イギリスで注目を集める電子タバコ「IQOS MESH」開封レポート

IQOS MESH

昨日11月15日、日本各地のIQOSストアでIQOS 3が発売され、増々盛り上がりをみせるタバコ業界。そんな中イギリスでは「IQOS MESH」が注目を集めています。(こちらの記事をご参照ください)そして遂にリバティフライツ(イギリス)ではIQOS MESHを入手。商品本体と、POD部分の「VEEV」について写真多めにご紹介していきます。

存在感のあるIQOS MESH本体

IQOS MESH本体

まずはIQOS MESH本体を開封していきます。パッケージ自体はずっしり重たく耐久性のある素材 です。マットな質感で高級感がありますね。パッケージ写真の本体電源部分は少しぼこっとしてお り、遊び心も満載です。では早速中身を見ていきます。

重ための箱をスッと空けると中はこのような感じ。

IQOS MESH本体

本体がプラスティックによってしっかりと収まっています。その本体を取り出すと、充電器コード、充電アダプタが以下のように収まっています。

IQOS MESH本体

同梱物は充電器コード、充電アダプタ、本体、取り扱い説明書というような具合。

IQOS MESH本体

IQOS MESHのPOD部分「VEEV」

   

IQOS MESHはいわゆるPOD型となりますのでPODが必要になります。そのPODが本体とは別売りで販売している「VEEV」と呼ばれるものになります。このVEEVを取り替えることで違う味を楽しむことが可能になります。また、中身が無くなればVEEVを取り替えるだけなので、リキット補充などの手間はありません。

入手した種類は今回は5種類。本来は7種類と豊富な味となっています。
・MELLOW TOBACCO
・TABACCO HARMONY
・COOL PEPPERMINT
・CHAI ZING
・PASSION FRUIT ZEST
・PITANGA FRUIT TWIST
・RED BERRY FUSION

VEEV

それではVEEVを開封していきます。開封するのはPITANGA FRUIT TWIST味。パッケージの質感は本体パッケージと同じく、マットで高級感のあるものになっています。

VEEV

空け口が非常にわかりにくく、どう空けて良いのかわかりませんでしたが、よく見ると底面に「LIFT HERE TO OPEN」の文字が。ここから上に引き上げ、切れ目の通り空けていくと無事開封。

VEEV

パリパリっと癖になる開封を終え、中身がこちら。

VEEV VEEV

同梱物はVEEV2個、取り扱い説明書です。空けた後もなんとなくお菓子感。よく見ると書いてあるOPEN HEREから空けないと空きません。

VEEV

開封すると中からVEEVの登場です。

VEEV

開封後一番気になったのが液漏れ。写真を見て頂いてもはっきり水滴が付いているのがわかると思います。これは結構バッドポイント。POD型VAPEの中でも稀に見る液漏れ感。。

VEEV

本体にVEEVを差し込みIQOS MESHの完成

IQOS MESH

カチっとはまるまでVEEVをはめ込み、中央のポタンを押せば喫煙が可能になります。中央のボタンが光っていると電源ONのサインになります。

IQOS MESH

充電は専用のアダプタを下部の差し込み口に挿すだけで完了。

IQOS MESH

ボタンの裏側は平らな部分があり、どこまでも転がっていくことが無い仕様となっています。これもフィリップモリスの細部のこだわりが光っています。

IQOS MESH

エレガントな色味で男性女性関係なく使用いただけそうです。

IQOS MESH

リバティフライツ「DOT」とIQOS MESHを比べてみた。

IQOS MESH比較

当サイトのPOD型VAPE「DOT」(右)とIQOS MESH(左)を比べてみました。まずはサイズ感。一目で見てわかるとは思いますがIQOS MESHは非常に大きいです。横幅感もこのような感じ。

IQOS MESH比較

IQOS MESHが縦 約16cm、横幅 約1.8cm×1.8cm。DOTが縦 約11cm、横幅 約2cm×1.2cm。同じ電子タバコとは思えないサイズ感。IQOS MESHは電子タバコ史上最も大きいのではないでしょうか。ポケットにIQOS MESHを入れると収まるかどうかぎりぎりです。とにかく大きい。

口の形状はこんな感じ。やはり、この角度から見ても2倍くらい大きいサイズとわかりますね。

IQOS MESH比較

IQOS MESHはフィリップモリスが発売しているということで注目度は高いですが、その反面、電子タバコの常識からは的外れな商品ともいえそうです。そうなると今後イギリスでの売筋電子タバコがIQOSに変わるのはまだまだ先のようですね。

イギリスで不動のトップブランド「リバティフライツ」

VAPE DOT

イギリスでは18店舗も構え圧倒的トップブランドの「リバティフライツ」。そんなリバティフライツがお勧めする商品が先ほどもご紹介した「DOT」。本体価格は3,700円とリーズナブル。吸い口を交換するだけで喫煙ができるので面倒な操作を覚える必要はありません。デザインはとてもシンプルで、光沢感が人気の1つです。ソルトニコチンを配合しているので吸った時のガツンとしたニコチン感が大きく、1回のリキッド交換で紙巻きタバコ約3箱分※吸えますので経済的にも優しいです。
※タバコ本数換算は個人差があります。
ソルトニコチンを知る
POD型(ポッド型)を知る

電子タバコというと従来であれば、使い方がわかりづらいなどハードルが高いものでした。しかしPOD型の電子タバコが誕生してから爆発的売上げを誇っています。カンタンで手軽に喫煙ができる「DOT (ドット)」にますます注目が集まっています。

現在紙巻きたばこをご使用の方は、是非この機会に電子タバコに完全以降してみてはいかがでしょうか。

VAPE DOT

電子タバコは安全なのか

最近、電子タバコについては、様々なニュースが取り上げられていますが実際のところどれほど人体に影響があるのか気になり方が多いと思います。電子タバコを少しでも理解し、より豊かなタバコライフを送りましょう。

・ニコチン入りリキッドを販売してはいけない?

もし国内企業が販売したり、譲渡したりしてしまったら、逮捕されてしまいます。日本企業がニコチンを販売することは、医薬品としての認可が必要です。ですが、ニコチン入りリキッドを個人輸入で購入するのは何の問題はありませんので、ご安心してご購入ください。

・成分は?害はあるの?

成分はVGとPGと香料とニコチンです。成分は、医療品グレードや、食品グレードで作られ、厳しい検査をしているため、ご安心してご購入ください。一部、害が出えたとの報道が出たりしますが、粗悪な中国製リキッドや粗悪なスターターキットを使用した場合の例です。当社の製品であれば、そのようなことはありませんのご安心ください。

    電子タバコについてもっと知る >