ニコチンをこよなく愛する人へおすすめしたい!味わい深い電子タバコ

おすすめ
share on
ニコチンをこよなく愛する人へおすすめしたい!味わい深い電子タバコ

ニコチン入りのリキッドは薬機法によって国内における販売が制限されているため、ニコチンを摂取したい人にとっては物足りないでしょう。海外にはニコチン入りリキッドを販売するショップが多数あり、個人輸入も可能です。 しかし、海外サイトから購入する場合、問題なく届くかなど、不安を感じる人も多いかもしれませんね。そこで、今回はニコチン入りリキッドを安心して購入できるショップの選び方や購入方法について紹介します。

1.電子タバコとは?水蒸気を吸う次世代タバコ

電子タバコは世界共通の呼称としてはVAPEと呼ばれるものです。従来の紙巻きタバコや加熱式タバコとは異なり、タバコの葉は使用しません。その代わりにリキッドを加熱して発生する水蒸気を吸引するというもので、まったく新しい概念のタバコといえます。ここでは電子タバコの特徴や加熱式タバコとの違いについて解説しますね。

1-1.加熱式タバコと電子タバコの違い

加熱式タバコの代表的な商品としては「アイコス(iQOS)」や「グロー(glo)」、「プルームテック(Ploom TECH)」などがあります。加熱式タバコのしくみとはタバコ葉を燃やす代わりに電気で蒸して水蒸気を発生させ、それを吸い込むというものです。それに対し、電子タバコ(VAPE)はタバコ葉ではなくリキッドと呼ばれる液体を加熱し、発生する水蒸気を吸引します。
加熱式タバコは直接タバコ葉を加熱するため、発生する水蒸気にもニコチンが含まれている点は紙巻きタバコと変わりません。一方、日本で売られている電子タバコのリキッドにはもともとニコチンが含まれておらず、その水蒸気を吸ってもニコチンを摂取することはできません。つまり、ニコチンを摂取できるかどうかが日本における加熱式タバコと電子タバコの大きな違いといえます。

1-2.電子タバコのしくみ

電子タバコのデバイス本体は「バッテリー」と「アトマイザー」から構成されています。バッテリーは電子タバコの出力を左右する要素です。また、アトマイザーには電力を熱に変えてリキッドを加熱する機能を持つ「コイル」やリキッドを染み込ませる綿(ウィック)、リキッドを入れるタンクが含まれています。
電子タバコを満喫するためには、バッテリーとアトマイザーの組み合わせを慎重に考える必要があるのです。そこがうまくいかないとリキッドのおいしい味わいを満喫できなかったり、電子タバコとして正常に動作しなかったりするケースもあります。バッテリーとアトマイザーの組み合わせを決めるときに失敗を回避するための手順としては、最初に好みに合うアトマイザーを選びましょう。それから、アトマイザーと相性の良いバッテリーを選ぶのが間違いないといえます。

1-3.電子タバコのデバイスの種類

電子タバコのデバイス本体には非常に多くの種類があり、世界各国のメーカーによって日々、数えきれないほどの製品が製造されています。デバイスの分類方法にも何通りかの種類が存在するのです。まず、BOX型やペン型などデバイス本体の形状で分類されています。また、クリアロマイザーやRTA、RDAやRDTAなどはコイルのしくみのよる分類方法です。あるいは、リキッド式やカートリッジ式、使い捨てなど、リキッドの充てん方法で分類されることもあります。これらの分類方法は電子タバコユーザーの用途や好みに応じて商品展開されており、商品の特徴を説明する要素として複数の分類方法が表記されることもあるのです。
また、リキッドにも多くの種類や商品がありますが、ベースの成分やフレーバーの違いといった使用感や味わいに変化をつけるための違いにすぎません。あらゆるリキッドは基本的に、どのようなデバイスにも問題なく使用できます。

2.電子タバコのリキッドとは

電子タバコに使用するリキッドには非常に多くの種類があり、デバイス以上に多種多様なものが作られています。しかし、リキッドの成分は香料を除き、ほとんど共通の物質です。ただし、成分の割合をコントロールすることによってリキッド商品の特徴に変化を持たせています。ここでは、電子タバコのリキッドの成分と種類について説明しますね。

2-1.リキッドの成分

電子タバコのリキッドはVG(グリセリン)とPG(プロピレングリコール)がベースとなっており、そこにフレーバーを加えたものです。VGとPGの配合比率によってスロートキックや煙(水蒸気)の量が決まるなど、リキッドの特徴に変化が生まれます。リキッドの味やタバコらしい吸いごたえを強く感じたい場合はVGが多め、爆煙を楽しみたい場合はPGが多めのリキッドを選ぶと良いでしょう。また、ベースにさまざまな香料を添加することによって個性的で魅力的なフレーバーが生まれます。

2-2.リキッドの種類

電子タバコのリキッドには無限の商品数が存在するともいわれており、種類だけをみても数えきれないほどたくさんあります。VGとPGの割合による特徴としては「爆煙を楽しめるタイプかどうか」程度であり、フレーバーのジャンルをもとに分類されることが一般的です。フレーバーのジャンルには次のようなものがあります。
まず、フルーツ系リキッドです。パイナップルやマンゴーなどトロピカルフルーツ系やかんきつ系、イチゴやブルーベリーといったベリー系など、ありとあらゆるフルーツのフレーバーを楽しめるリキッドが商品展開されています。次にクッキーやケーキ、チョコレートやキャラメルといったスイーツ系のリキッドも人気ジャンルです。それから、メンソール系リキッドはマイルドでライトなフレーバーから刺激の強いハードメンソールまでバラエティーに富んだフレーバーがあります。
その他にはコーヒーや紅茶、エナジードリンクなどの風味を感じられるドリンク系リキッド、アロマやおかず系などユニークなフレーバーのリキッドもありますよ。また、タバコ味のリキッドも存在するのです。ただし、日本国内で売られているタバコ系リキッドはタバコの味だけを再現したもので、ニコチンは含まれていません。ニコチン入りリキッドはネットショップでも実店舗でも、国内ではほとんど取り扱いがないのです。

3.電子タバコのニコチン入りリキッドの安全性・海外での人気

日本の薬機法ではニコチン入りリキッドの販売や譲渡について、有効性や安全性などの確認による承認が必要としています。しかし、これまでに認可された製品はなく、実質上は禁止されているといえるでしょう。 ニコチンを含む製品は薬機法第二条第一項に定める「指定第2類医薬品、無機薬品及び有機薬品(51成分)」に該当します。ちなみに、第2類医薬品とは副作用などにより日常生活に支障が出るほどの健康被害を引き起こすおそれがある医薬品のうち、第1類医薬品を除いたものです。
一方、海外からの個人輸入は一定条件のもとで認められています。一度に個人輸入できる量は、1人が1カ月間に使用する量と想定される120mlまでです。個人輸入の間隔が短い場合は「1カ月あたりの使用量を超える量」と判断されて税関で止められてしまうケースもあります。
ここでは、ニコチン入りリキッドの安全性や使用上の注意や海外で人気がある現状、および、禁煙や減煙との関係についてみていきましょう。

3-1.安全性と注意点

ニコチン入りリキッドは日本では厳しい規制を受けていますが、イギリスではまったく異なります。イギリス王立公衆衛生局(PHE)によってニコチン入り電子タバコは禁煙治癒ツールとして承認されており、保険も適用されるのです。
ニコチンが劇薬指定されている毒物であることはいうまでもありません。 また、電子タバコそのものが人体に与える影響については、まだ、議論が続いています。電子タバコそのものの歴史がまだ短く、長期的な医療データが出そろっていないためです。 電子タバコによる健康被害がないと断言できる段階にはありませんが、紙巻きタバコよりは健康被害が少ないとする見解は少なからずみられます。その説の根拠はタールが含まれていないこと、および、ニコチンを燃焼による煙としてではなく水蒸気として吸うことです。
それに対し、リキッドのベースであるPGをアレルゲンとする説や、過剰摂取すれば人体への悪影響が及ぶという説もあります。ちなみに、猫についてはPGが健康被害を及ぼすことが証明されており、猫の前では使用しないことが定説です。
吸い過ぎに注意しながら使用する分には、電子タバコの使用についてそれほどナーバスにならなくても良いでしょう。とはいえ、健康被害を及ぼす可能性を完全に否定できないため、周囲への配慮を忘れず、節度を持って利用する必要はあります。

3-2.海外での人気の現状

ニコチン入りリキッドは欧米やアジア各国など多くの国において、ノンニコチンリキッドと同様に受け入れられており、人気の高い商品です。海外の電子タバコオンラインショップや日本の海外製品を取り扱うショップを見れば、非常に多くの種類のニコチン入りリキッドが販売されています。また、日本のリキッドメーカーの中には「BI-SO」のように海外市場向けにニコチン入りリキッドを製造しているところもあるのです。

3-3.禁煙・減煙との関係

電子タバコに禁煙を補助する効果が認められるという声明がイギリスやアメリカの一部の機関から発表されています。それに対し、日本においては電子タバコを禁煙補助剤に使用することにまだ消極的です。とはいえ、電子タバコに関する記事を掲載している国内サイトの多数では、以下のような点が支持されているともいえます。
まず、紙巻きタバコを吸う人がタバコの一部を電子タバコに置き換えることによって、ある程度の減煙が期待できるという点です。ニコチン中毒者がニコチンをまったく含まない通常のリキッドだけで禁煙や減煙を続けることは困難とされています。しかし、電子タバコでニコチン入りリキッドからニコチンを摂取することによって紙巻きタバコを吸う本数を減らしていく方法なら、比較的、ハードルが低くなるでしょう。ニコチンパッチやニコチンガムと同様の禁煙効果を期待できます。
さらに、リキッドにはタールがまったく含まれていないため、健康への悪影響は紙巻きタバコより少ない点も重要です。タールはタバコ由来の有害物質の最たるものとされており、発がん性やタバコ特有の悪臭、ヤニなどの汚れの原因となります。加えて、販売サイトへの口コミや個人ブログの記事などを見ても、喫煙者のニコチン入りリキッドに対する満足度はノンニコチンリキッドよりも高い傾向です。

4.日本で電子タバコのニコチン入りリキッドを入手する方法

ニコチン入りリキッドを直接販売や譲渡することは禁止されているものの、日本国内でもニコチン入りリキッドを手に入れる方法はあります。すなわち、個人輸入や海外の電子タバコ専門メーカーの日本公式サイトを利用するという方法です。ここでは、日本在住者がニコチン入りリキッドを購入する方法について、くわしく説明します。

4-1.個人輸入をする

個人輸入には大きく分けて3通りの方法があります。まず、自らが直接、海外に渡航してニコチン入りリキッドを購入し、税関検査を受けて日本に持ち込む方法です。次に、海外のネットショップから個人として輸入するという方法もあります。3番目の方法は個人輸入代行サイトを利用するというものです。
ここで気を付けるべきことは、ネットショップ上での個人輸入や輸入代行は取引上のトラブルが発生した場合などでも自己責任となってしまう点です。そのため、信頼できるサイトを慎重に選ばなければなりません。それから、英語など外国語表記のサイトの場合でも内容をしっかりと理解してから購入することも重要です。

4-2.海外の専門店やメーカーの日本の公式サイトを利用する

海外の電子タバコメーカーやネットショップの中には、日本人ユーザー向けに公式ショップやサイトを設けているところもあります。その場合、取り扱いのある商品の数が海外サイトよりも少ないというデメリットもあるかもしれません。しかし、余計な手数料を取られることもなく、何よりも信頼性が高いため、安心して購入できることが大きなメリットです。
たとえば、イギリスにおける電子タバコの老舗メーカーであるLIBERTY FLIGHTSも日本公式サイトを運営しています。そこではハイクオリティーのニコチン入りリキッドを安全に購入することが可能です。さらに、サイトの表記はすべて日本語で価格も日本円表示なので分かりやすく、簡単に購入できます。

5.電子タバコでニコチン入りリキッドを選ぶ際のポイント

ニコチン入りリキッドを選ぶときはリキッドの成分やニコチン含有量、フレーバーなどが基準となります。どのようなリキッドを選ぶ場合でも気を付けるべき点は以下の3点です。まず、リキッドそのもの安全性については自分自身でしっかりと確認しなければなりません。次に、海外のネットショップなどから個人輸入をするときは、そのショップの信頼性に加えて、価格や発送方法などが適切かどうかもチェックする必要があります。とはいえ、それを個人で行うのはなかなか難しいかもしれません。
そこで、3番目のポイントとして、「LIBERTY FLIGHTS」のように、海外の電子タバコメーカーのショップで日本に販売代理店を持つところを選ぶことが挙げられます。そういったネットショップを利用すればニコチン入りリキッドをトラブルなく容易に購入できるのです。

5-1.リキッドの成分表示

リキッドそのものの安全性を確認する方法として、まず、成分が明記されているかどうかをチェックしましょう。それから、VG:PGの比率やどんな香料が使用されているか、ベース以外に安全性に問題がある成分が使用されていないかをチェックします。中には日本で使用が認可されていない香料が使用されている場合もあるのです。日本で使用できるかどうかわからない成分が配合されているリキッドや、そもそも成分表記がないリキッドの購入はリスクが高いといえます。

5-2.ニコチンの含有量

リキッドにおけるニコチン含有量の選び方は紙巻きタバコのそれとは異なるため、次に説明する内容をよく理解して選ぶと良いでしょう。両者はニコチンの吸収率がかなり異なるのです。燃焼による煙を吸ってニコチンを吸収する場合と比較すると、電子タバコで水蒸気からニコチンを吸収できる割合は低くなります。そのため、リキッドのニコチン濃度は量だけをみると紙巻きタバコの含有量よりもかなり多くなっているのです。そのため、ほとんどの電子タバコ個人輸入代行業者のサイトではニコチン濃度換算表が掲載されています。ニコチン入りリキッドを選ぶときは必ずそれを確認しましょう。
ただし、リキッドにおけるニコチン濃度の適量には大きな個人差が存在するため、ニコチン濃度換算表を過信するのも良くありません。喫煙経験がある人でも、いきなり濃度の高いリキッドを使用すると急性ニコチン中毒になる危険性もあります。ですから、ニコチン濃度換算表はあくまで参考にとどめ、強いニコチン濃度を求める人も最初は低い濃度のものから試すようにしましょう。それで物足りなさを感じたり、ニコチンを摂取した満足度が低く一日中吸ってしまったりといった場合に、ニコチン濃度を1段階ずつ上げていくのが適切です。

5-3.ニコチンに合うフレーバー

ニコチン入りリキッドを選ぶときも、ノンニコチンリキッドと同様に自分の好みに合わせて選べば良いでしょう。初めて購入するときに迷う場合は、タバコ味やメンソール味にすれば比較的、抵抗を感じずに電子タバコを始められる人が多いといわれています。 また、フレーバー以外にも爆煙を楽しめるタイプのリキッドもあり、吸引したときの満足度が高く、ニコチンとの相性も良いです。

6.電子タバコで人気のニコチン入りリキッド

日本の個人輸入代行サイトなどでも多くのニコチン入りリキッドを購入できます。その中でもハイクオリティーで安全性の高いニコチン入りリキッドの人気商品を、先ほど挙げた「LIBERTY FLIGHTS」から10点、紹介します。 「LIBERTY FLIGHTS」のリキッドはイギリスの自社工場にて医薬品グレードの品質管理・環境管理のもとで安全性の高い成分を使用して製造されている商品です。そのため、高品質で信頼性が高いといえるでしょう。 以下に紹介するリキッドはいずれも10ml入りで、1本で紙巻きタバコに換算して約7箱分(140本)に相当します。

6-1.LIBERTY FLIGHTS メンソール

電子タバコの初心者から長く愛用しているヘビーユーザーまで、あらゆるVAPE愛好者に評判の良いメンソール系ニコチン入りリキッドです。ニコチン含有量は3段階あり、0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)からお好みの濃度を選ぶことができます。

6-2.LIBERTY FLIGHTS タバコ(バージニアリキッド)

「LIBERTY FLIGHTS」が提供するリキッドの中でも常にランキング上位を占めるニコチン入りリキッドです。定番であるタバコフレーバーで、リキッド付きスターターキットにも使用されています。電子タバコ初心者から本当のタバコ愛好者までが好んで吸っている銘柄です。ニコチン含有量は3段階で0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)から自分に合った濃度のリキッドを利用できます。

6-3.LIBERTY FLIGHTS メンソールアイス

メンソール系リキッドの中でも強い清涼感があるクールなフレーバーです。上品でありながらもガツンと強烈な刺激を感じることができるメンソールなので、ハードなメンソールが好きな人に好まれています。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3段階から選ぶことが可能です。

6-4.LIBERTY FLIGHTS チェリーメンソール

甘い味のリキッドが好きな人に高く評価されている銘柄で、メンソールの爽快感とダークチェリーの甘さが最高のハーモニーを奏でます。ニコチン含有量は3段階あり0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)から選択できます。

6-5.LIBERTY FLIGHTS リーフ(LEAF) 50-50

2019年5月現在、「LIBERTY FLIGHTS」から出ているタバコ系フレーバーリキッドの最新作です。紙巻きタバコのスモーキーな香りと味をみごとに再現しており、過去に出たタバコ系リキッドの中でも最高にタバコに近い味わいを実現していると高く評価されています。メンソール系や甘いフレーバーが苦手な人に向いているでしょう。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類から選べます。

6-6.LIBERTY FLIGHTS フレンチバニラ

こちらはスイーツ系フレーバーの人気リキッドです。濃厚でクリーミーな香りとバニラの甘い風味が高く評価されています。ニコチン含有量は3種類あり、0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)から選択可能です。

6-7.LIBERTY FLIGHTS ゴールデンアップル

ゴールデンアップルとは北欧神話において神の食べ物・不死の源として登場するアイコン。そのミステリアスな甘さを表現したフレーバーリキッドです。シンプルなリンゴの味でジューシーさに人気があります。ニコチン含有量は3段階で、0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)からお好みの濃度を利用可能です。

6-8.LIBERTY FLIGHTS ウィンターニップ

冬をイメージして作られたハードなメンソールで、種類豊富にあるメンソール系フレーバーの中でも人気が高い商品の1つです。清涼感の奥にかすかな甘みを感じられるところが特徴となっています。ニコチン含有量は3段階あり、0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)から選択可能です。

6-9.LIBERTY FLIGHTS 新ベリーナイス 50-50

人気商品「ベリーナイス」フレーバーの風味に改良を加えて新登場したフルーツ系ニコチン入りリキッドです。ベリーやブルーベリー、ラズベリーやカシスをバランスよくブレンドし、それぞれの風味を感じられるフルーティーな味わいが魅力といえます。ニコチン含有量は0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)の3種類が用意されており、お好みの濃度をチョイスすることが可能です。

6-10.LIBERTY FLIGHTS 新ブルーベリー 50-50

人気の「ブルーベリー」フレーバーがリニューアルして登場しました。あっさりとしたかすかな甘みのブルーベリー風味なので飽きることなく、毎日のリフレッシュタイムに楽しめます。ニコチン含有量は3種類あるので、0.6%(6mg)、1.2%(12mg)、1.8%(18mg)から自分に合った濃度のものを選びましょう。

ニコチン入りリキッドで電子タバコを満喫しよう

ニコチン入りリキッドは、安全性を確認するなどの注意点をしっかりと理解し信頼できるショップで購入すれば安心して利用できます。ここで紹介した情報を参考にニコチン入りリキッドを上手に入手し、電子タバコを満喫してみましょう。また、ニコチン入りリキッドを購入するなら、高品質のリキッドを幅広く取り扱う電子タバコ専門ショップ「LIBERTY FLIGHTS」がおすすめです。日本人ユーザー向けの専用サイトがあるため、簡単に利用できます。

初心者にもオススメ!最先端のソルトニコチン入りPOD型(ポッド型)ベイプが登場!

使い方がわかりづらいなどやはり知らない方にとってはまだまだハードルの高いVAPE。
カンタンな使い方で1回のリキッド交換で約3箱分吸える新商品ドットスターターキットが発売されました!

Joyetech eGo ONE TFTA Kit

初心者向けのスターターセットはこちら

SHARE ON
x new commer