てのものから試してみるのも良いでしょう。

2.VAPEのペン型を使用するメリットと注意点とは?

VAPEのさまざまな種類について説明しましたが、ここからはVAPEのペン型にスポットを当て、使用する際のメリットと注意点を詳しくご紹介します。特にVAPEを初めて利用する方は、ぜひ最初の第一歩として、ペン型のVAPEを試してみてください。

2-1.メリット

ここでは、まずペン型のVAPEを選ぶことで得られるたくさんのメリットをご紹介します。他のデバイスと比べ何となく物足りなさそう、と思われがちですが、ペン型の良い所はその小ささにあるのです。

2-1-1.スリムで持ち運びに便利

前述でも触れた通り、ペン型はとても軽量であり、持ち運びがしやすいタイプです。胸ポケットにもすんなり入るサイズなので、荷物を増やしたくない方や、元々バッグを持ち歩かない男性でも気軽にVAPEを楽しむことができます。また、外で大きなデバイスを使うのは恥ずかしい、という方でも、スリムなペン型であれば目立たず使うことができるのです。気軽に忍ばせ、必要なときにスッとスムーズに吸えるのは大きな魅力です。シンプルでオシャレなデザインも多いので、邪魔にならない長さや手が疲れない重さなど、好みのVAPEを選びましょう。

2-1-2.操作が簡単

ペン型のVAPEには、難しい操作やメンテナンスはありません。ほぼボタンを押すだけで吸えますし、定期的な掃除も簡単にできるので、初心者でも扱いやすいタイプです。例えばカートリッジ式のペン型であれば、使い終わったカートリッジを交換するだけなので、中の掃除も必要ありません。必要なのは本体の充電だけです。リキッドの注入もする必要がなく、注入時にこぼしたり拭いたりといった面倒くさい作業もなくすぐに楽しむことができます。 また、VAPE本体で重要な「アトマイザー」という部品。中にはこのアトマイザーを手軽に交換できるデバイスもあり、慣れてきたかなと思ったころ、別のアトマイザーに交換し違いを試すこともできます。アトマイザーによる味・蒸気の違いなど、改めて楽しむことができるでしょう。交換する際は説明書を良く確認し、互換性があるものを選びましょう。

2-1-3.価格が比較的安い

ボックス型のVAPEは価格が約1万円前後するものもあり、初心者にとって気軽に試しづらいものです。初めて買ってみて何か違う、となる不安を考えれば、うかつに手は出せない方が多いのではないでしょうか。一方ペン型であれば、約1000円~約3000円と、1万円以下で購入できる安価な商品が多くあります。初めてで気軽に試したい、なるべく初期費用を抑えたい、という方は、ペン型が向いているでしょう。低価格でも、リキッドの漏れや跳ねを抑えてくれる高機能のVAPEも増えていますので、自分の予算の中で機能を比較して選びましょう。

2-2.注意点

気軽に利用できるペン型VAPEですが、本体は精密機器。安全に長く使用するにはもちろん注意点もあります。ここからは、ペン型を安全に使用するための注意点をご紹介します。

2-2-1.持ち運ぶ際は落下しないように気をつける

ペン型デバイスの最大のメリットは、何といっても持ち運びがしやすい点。ですが、外出先でうっかり落下させるなど強い衝撃を与えると、思わぬ破損や故障にもつながります。それを防ぐためにも、持ち運ぶ際は専用のケースに収納するなど、工夫と対策をしておきましょう。VAPEの人気とともに、ケース類も数多く販売されるようになりました。衝撃に強いもの、コンパクトさを損ねないようなスリムなもの、リキッドも一緒に収納できるもの、材質にもこだわれる革で作られたものなどもあります。自分が使っているVAPEのサイズを確認し、好みのケースを探してみましょう。

2-2-2.定期的に掃除とメンテナンスを行う

同じペン型のVAPEでも、カートリッジ式は使い終われば交換するだけなので、基本的にメンテナンスは不要です。しかし、リキッド式を使用する場合、そのつどリキッドを補充する必要があるため、定期的な掃除やメンテナンスをしなければなりません。面倒だからと掃除をしないまま使い続けると、雑菌が繁殖したり、リキッドがこびりついて味が悪くなったりする可能性があります。VAPEのリキッドは成分上雑菌が繁殖しやすく、アトマイザーはこまめに掃除をしなければなりません。 水洗いなどの手入れなら週に1回、エタノールなどを使用した手入れなら2週間に1回を目安におこないましょう。手入れをする際、アトマイザー以外の部分は水に濡らさないように注意します。洗浄する場合は説明書をよく読んでおこない、必ずしっかりと乾燥させてから戻すようにしましょう。

3.VAPEのペン型を選ぶときの5つのポイント

ここからは、いざペン型のVAPEを買う際に迷わないよう、選ぶときのポイントを5つご紹介します。ぜひ参考にして、好みの1台を選んでみてください。

3-1.液漏れがしない構造であるか

VAPEを使用していると、リキッド漏れが発生することがあります。放り込んだポケットやケースの中で漏れてしまうと、しみ出したリキッドが他のものを汚しシミになってしまうことも。どんなにしっかりと締めたつもりでも、気付いたらケースの中がびちゃびちゃ、ということもあるのです。そんなリスクを避けるためにも、あらかじめリキッド漏れがしにくい構造のデバイスを選んでおきましょう。例えば、気密性が高い構造のもの、本体パーツが一体化しているオールインワンタイプのものなどを選んでも良いでしょう。 オールインワンタイプであれば一体化しているため、ボディもスリムでごつごつ感がありません。オールインワン以外のタイプに比べて味わいはやや落ちると言われていましたが、そのデメリットを解消し、しっかりと味わい深く楽しめるデバイスも多くなりました。

3-2.内蔵バッテリーの容量が多いか

充電式のVAPEはバッテリーが内蔵されており、その容量はデバイスによって違います。外ではあまり使わないからと容量の少ないものを選ぶと、思わぬタイミングでバッテリーが切れたり、家の中でも頻繁に充電しなければならなかったりと、次第に煩わしく感じることも増えるでしょう。ペン型を選ぶときは、最初からバッテリーの容量が多いものを選んでおいた方が、後々の不満も少なく済みます。蒸気の量や吸う頻度により変わりますが、目安としては少なくとも1500mAh以上のものを選ぶのがおすすめです。外で問題なく1日使いたい方は、2000mAh以上を選びましょう。 もちろん、バッテリーの容量によっても価格は大きく変わります。初めてだからと安いものから始めるのも良いですが、先々使い続けることも念頭にいれて比較しても良いでしょう。慣れたころに外での使用が増えてくると、持ち歩き用のバッテリーなど余計な荷物が増えてしまいます。

3-3.可変電圧機能を搭載しているか

VAPEは、内蔵されているコイルに電気を流すことで、リキッドを加熱し蒸気に変えている仕組みです。つまり可変電圧機能とは、その流す電圧を変更することで、蒸気の量やリキッドの味わいを変えることができる機能です。デバイスはとても高機能なものが増えていますので、シンプルなペン型にも可変電圧機能がついているものがあります。最初のうちは新鮮に感じられたVAPEも、慣れてくると何だか物足りない、と感じるようになるでしょう。 そんなときでも、可変電圧機能がついているものを選んでおけば、後からでも蒸気の量や味わいを自分好みに調整することができます。ボックス型などに比べ大きな調整はできませんが、初めのうちであれば、ペン型でも満足のいく調整をすることができるでしょう。

3-4.お手入れがしやすいデバイスか

リキッド式のペン型を選ぶときは、手入れがしやすいものかどうかも注目してみましょう。毎日するわけじゃないから、と複雑なものを選んでしまうと、手入れが面倒になり、内部の汚れや味わいにも影響するようになります。初心者の方であれば、例えば本体から簡単にタンクが取り外せるものが良いでしょう。取り外しが簡単であれば、気が向いたときや何となく味が変わったときなど、こまめなメンテナンスが気軽におこなえるのです。手入れをする際には、洗浄したパーツが完全に乾くよう注意し、細かい隙間や溝の水分も、ティッシュや綿棒で吸い取っておきます。戻すときも、破損やゆがみを防ぐために、あまりきつく締めすぎないようにしましょう。

3-5.温度管理機能を搭載しているか

VAPEはリキッドを熱して蒸気を出す、というのは前述したとおりです。温度管理機能とは、そのコイルの加熱温度の上限を設定する機能のこと。何となく慣れた上級者の方が気にする機能に見えますが、実は慣れていない初心者の方にとっても重要な機能なのです。温度管理機能を使う事によって、コイルやコットンの焦げを防ぎ、バッテリーの消費を抑えることもできるのです。難しいことは分からないけど何も考えずに楽しみたい、という方にこそ適した機能でしょう。 それだけではなく、リキッドは温度調節により味わいが変わります。ということは、温度管理機能を使って甘みを増したり抑えたりと、自分好みに味わいを調整することができるのです。

4.購入時の参考に!VAPEのペン型のおすすめデバイス8選

ここからはペン型の中でもおすすめのデバイスを8種ご紹介します。ぜひ自分好みの機能を厳選し、ぴったりな一台を見つける参考にしてみてください。

4-1.Eleaf iCare 160 kit

こちらはリキッドを本体のトップから注入するタイプです。後部から注入するタイプに比べこぼしにくく補充することができ、液漏れを防ぐことができる構造になっています。Eleaf iCare 160 kitに使われているIC1.1Ωコイルは、小さいながらも味を損なわずに蒸気を作ることができます。持ち歩きやすいサイズで多くの蒸気を作り出せるため、初心者でも使いやすく楽しめるデバイスです。バッテリーの容量も1500mAhあり、入るリキッドの量も多いので、外で気軽に楽しむにはぴったりでしょう。タンクの作動や電源のオン・オフもボタン1つでできるので、難しい操作はありません。 また、本体のライトがインディゴ・グリーン・ブルー・レッド・パープル・イエロー・ホワイトの7種類から設定変更することができ、不要なときはもちろん消しておくこともできます。

4-2.Innokin iTaste CLK

可変電圧機能を搭載しており、本体下部にあるダイヤルを回すことで、7段階の調整ができます。始めのうちは少しずつ段階を上げていき、慣れてきたら蒸気を多くする・シーンに応じて蒸気を少なくするなど、そのつど調整ができるのも大きな魅力です。バッテリーの減り具合もランプで確認することができ、外出先でも充電切れの不安がありません。パススルー機能も付いており、充電をしながらの使用も可能。ストラップを取り付けることができるので、うっかり落下させる危険も少なく利用できるでしょう。

4-3.Joyetech eGo AIO LimitedEdition

ロングセラーとなっているJoyetech eGo AIOの10周年スペシャルエディション。シンプルな構造になっており、手入れや使用法など、初心者でも手軽に使いやすいデバイスです。リキッドの補充やコイル交換時に開ける上部には、ちょっと珍しいチャイルドプルーフロック設計が備わっています。アトマイザーは押しながら回さなければ開かないので、小さなお子様が興味を持っても安心です。オールインワンなので液漏れもしにくく、吸い口もリキッドが口腔内に入る跳ね返りを最大限抑えられる構造になっています。カラーバリエーションも7種類と豊富で、ちょっと変わった色を持ちたい、という方にもぴったりです。

4-4.Joyetech eGo ONE TFTA Kit

トップタンク式・トップエアフローのため、液漏れを防ぐ構造になっています。完全にタンクを外すことができるので、洗浄もしやすいタイプです。スターターキットにはコイルが2個付属していますが、このコイルがとても優秀。新しく採用されたヘッドコイルにより、上質な蒸気を味わい深く楽しむことができます。内臓バッテリーも2300mAhととても多いので、外出先でも安心して連続使用することが可能です。特に注目したいのが、過放電や過充電に対し、一定の電圧を出力する「デュアルサーキット保護」というモードを備えている点です。これにより、充電の減り具合で味が変わる、などが起こりにくくなります。 本体の柄は全て同一ですが、カラーバリエーションも5種類と豊富で、自分好みのものを選ぶことができます。全体的にシックな印象で、電源ボタンも柄に溶け込むようデザインされているので目立ちません。ごてごてしない、大人のオシャレを楽しみたい方にもぴったりです。

4-5.eGo AIO D16

eGoは、前述にもある世界的に人気な電子タバコ会社「Joytech」のトップブランド。液漏れがしにくいオールインワンタイプのデバイスです。吸い口であるドリップチップはスパイラル状になっており、液漏れに加えリキッドの跳ね返りもしづらくなっています。そのため、リキッドが口腔内へ侵入することもなく、不快感なく吸える構造になっています。LEDライトの色が7種類から設定することができ、電源が入っているかわかりづらい、という方は変更してみると良いでしょう。 スラッとしたデザインで柄がないので、シンプルなものが好きな方におすすめです。カラーは6種類あり、ステンレスのようなメタリックに明るいカラーがとてもオシャレ。前述の10周年スペシャルエディションと同じくチャイルドロックが備わっています。

4-6.eGo AIO Kit

本体の長さが12cmとコンパクトなデザインに加え、液漏れのしにくいオールインワンタイプなので、鞄やポケットにも安心して入れておくことができます。カラーは5種類から選ぶことができ、全体的にシンプルな色合いです。こちらにもチャイルドプルーフロックが備わっているため、お子様のいる家庭でも安全に使用できるでしょう。上部のキャップ部分を左右に操作し、エアフローを調整して吸い心地を変えることができます。リキッドの補充も簡単で、構造も簡単になっているので、トラブルの原因を探りやすいのもメリットでしょう。 味も濃く蒸気の量も多いので、味を楽しみたい方はもちろん、禁煙目的の方にもぴったり。価格は抑えめになっているので、初めてVAPEを使う方にはおすすめの1台です。

4-7.Eleaf iCare solo kit

本体が薄くコンパクトなので、ポケットへ入れていても目立ちません。バッテリーとアトマイザーが一体になったオールインワンタイプで、リキッドをトップから補充するので液漏れもしづらいデバイスです。Eleaf iCare soloのタンク部分には、リキッドを補充する目安である黒いラインが入っています。慣れないうちはたくさん吸えるようにとつい多く補充しがちですが、このラインを目安にすることで、リキッドの入れ過ぎを防ぐことができるのです。 カラーも高級感のあるブラック1色のものから、ホワイト×カラーのものと可愛らしいデザインになっています。メンソールのリキッドと相性がとても良いので、日頃からメンソールやミントを好んで使用する方はぴったりでしょう。価格も安く、初期費用を抑えたい方、サブ機としてもう1つ持っておきたい方にもおすすめです。

4-8.Joyetech eGo ONE CT XL Kit

こちらの特徴は、何といっても温度管理機能を搭載している点でしょう。コイルを加熱して楽しむVAPEでは、温度が上がりすぎるとリキッドの供給が追い付かず、蒸気に辛みや焦げた風味を感じる「ドライヒット」が起こることがあります。これはコットンが渇いたまま熱せられ焦げてしまった状態なので、辛いと感じた蒸気はただの煙。味も悪く、喉にも良くありません。こちらのデバイスは温度管理機能を搭載しているので、蒸気の量を調節でき、ドライヒットも起こりません。また、充電のバッテリーの消費を抑えることもできます。操作も簡単なので、初心者の方にもぴったりなデバイスでしょう。

5.VAPEのデバイスはペン型を利用してみよう!

VAPEのペン型デバイスは、持ち運びもしやすく操作も簡単なため、上級者はもちろん慣れていない方にもおすすめです。「LIBERTY FLIGHTS」でもペン型のデバイスを多数用意していますので、それぞれの性能を比較したうえで、ぜひ購入を検討されてはいかがでしょうか。自身にぴったりな1台を見つけられるよう、じっくり比較してみて下さい。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)VAPEが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer